トップページ > 公募新人賞一覧 > 小説すばる新人賞

小説すばる新人賞

小説すばる新人賞の情報(応募要項・歴代受賞作・歴代受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。投稿の傾向分析、購入する書籍の選択等にご利用ください。
作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。ジャンルは参考程度でお考えください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

Wikipediaによる概要

小説すばる新人賞(しょうせつすばるしんじんしょう)は、集英社が発行する小説誌『小説すばる』の公募新人文学賞である。年1回発表されている。受賞者には正賞として賞牌、副賞として200万円が授与される(第19回までは100万円)。小説すばる新人賞、柴田錬三郎賞、すばる文学賞、開高健ノンフィクション賞の4賞を、集英社出版四賞という。2016年時点で、同賞の最年少受賞記録は、16歳で受賞した青羽悠(第29回)。

第25回2012年(応募総数:1423)

受賞

受賞

第24回2011年(応募総数:1341)

第23回2010年(応募総数:1334)

受賞

第22回2009年(応募総数:1266)

第21回2008年(応募総数:1255)

受賞

受賞

第20回2007年(応募総数:1216)

第19回2006年(応募総数:968)

受賞

以前のデータ(全データ一括表示

小説すばる新人賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

小説すばる新人賞関連つぶやき

_mushino_iki___今年の小学館の新人賞の漫画とすばるの新人賞の小説、何応募するか迷うな
thukino_yoru小説が書き終わりました。タイトルは『僕の瞳に映る空は、今でもまだ青い』です。約14800文字でした。小説すばる新人賞に、出してみようかな…:( ;´꒳`;): https://t.co/1VbXB4f1tk
KinoUmeda【大阪が舞台の小説を集めましたフェア】本日紹介するのはこちら!増島拓哉さんの「闇夜の底で踊れ」です!第31回小説すばる新人賞を受賞したこちらの作品!大阪生まれの著者が生み出す大阪ノワールをぜひ!y https://t.co/K1TcCKr5aT
murakmiRUHISA何年か前に、初めて書いた長めの小説をすばる新人賞に送った。原稿用紙換算で271枚だった。結果は二次通過で三次で落ちた。なんだ、簡単に獲れそうだな。そう思ったのは最初の一回だけ。それからは文學界に絞って送り続けたが、以降は箸にも棒にもだった。
AotoOomori新年あけましておめでとうございます。今年から本格的に小説家デビューを目指して再始動。今は今年の「すばる新人賞」への応募を目標に進めてます。webへの投稿は4月以降に再考します。web投稿している作品もイイと思うものだけ勝手にオススメします。SFや史実はちょっと苦手です。
shosetsusubaru【小説すばる1月号 インタビュー】#小説すばる新人賞 の歴代受賞者のみなさんにお話を伺うインタビュー企画「#こうして私は作家になった」がスタート! デビューの頃の思い出や、創作の秘訣、新人賞を目指す方へのアドバイスなど、貴重なお話… https://t.co/3iNRauWv9I
同一ジャンルの賞
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)