トップページ > 作家名一覧 > いから始まる作家名一覧 > 岩井志麻子

岩井志麻子

岩井志麻子さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

岩井 志麻子(いわい しまこ、1964年12月5日 - )は、日本の作家、タレント、AV監督。身長160cm。血液型はA型。2009年6月よりホリプロ所属。『5時に夢中!』(東京MXテレビ)の木曜レギュラーコメンテーターを務める。
岡山県和気郡和気町生まれ。2歳下に誕生日が1日違いの妹がいる。岡山県立和気閑谷高等学校商業科卒業。
1982年、高校在学中に第3回小説ジュニア短編小説新人賞に佳作入選。1986年、少女小説『夢みるうさぎとポリスボーイ』で作家デビュー(この時は本名の竹内志麻子名義)。
1988年、岡山県にて最初の結婚。相手は熱心なファンだった地元企業の二代目社長。のちに娘と息子を出産。
1999年、岡山桃子名義で投稿した『ぼっけえ、きょうてえ』で第6回日本ホラー小説大賞を受賞。これを機に離婚し、単身上京する。離婚届提出時に「名義の書換が面倒くさい」という理由で、旧姓に戻さず、岩井志麻子のままとなる。
2000年、『ぼっけえ、きょうてえ』で第13回山本周五郎賞を受賞。2002年、『岡山女』で第124回直木賞候補となる。同年には、『trái cây〔チャイ・コイ〕』で第2回婦人公論文芸賞、『自由戀愛』で第9回島清恋愛文学賞を受賞した。
2000年4月から「KSBスーパーJチャンネル」(瀬戸内海放送)の金曜コメンテーター(番組紹介ではレギュラーゲスト)を務めている。2005年秋季まで、『2時ワクッ!』(関西テレビ)に木曜レギュラーとして出演。
2005年4月から『5時に夢中』(東京MX)の木曜コメンテーターを中瀬ゆかりと務める。出演は2016年現在も続いており、レギュラー出演者中最長。
2007年春から、テレビ朝日系クイズバラエティ『すくいず!』「世界ビックリ映像クイズ」(土田晃之MC担当回)の解答者。同年11月に行われた早稲田祭の人物研究会の企画であった下ネタしばりの講演会に講師として出演した。
2008年3月27日の『5時に夢中!』放送中に、ソウルのカラオケボックスでボーイをしていた18歳年下の韓国人と再婚したことを発表した。結婚しようと思った理由を「家族が欲しかったから」と目に涙を浮かべながら明かしていた。同年3月に日本で、4月に韓国で婚姻届を提出。2010年12月にタイ・バンコクで挙式した。

岩井志麻子新刊

  • 発売日
    2017年7月6日
  • 書名
    噓と人形
  • 発売日
    2017年6月17日
  • 書名
    現代百物語 不実 (角川ホラー文庫)

受賞歴

岩井志麻子関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

岩井志麻子関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

kz_goshowソウルツアーの最後は執念のアポ。すげえ綺麗な岩井志麻子とデートである。実は不倫アポだったことが発覚したが、ホテル直前グダで時間を取られゲームオーバー。でも大丈夫。昨日出会ったばかりの赤の他人と時間を共有してくれたこと、それだけで感… https://t.co/YOmGEQk2aR
takahumi1330私が永住すべきだわ。北海道・珍小島 - 岩井志麻子
aua00私が #有吉反省会 を見るのは、岩井志麻子先生を拝見する為です。もっと映して!
nyanmaro216中瀬ゆかり×岩井志麻子×西原理恵子で出て欲しい#ボクらの時代
novelist_debut●岩井志麻子 『夢みるうさぎとポリスボーイ』 (1986年)
karimono319岩井志麻子は死のイメージあるけどそんなに人死んでないなぁ #ジレンマ
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
岩井志麻子さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)