トップページ > 作家名一覧 > しから始まる作家名一覧 > 篠田節子 > 夏の災厄

夏の災厄(篠田節子)

夏の災厄(著者:篠田節子)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:夏の災厄
  • 著者:篠田 節子
  • ページ数:381
  • 出版社:毎日新聞社
  • ISBN-10:4620105228
  • ISBN-13:9784620105222

夏の災厄関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2016.6.7 【今週はこれを読め! SF編】竜の神話と生物学のロジック、篠田節子のサイエンス・フィクション

    篠田節子はこれまでも、毒性を有する変異カイコが猛威をふるう『絹の変容』、新種日本脳炎を媒介する軟体動物が蔓延る『夏の災厄』と、描線がくっきりとしたパニックSFを送りだしてきた。『竜と流木』はそれらにつづく最新作である。人間に仇なす生物の量感でみれば、こんかいはほとんど怪獣小説といってよい。

  • 2006.3.16 著者インタビュー - 篠田節子さん『讃歌』

    --最近、多くの人々が気になっている、テレビのヤラセやメディアの力、芸術の本質などを問いかけるテーマで、ぐいぐい引き込まれて読んでしまいました。今回、音楽とテレビ業界をテーマに選ばれたきっかけを教えてください。

篠田節子のその他受賞歴(候補含む)

夏の災厄関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

Trignal1216@holy_yell0525 篠田節子さんの「夏の災厄」ちょっと古いですけど、オススメです!
ashibecchiこのタイミングで篠田節子さんの「夏の災厄」を読み返してる。とある郊外のニュータウンに発生する未知の伝染病の話なので、今の世の中を予兆するものを感じる。初めて読んだのも息子を妊娠してる夏で、妊婦のときにわざわざ恐怖心を煽るものを読んでしまったと思ってたけど今の方がよっぽど怖い。
maskword倉田悠子の「黒猫館」と篠田節子の「夏の災厄」を購入。夏の災厄は、久しぶりに氷菓を見返したら奉太郎が読んでいたので。ちょうどテーマもパンデミックだし。読書習慣がなかなか離れてしまったけど、読み出すと早いんだよな… https://t.co/G7V30LBL5m
beanbenn#名刺がわりの小説10選花神/司馬遼太郎峠/司馬遼太郎銀河英雄伝説/田中芳樹孤島パズル/有栖川有栖双頭の悪魔/有栖川有栖塗仏の宴/京極夏彦猿丸幻視行/井沢元彦夏の災厄/篠田節子宿敵/遠藤周作帝都物語/荒俣宏
kawaitomoko54外出自粛時に感染症を扱った何かを読んでみようと手にしたのが篠田節子の『夏の災厄』。直木賞を受賞した1997年からずっと注目してきたが、すべての作品を読んだわけではない。『夏の災厄』に続き、未読だった『沈黙の画布』、『銀婚式』、『肖… https://t.co/Mn15NdyyCA
hakoirimusuko「夏の災厄」篠田節子先生の作品で進行する病気で1番の怖さは病気を出した地域への差別があったけどこの小説まんまの事が公然と行われるんだな。
kame510【夏の災厄/篠田 節子】【図書館】 → https://t.co/1dcDdNNxvt #bookmeter
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)