トップページ > 作家名一覧 > むから始まる作家名一覧 > 村山由佳

村山由佳

村山由佳さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

村山 由佳(むらやま ゆか、1964年(昭和39年)7月10日 - )は、日本の作家。恋愛小説を得意とする。
東京都出身。立教女学院小・中・高を経て、立教大学文学部日本文学科卒業。不動産会社勤務、塾講師などを経験したあと、作家デビュー。『星々の舟』は第129回(2003年上半期)直木賞を受賞した。長らく千葉県鴨川市に住んでいたが、2007年(平成19年)に、離婚して東京に移住したのち、2009年(平成21年)に再婚した(2014年に離婚)。同じころ、体に3か所に刺青を入れた。2010年(平成22年)に軽井沢へ移った。
『天使の卵-エンジェルス・エッグ』、『おいしいコーヒーのいれ方』はNHK-FM、青春アドベンチャー枠でラジオドラマ化された。また、1999年に『きみのためにできること Peace of mind』が『きみのためにできること』のタイトルで日活で、2006年に『天使の卵-エンジェルス・エッグ』が『天使の卵』のタイトルで松竹で映画化された。
母親が認知症になり村山の小説が読めなくなったことをきっかけに、 2011年に母との長年の葛藤を描いた自伝的小説『放蕩記』を刊行した。

村山由佳新刊

  • 発売日
    2018年11月30日
  • 書名
    はつ恋
  • 発売日
    2018年10月27日
  • 書名
    ワンダフル・ワールド
  • 発売日
    2018年10月26日
  • 書名
    猫がいなけりゃ息もできない (単行本)

受賞歴

村山由佳関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

村山由佳関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

sanjyotsukasa@tr2kim0n0 たろにぃさん、ありがとうございます
_sorack_どんな酒であれ、飲まなければ話せないことというのが男にはあるのだ。女という生きものを偉大に思うことはたびたびあるが、これもその一つだった。アルコール抜きでも心を打ち割って延々と話せるというのは、男にはまず持ち合わせのない才能だった。『地図のない旅』村山由佳
flower_skskbot「しない善より、する偽善」。それってある面、正しいよ、と。消せない告白 文庫版あとがきより/村山由佳
ridge_bot誰と分かち合うこともできない、消せない痛み。それさえも、確かに自分だけのものなら...愛してやろうじゃないか。(星々の舟 / 村山由佳)
hallo_botプラネタリウム&大型映像作品 原作/村山由佳「さいごの恐竜ティラン I’ll stay with you」  https://t.co/PvlAI411UM ぜひ、全国のプラネタリュウムで!https://t.co/IdYpMsBMHU
wa_waa_waaa村山由佳天使の卵 おいしいコーヒーのいれ方 きみのためにできること 星々の舟 https://t.co/KYSK7jaBf0
MeigenWAN<誰のお陰で食えると思ってるんだ>そんな貧しい問いをくり返し、女房子どもの答えをいちいち確かめなければ立っていられないほど、あの頃の父は拠り所を失っていたのかもしれない、と今では思う。(村山由佳『星々の舟』)
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
村山由佳さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)