トップページ > 作家名一覧 > しから始まる作家名一覧 > 篠田節子

篠田節子

篠田節子さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

篠田 節子(しのだ せつこ、1955年10月23日 - )は、日本の小説家、ホラー作家、SF作家、推理作家。
東京都生まれ。八王子の典型的な商業地区で育つ。小学生時代に冒険小説やSF、コナン・ドイルの『失われた世界』に夢中になり、中学生時代には、『コンチキ号漂流記』や『沈黙の世界』など自然科学系のノンフィクションを中心に、中尾明『黒の放射線』などに読み耽ったという。
東京都立富士森高等学校、東京学芸大学教育学部卒業後、八王子市役所に勤務する。市立図書館の立ち上げにも携わり、図書館には5年10か月勤務したが、キャリアアップや転職志向が強く、心ここにあらず状態で「困った職員だった」と本人はインタビューで振り返っている。
30歳の時、朝日カルチャーセンターの小説執筆講座に通い、直木賞作家多岐川恭の指導を受ける。多岐川の退職に伴い一時通うのをやめるが、32歳の時に再び講談社フェーマススクール・エンタテイメント小説教室に通い始め、山村正夫から小説の手ほどきを受ける。同じ講座の受講生に、鈴木輝一郎、宮部みゆきがいる。
1990年、35歳の時にパニックSFタッチの中篇ホラー小説「絹の変容」で小説すばる新人賞を獲得。受賞後、作家活動に専念するため退職する。その後、異形ホラー小説『アクアリウム』、伝奇サスペンス小説『聖域』、直木賞候補となった医学パニック小説『夏の災厄』、音楽ホラー小説『カノン』、近未来スラップスティック反ユートピア(ディストピア)小説『斎藤家の核弾頭』などを発表した。
デビューして4年ほど経った頃、日本推理作家協会などの集まりで知り合った文筆仲間と共同の仕事場を持ったことがある。
官僚制、民主主義、サラリーマン社会、管理社会、家父長制、宗教などさまざまな主題をとりあげており、広義のミステリ、ホラーといったジャンルに分類されるが、篠田自身にはジャンル意識があまりみられない点が特徴である。
編集者からエロティックな作品を、との求めに応じた短編小説(冒頭作)を連作としてふくらませた『女たちのジハード』では、男性優位社会の中で生き方を模索する若いキャリアウーマン群像を描き、女性のライフスタイルや結婚、妊娠、海外での就職などをコミカルに描写した。この作品で直木賞を受賞。瓢箪から駒が出たような成り行きに、本人は「意外かつ不本意だ」と困惑を披瀝したエピソードがある。
趣味はチェロの演奏。2004年2月に発売された歌手山下久美子のアルバム『壁のない世界』では山下久美子とのコラボレーションを試みた。音楽家を主人公とした作品もいくつかある。
日本SF作家クラブに所属している。

受賞歴

篠田節子関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

篠田節子関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

yasswee【あすへの話題】パソコン二台担いで 作家 篠田節子:日本経済新聞 https://t.co/C6ux35QuXD
kuri0810pee1632今週から“モーニングCROSS”を録画している。今日の山口真由さんの「中国西部のウイグル自治区」の話は凄くよかった。地上波では聞けない話。今読んでいる篠田節子さんの「転生」、これは中国とチベットの話で関連している。近い国で起きていることなのに、日本ではその実態が全く分からない。
nikkei_bunkaパソコン二台担いで 作家 篠田節子 https://t.co/gMnFbf7YQ1
90T71udjYliEzxi『斎藤家の核弾頭』篠田節子「国家主義カースト制」により超管理国家となった2075年の日本国・東京。住み慣れた家を政府の策略により追われた斎藤家の家長・総一郎は、政府の汚いやり方に怒り心頭。家族を守るため核弾頭を手に立ち上がる… https://t.co/XAFMiWJiuk
asagihara_s7/8 新保博久『シンポ教授の生活とミステリー』光文社文庫7/8 早坂吝『ドローン探偵と世界の終わりの館』文春文庫7/9 赤松利市『鯖』徳間文庫7/13 北村薫『詩歌の待ち伏せ』ちくま文庫7/15 篠田節子『竜と流木』講談… https://t.co/UkjRJkCgGn
Hikari_4869答えは『夏の災厄』でした。篠田節子さんのパニック小説です。ちなみに、『堕落論』は第2話、『シャーロック・ホームズの冒険』は第9話、『夜間飛行』は第14話でそれぞれ登場しています。 https://t.co/ve3SQoaERI
deai_c恋って未来を見てするものなの? by コンタクト・ゾーン、篠田節子
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
篠田節子さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)