トップページ > 作家名一覧 > いから始まる作家名一覧 > 五木寛之

五木寛之

五木寛之さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

五木 寛之(いつき ひろゆき、1932年9月30日 - )は、日本の小説家・随筆家。福岡県出身。旧姓は松延(まつのぶ)。早稲田大学露文科中退。少年期に朝鮮から引揚げ、作詞家を経て『さらばモスクワ愚連隊』でデビュー。『蒼ざめた馬を見よ』で直木賞受賞。反体制的な主人公の放浪的な生き方や現代に生きる青年のニヒリズムを描いて、若者を中心に幅広い層にブームを巻き起こした。その後も『青春の門』をはじめベストセラーを連発。近年は人生論的なエッセイや、仏教・浄土思想に関心を寄せた著作が多い。
=
1932年、教員の松延信蔵とカシエの長男として福岡県八女郡に生まれる。生後まもなく朝鮮半島に渡り、父の勤務に付いて全羅道、京城など朝鮮各地に移る。少年時代は、父から古典の素読や剣道、詩吟を教えられた。第二次世界大戦終戦時は平壌にいたが、ソ連軍進駐の混乱の中では母死去、父とともに幼い弟、妹を連れて38度線を越えて開城に脱出し、1947年に福岡県に引き揚げる。
引き揚げ後は父方の祖父のいる三潴郡、八女郡などを転々とし、行商などのアルバイトで生活を支えた。1948年に(旧制)福岡県立八女中学校に入学、ゴーゴリやチェーホフを読み出し、同人誌に参加してユーモア小説を掲載。福岡県立福島高等学校に入学、ツルゲーネフ、ドストエフスキーなどを読み、テニス部と新聞部に入って創作小説や映画評論を掲載した。1952年に早稲田大学第一文学部露文科に入学。横田瑞穂に教えを受け、ゴーリキーなどを読み漁り、また音楽好きだった両親の影響で、ジャズと流行歌にも興味を持った。生活費にも苦労し、住み込みでの業界紙の配達など様々なアルバイトや売血をして暮らした。『凍河』『現代芸術』などの同人誌に参加し、また詩人の三木卓とも知り合う。1957年に学費未納で早稲田大学を抹籍された(後年、作家として成功後に未納学費を納め、抹籍から中途退学扱いとなる)。また、この頃に父を亡くす。

受賞歴

五木寛之関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2020.10.15 高樹のぶ子さん 鏡花賞 金沢市主催「小説伊勢物語 業平」

    金沢市が主催する第四十八回泉鏡花文学賞の選考委員会が十四日、東京都内であり、高樹のぶ子さん(74)の「小説伊勢物語 業平(なりひら)」が選ばれた。高樹さんは「新たな冒険をした作品が評価された。日本の美をきちんと書かれた作家の賞をいただけてうれしい」と喜びを表現した。

  • 2019.1.22 坪田譲治文学賞、八重野統摩さんの小説に

    岡山市は22日、優れた小説や児童文学に贈る「第34回坪田譲治文学賞」に、大阪府豊中市在住の作家、八重野統摩さん(30)の小説「ペンギンは空を見上げる」を選んだと発表した。副賞は100万円。

  • 2018.4.11 「十津川警部」「百舌」……小説シリーズの最長寿は?

    現在刊行中の小説シリーズで、主要作家の最長作をランキングにして、長寿小説シリーズの顔ぶれを探ってみた。50年近く続く作家のライフワークから、ドラマや映画の映像化でシリーズ人気が再燃したミステリー作品まで計30作。ジャンルを見ると、SF・ファンタジーやミステリーの人気が高い。

五木寛之関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

butasan_diet五木寛之の言葉「楽しいことは長続きする。好きなことは長続きする。気持ちのいいことは長続きする。そうでないことは、どんなに強制されても結局は続かない」
imaodoikiru自己の力の限界というものは、死というものに対面したときにもっとも明瞭になります。自己の善行も努力も、死の順番をかえることもできず、まったくの不公平であり、理不尽であり、もちろんそれをなくすことはできない。自力のはいり込む余地はありません。五木寛之
remoremo1740大事なことは何か。なにごとによらず一つずつの行為を十分にあじわいながらその一瞬を大切に過ごすことそれがいま、特に大切に思われてならないことなのです(五木寛之)
breakthrough_jp孤立した悲しみや苦痛を激励で癒すことはできません。そういうときにどうするか。そばに行って無言でいるだけでもいいのではないか。その人の手に手を重ねて涙をこぼす。それだけでもいい。手の温もりとともに閉ざされた悲哀や痛みが他人に伝わって拡散していくのです。(五木寛之)
sip_com自分を愛せる人間が他人をも愛せる。by五木寛之
tokuma_college日本人における“仏教”の原点を探る! 国民作家と哲学者が独自の視点で語り合い、仏の不思議を解明!『仏の発見』(五木寛之、梅原猛対話者)https://t.co/vYOb94ocjM
dog_of_books何を選ぶかは、何かに賭けることだ。(『選ぶ力』五木寛之 p.29)
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
    現在話題の賞ランキング
    五木寛之さんと同じ賞の受賞作家
    最新小説ニュース
    (外部リンク)
    ブログ(更新履歴等)