トップページ > 作家名一覧 > いから始まる作家名一覧 > 池波正太郎

池波正太郎

池波正太郎さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

池波 正太郎(いけなみ しょうたろう、1923年(大正12年)1月25日 - 1990年(平成2年)5月3日)は、戦後を代表する時代小説・歴史小説作家。『鬼平犯科帳』『剣客商売』『仕掛人・藤枝梅安』『真田太平記』など、戦国・江戸時代を舞台にした時代小説を次々に発表する傍ら、美食家・映画評論家としても著名であった。
=
1923年(大正12年)1月25日、東京市浅草区聖天町(現在の東京都台東区浅草7丁目)に生れる。父・富治郎は日本橋の錦糸問屋に勤める通い番頭、母・鈴は浅草の錺職・今井教三の長女で、正太郎は長男であった。この年、関東大震災が起こり、両親とともに埼玉県浦和に引越し、6歳(1929年)まで同地で過ごす。やがて、両親は東京に転居。正太郎は根岸小学校に入学する。商売の思わしくなかった富治郎は近親の出資によって下谷上根岸で撞球場を開業するも、両親不和のためこの年に離婚した。
正太郎は母に引き取られて浅草永住町の祖父の家に移り、学校は下谷の西町小学校に転入した。祖父・今井教三は御家人の家に養子入りした職人気質・江戸っ子気質の人物で、忙しい母親に代わって正太郎をかわいがった。この時期、母は働きながら今井家の家計を支え、一時正太郎を預けたまま再婚をしたが、不縁となり、実家に戻った。この二度目の結婚によって、正太郎には異父弟が一人できた。小学校時代の正太郎は図画を好んで将来は鏑木清方の弟子となることを夢見る一方、チャンバラものの映画と少年向け小説を大いに好み、小遣い銭で買い食いを楽しんでいた。
1935年(昭和10年)、西町小学校を卒業した。担任の教師は進学を勧めたが、家庭の事情により奉公に出た。親戚の伝手によって最初株式現物取引店・田崎商店に出るが、半年あまりでペンキ屋に奉公を変わり、さらにそこも退いて株式仲買店・松島商店に入った。以後、1942年(昭和17年)に国民勤労訓練所に入所するまで、同店で過ごした。チップや小遣い銭を元手に内緒の相場に手を出し月給を上回る収入を得ていた。兜町時代の正太郎はこれを「軍資金」として読書、映画、観劇にはげみ、登山や旅行を楽しみ、剣術道場にも足を運ぶ一方、諸方を食べ歩き、吉原で遊蕩にふけるなどした。特にこの時期、読書・映画への興味が深まったことはもとより、歌舞伎・新国劇・新劇などの舞台を盛んに見物し、歌舞伎への理解を深めるために長唄を習うまでした。

池波正太郎新刊

  • 発売日
    2020年2月27日
  • 書名
    剣客商売 36 (SPコミックス)
  • 発売日
    2020年1月27日
  • 書名
    絆を紡ぐ :人情時代小説傑作選 (新潮文庫 い 17-90)
  • 発売日
    2020年1月24日
  • 書名
    江戸の暗黒街

受賞歴

池波正太郎関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

池波正太郎関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

rockpeek川端康成、三島由紀夫、池波正太郎などは、よく「山の上ホテル」に監禁されたそうで。 >RT https://t.co/Ca1d2HHgrM
Maru_Since1981食通とはこういうことをいうのか…!⠀食通でもあり、旅通でもいらっしゃるのかな、池波正太郎先生は。⠀⠀先生が語るお食事、食事処、宿やホテル(海外含む)を拝読すると、実際に食べたい!見たい!行きたい!泊まりたい!という欲がガーー… https://t.co/mYizhyIGpJ
BOOKS_CURLIES『玉子 ふわふわ』37人の作家による「玉子饗宴」、玉子についてのアンソロジー。森茉莉、武田百合子、池波正太郎、東海林さだお、伊丹十三、松浦弥太郎etc カバー絵は南桂子さん。2011刊。ちくま文庫。 https://t.co/ZJ589i11aO
kazzzzhaネタ出し中…・石田振込正宗(博徒モノ)・石田炊込正宗(グルメ漫画)・石田折込正宗(新聞配達)・石田押込正宗(池波正太郎?)・石田夏込正宗(ゴールデンウィーク?)
reipapaホットケーキがパンケーキの一種だと知って、池波正太郎さんはホットケーキにカリカリのベーコンを添えて食べるのが好きだったというエッセイを思い出している…池波先生の食べていたホットケーキって甘くなかったのかな?
ibahachiro_bot心ゆがみたれば、剣またゆがむべし。心形刀流の教えを、お前らは何と見ているんだ。いま、おれが杉沢を打倒したのも、おれの腕が奴よりもすぐれていた、というのじゃアねえよ。わかるか?わかるめえな  (池波正太郎『幕末遊撃隊』)
ykamo5人間は、生まれた瞬間から死に向かって生きはじめる。そして、生きるために食べなくてはならない。なんという矛盾だろう。それでいて人間の躰は、たとえ、一椀の味噌汁を味わっただけで、生き甲斐をおぼえるようにできている。何と、ありがたいことだろう。 池波正太郎
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
池波正太郎さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)