トップページ > 公募ではない賞一覧 > 婦人公論文芸賞

婦人公論文芸賞

婦人公論文芸賞の情報(受賞作・受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。購入する書籍の選択等にご利用ください。
作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

Wikipediaによる概要

婦人公論文芸賞(ふじんこうろんぶんげいしょう)は、女性をテーマとした小説やエッセイなどの文芸作品に贈られた、中央公論新社が創設した文学賞。前身は女流文学賞。前年7月から当年6月までの作品に対して、10月に年1回の発表であった。受賞は選考委員の合議によって決定され、受賞者には正賞として記念品、副賞として100万円が授与された。
2006年から同賞を発展させる形で、中央公論文芸賞に継承された。

第5回2005年

受賞

第4回2004年

受賞

第3回2003年

受賞

第2回2002年

受賞

第1回2001年

婦人公論文芸賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

婦人公論文芸賞関連つぶやき

yurubngkbot中央公論文芸賞中央公論新社が創業120周年を記念して2006年に創設した文学賞である。第一線で活躍する中堅以上の作家のエンターテインメント作品を対象としている。受賞作の選評は『婦人公論』10月22日発行号に掲載される。2006年(H18)~現在
SFutonoナイス 【できればムカつかずに生きたい (新潮文庫)/田口 ランディ】【01年婦人公論文芸賞】初読みの作家さん。うまく生きれない、自分って何?、しっくりこないなど思春期に体験し、考えたことは思春… → https://t.co/OD3zVL5FzP #bookmeter
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)