トップページ > 作家名一覧 > しから始まる作家名一覧 > 篠田節子 > 絹の変容

絹の変容(篠田節子)

絹の変容(著者:篠田節子)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:絹の変容 (集英社文庫)
  • 著者:篠田 節子
  • ページ数:196
  • 出版社:集英社
  • ISBN-10:4087480631
  • ISBN-13:9784087480634

篠田節子新刊

  • 発売日
    2018年8月21日
  • 書名
    短編伝説 別れる理由 (集英社文庫 特 4-27)
  • 発売日
    2018年7月26日
  • 書名
    鏡の背面
  • 発売日
    2018年5月24日
  • 書名
    皆川博子の辺境薔薇館: Fragments of Hiroko Minagawa
  • イラストレーター
    林由紀子

絹の変容関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

篠田節子のその他受賞歴(候補含む)

絹の変容関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

ADumpty【絹の変容 (集英社文庫)/篠田 節子】を読んだ本に追加 → https://t.co/CB5QMNwqjf #bookmeter
reddataboy2篠田節子コジュケイ好きすぎ。「絹の変容」なんとなく話の展開とか論点とかが夏の災厄そっくり。だいぶ短くてこっちの方が読みやすかったけど笑個人的にはこの物語のヒロインがすき。ドライで他人になぞ興味無さそうだけど、感情をあらわにし… https://t.co/hE4evwA2nW
fukkan_kishu75蚕の品種改良というと、どうしても篠田節子の「絹の変容」を思い出す…RT
cahier_mシルクは「絹の変容」という篠田節子さんの小説を読んでから、こう、畏れながらも手にする感じになった…でもそこがまたいいのよ。生き物の作り出すものなんだなあ…と実感する。
ktorachief絹の変容/篠田節子 読了。養蚕の町八王子を舞台にした改造蚕のバイオハザード話。スケール小さいと批判されてるけど、このくらいのスケール感の方がリアリティあって良いと思う。蚕の齢調整のため時系列のテンポ良すぎて戸惑うが、短い話に色々詰め込んで楽しく読めた。
revengeofzt篠田節子「絹の変容」。虹色の絹を生成する蚕が品種改良されるが、実はその絹は激しいアレルギーを引き起こすもので、蚕自体の食性も肉食となっていた。そんな危険な虫が研究所から逃げ出して…。群れなす蚕のグロテスクさは鶏舎を襲う描写で頂点に。ふつうパニックものというと
kamei_maru篠田節子「絹の変容」を読んだあとしばらくは絹製品が怖かったな
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)