トップページ > 作家名一覧 > むから始まる作家名一覧 > 村山由佳

村山由佳

村山由佳さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

村山 由佳(むらやま ゆか、1964年(昭和39年)7月10日 - )は、日本の作家。恋愛小説を得意とする。
東京都出身。立教女学院小・中・高を経て、立教大学文学部日本文学科卒業。不動産会社勤務、塾講師などを経験したあと、作家デビュー。長らく千葉県鴨川市に住んでいたが、2007年(平成19年)に、離婚して東京に移住したのち、2009年(平成21年)に再婚した(2014年に離婚)。同じころ、体に3か所に刺青を入れた。2010年(平成22年)に軽井沢へ移った。
『天使の卵-エンジェルス・エッグ』、『おいしいコーヒーのいれ方』はNHK-FM、青春アドベンチャー枠でラジオドラマ化された。『星々の舟』は第129回(2003年上半期)直木賞を受賞した。また、『天使の卵』は松竹により2006年(平成18年)10月21日に映画が公開された。また、以前『きみのためにできること』も日活にて映画化されている。
母親が認知症になり村山の小説が読めなくなったことをきっかけに、 2011年に母との長年の葛藤を描いた自伝的小説『放蕩記』を刊行した。

村山由佳新刊

  • 発売日
    2017年12月26日
  • 書名
    嘘 Love Lies

受賞歴

村山由佳関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

村山由佳関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

jati_anネコメンタリー「村山由佳ともみじ」すごくよかった。生きる事と死ぬ事は別々なものとおもえなくなっていくとか、みんないずれかの形で死んで行くとか、なんだかここ一年感じていたことが沢山。由佳さんがいっていたもみじを「船が岸から離れるみたいに送り出してやれるものかな」それ理想だな。
kj30Dうん、違う人だけど、村山由佳氏が刺青をしたこと自体は、当時自分は見ていやになったけど、村山由佳氏自身の自己表現だとおもえば、それはそれで尊重しなければな、って、今なら思うかも。
rairen_bot1:「おいしいコーヒーのいれ方」 2:「きみのためにできること」 3:「天使の卵」 4:「星々の舟」 A:村山由佳
en19do77@yukamurayama710 こんばんは。遠藤良二といいます。村山由佳先生に質問ですが小説は、パソコンのWordで書いてらっしゃるのですか?それとも、出版社専用ソフトがあるのですか?ちなみに、僕も素人ながら、出版社に投稿するためにWordで小説を書いております。
migite1924はてなブログに投稿しました #はてなブログ星々の舟 /村山由佳 - 本の情報ブログ 火の秋のモノガタリhttps://t.co/5n72rdX7qb
yuduki_cos1.「遥かなる水の音」村山由佳表紙買いしたやつ。めちゃ綺麗でしょ。中身もめちゃめちゃ綺麗だったよ。主人公というか彼が亡くなることによって彼の遺灰をサハラ砂漠に連れていく旅が始まるんだけどその過程でのそれぞれの愛の在り方の描写が好… https://t.co/pvB6zF5GPd
KUROsread『花酔い』村山由佳どう取り繕っても、どうしたって心とは別のところにある軀の相性、性癖。一度知ってしまった快楽と人として生きる上で忘れてはいけない倫理の狭間で、男と女はどうなってしまうのか。この先一生満たされることのない欲求と、… https://t.co/4oZq57AfxD
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
村山由佳さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)