トップページ > 作家名一覧 > たから始まる作家名一覧 > 田口ランディ

田口ランディ

田口ランディさんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

田口 ランディ(たぐち ランディ、1959年10月3日 - )は、日本の女性小説家、エッセイスト。本名、けい子。
東京都に生まれ、広告代理店、編集プロダクションでのOL生活を経てフリーライターに。1996年、エッセイ『忘れないよ!ヴェトナム』を発表、その後インターネット上でメールマガジンを発行する。2000年6月に長編小説『コンセント』を上梓して小説家としてデビューした。
『コンセント』で2000年下半期直木賞候補、『モザイク』で2001年上半期直木賞候補、2004年『富士山』で直木賞候補。性的オカルトを特徴とする。
複数の著作に盗作が発覚し、『アンテナ』『モザイク』は絶版。その後、該当部分を修正した文庫改訂版が出された。
2001年には『できればムカつかずに生きたい』で第1回婦人公論文芸賞を受賞。
主な作品に、『コンセント』『アンテナ』『モザイク』の3部作のほか(コンセント・アンテナは劇場映画化された)、エッセイ『根をもつこと、翼をもつこと』など。

受賞歴

田口ランディ関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

田口ランディ関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

010103ma_bot夕闇に、巨大なコカ・コーラの電飾が点った。 yes,coke! 炭酸の泡が溢れて私の頭上に光の雨となって落ちてくる。電光を吸収した霧雨で、渋谷は点描画みたいに霞んで見えた。モザイク/田口ランディ
o9d300a2f3za何かで埋めている。 いつも埋めている。 誰かといっしょにいれない時、 自分と向きあわないために、 心を埋めている。 by もう消費すら快楽じゃない、田口ランディ #名言
aumkanbu_bot林泰男。ホーリーネームはヴァジラチッタ・イシディンナ。現在の姓は小池。2008年2月に死刑が確定。田口ランディのファンだったということから文通や面会を続けていた。現在、死刑囚交流誌ユニテに 「ボケボケ便り」という名の連載を行っている。https://t.co/kucz83hVDf
mayonebot晴れた日は、永遠が見える。 -田口ランディ『君へ。』
m5OBeXv7s5rhzOkフロイドの精神分析学入門では、性愛が起点として精神分析され、また自我を発見した功労者ですが、フロイドのことは田口ランディの小説によく書いてあります。アンテナ、コンセント、モザイクの三部作は傑作。インターネットの女王とまで呼ばれたけど、最近何しているのかな。講演会行きました。
iz6zp58155j8hu今日一日、生きた。 そのことを褒めてくれる人がいない。 それは悲しいことだ。 この国で生きることのしんどさでもある。 … よくがんばったね。 そう友達みんなに言いたい。 今日も一日、よくがんばって生きたよね。 by 田口ランディ #名言
32666n3qmlker2x何かで埋めている。 いつも埋めている。 誰かといっしょにいれない時、 自分と向きあわないために、 心を埋めている。 by もう消費すら快楽じゃない、田口ランディ
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
田口ランディさんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)