トップページ > 作家名一覧 > しから始まる作家名一覧 > 篠田節子 > 絹の変容

絹の変容(篠田節子)

絹の変容(著者:篠田節子)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:絹の変容 (集英社文庫)
  • 著者:篠田 節子
  • ページ数:200
  • 出版社:集英社
  • ISBN-10:4087480631
  • ISBN-13:9784087480634

絹の変容関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

篠田節子のその他受賞歴(候補含む)

絹の変容関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

kanashiikara篠田節子の絹の変容という本を読んだ。バイオテクノロジーで改良された蚕が研究所を抜け出し人を襲いまくる話。さくっと短く読みやすい。B級感がある。 https://t.co/YziqpCkwG2
pupandkit1122篠田節子さん「絹の変容」それはそれは、恐ろしいお話でした。ぞっとするその生体だけでなく企業の生み出した毒の隠蔽がいとも容易くできてしまうところとか、目に見えないところで広がる汚染とか、特定の人々にしか毒にならないところとか
revengeofztこれもあった。篠田節子「絹の変容」。品種改良された肉食の蚕はもちろん人の業も負けず劣らず恐ろしい。パニックと人間ドラマが絶妙に絡み合った作風はどこかファーストゴジラを思わせる。 https://t.co/nzxDT68zBH
TSMoon56篠田節子氏の「竜と流木」「夏の災厄」「絹の変容」という作品が気になっている
onyn_onyn太宰治人間失格篠田節子夏の災厄絹の変容#Peing #質問箱 https://t.co/NQRXecoZoS
mei_moa_04@greentea_0o0_ 「企業なんて、そんな甘いものじゃないの」(篠田節子 絹の変容)
sakishima_diary日本版のウイルス系?SFといえばわたしは篠田節子さんの『夏の災厄』と『絹の変容』かなあ。篠田氏自身が市役所で働いてたからか、行政側も一生懸命なんだけどモタモタしちゃうようなもどかしさがやりきれなぬてめっちゃリアルでこわい。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)