トップページ > 作家名一覧 > むから始まる作家名一覧 > 村山由佳

村山由佳

村山由佳さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

村山 由佳(むらやま ゆか、1964年(昭和39年)7月10日 - )は、日本の作家。恋愛小説を得意とする。
東京都出身。立教女学院小・中・高を経て、立教大学文学部日本文学科卒業。不動産会社勤務、塾講師などを経験したあと、作家デビュー。長らく千葉県鴨川市に住んでいたが、2007年(平成19年)に、離婚して東京に移住したのち、2009年(平成21年)に再婚した(2014年に離婚)。同じころ、体に3か所に刺青を入れた。2010年(平成22年)に軽井沢へ移った。
『天使の卵-エンジェルス・エッグ』、『おいしいコーヒーのいれ方』はNHK-FM、青春アドベンチャー枠でラジオドラマ化された。『星々の舟』は第129回(2003年上半期)直木賞を受賞した。また、『天使の卵』は松竹により2006年(平成18年)10月21日に映画が公開された。また、以前『きみのためにできること』も日活にて映画化されている。
母親が認知症になり村山の小説が読めなくなったことをきっかけに、 2011年に母との長年の葛藤を描いた自伝的小説『放蕩記』を刊行した。

村山由佳新刊

  • 発売日
    2017年4月20日
  • 書名
    短編少女 (集英社文庫)

受賞歴

村山由佳関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

村山由佳関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

onakadiet_comどんな悲しみに出会ってもそれでも人生は生きるに値する by 村山由佳
QuietRiotx誰々くんのほうが好き、 なんて比べてるうちは、 それは恋じゃないよ by 村山由佳、キスまでの距離
joco_botレンさん「今のイッキ、やらしい事するぞ、って顔してる」音也くん「…うん」 村山由佳の某おねショタ小説ほぼまんまだけどあれだね、やっぱ音レンっておねショタホモなんだね
kamutywoqaji誰にでも優しい人は 誰にも優しくないのと同じ(村山由佳)
kotobacyo_bot自己嫌悪なんてものに陥る人は、みーんなナルシスト。こんな自分は自分じゃないって思いたいわけだもの、自意識過剰とすれすれってことよ(村山由佳/BAD KIDS)
daigo12081誰々くんのほうが好き、 なんて比べてるうちは、 それは恋じゃないよ by 村山由佳、キスまでの距離
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
村山由佳さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)