トップページ > 作家名一覧 > つから始まる作家名一覧 > 津本陽

津本陽

津本陽さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

津本 陽(つもと よう、1929年(昭和4年)3月23日 - 2018年(平成30年)5月26日)は、日本の小説家。本名、寅吉(とらよし)。 
和歌山県和歌山市出身。旧制和歌山中学校から旧制大阪専門学校(現・近畿大学)を経て、1961年東北大学法学部卒。明間輝行は同期。同人誌『VIKING』で活動し、掲載作「丘の家」が第56回直木賞候補。1978年(昭和53年)、故郷和歌山を舞台にした『深重の海』で第79回直木賞を受賞。膨大な資料をたどり、小説の中で逐次資料の内容の提示と解説をしながら話を展開してゆく形式が多い。文体は情緒性を排した重厚で簡潔な表現が主体。
題材は主に剣豪や戦国大名、幕末英傑を主題にした歴史小説が多い。撃剣興行を描いた『明治撃剣会』を始めとする剣豪小説で人気を得る。剣道三段、抜刀道五段の腕前を持ち、武道への造詣が深く、剣豪だけの持つ高い境地や剣技の精密な描写をすることに長じる。戦国時代の塚原卜伝、柳生新陰流の柳生兵庫助、示現流の創始者東郷重位、江戸時代後期の北辰一刀流の千葉周作らの伝記小説において活写されている。
『明治撃剣会』執筆以後は歴史小説を書き、織田信長を題材とし、『日本経済新聞』朝刊に連載した「下天は夢か」は単行本出版後にベストセラーとなった。戦国大名については他にも豊臣秀吉、徳川家康、武田信玄、上杉謙信、伊達政宗、前田利家等についても執筆している。和歌山県出身であることから、大量の火縄銃を駆使して戦国期に活躍した紀伊の豪族、雑賀一族を描いた小説『雑賀六字の城』『信長の傭兵』を執筆し、ここでは鉄砲の原理や戦法、戦略について詳細な考察をもとに描いている。
剣豪、戦国大名、雑賀一族以外の分野でも、幕末期の勝海舟(『勝海舟 私に帰せず』)、西郷隆盛(『巨眼の男 西郷隆盛』)、坂本龍馬(『龍馬』)、中国の始皇帝(『小説 秦の始皇帝』)、則天武后(『則天武后』)などを描いている。また熱心な浄土真宗門徒であり、『弥陀の橋は 親鸞聖人伝』にて浄土真宗の教理に善く通じた内容で親鸞を描いている。
1997年(平成9年)に紫綬褒章を、2003年(平成15年)に旭日小綬章を受章。
2011年に発足した歴史時代作家クラブの名誉会長兼顧問を務めた。
2018年5月26日、誤嚥性肺炎のため死去。1929|3|23|2018|5|26。

津本陽新刊

  • 発売日
    2020年4月7日
  • 書名
    戦国業師列伝 (実業之日本社文庫)
  • 発売日
    2020年3月5日
  • 書名
    叛骨 陸奥宗光の生涯 上 (潮文庫)
  • 発売日
    2020年3月5日
  • 書名
    叛骨 陸奥宗光の生涯 下 (潮文庫)

受賞歴

津本陽関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2018.5.28 歴史小説の大家、津本陽さん死去…89歳

    歴史小説の大家、津本陽(つもと・よう、本名・寅吉=とらよし)さんが26日午後10時10分、誤えん性肺炎のため、東京都内の病院で死去した。

  • 2014.11.23 伊東さん「峠越え」受賞 第20回中山義秀文学賞

    優れた歴史・時代小説を顕彰する第20回中山義秀文学賞の公開選考会は22日、白河市立図書館で開かれ、受賞作に伊東潤さん(54)の「峠越え」(講談社)が選ばれた。

  • 2013.5.29 本格歴史小説、次代へ

    本格派の登場が待望されてきた歴史小説でこの春、伊東潤さん(52)が吉川英治文学新人賞、澤田瞳子(さわだとうこ)さん(35)が新田次郎文学賞に決まり、相次いで脚光を浴びた。

津本陽関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

takeshito_yobu薩南示現流とみ新蔵津本陽の薩南示現流を元に描かれた作品、示現流、東郷重位の物語、自顕流伝授より、その生涯を描く。薩摩義士伝とこの作品が、ネットに落ちてる薩摩ネタの元ネタの一つだったりする。
rankingko最安値の「巨眼の男西郷隆盛 2 /集英社/津本陽」の価格比較ランキングを更新しました。最安値は66円です。https://t.co/mxxoB9iUAM
Gordon_Pinhole津本陽著「乾坤の夢」より「合戦が終ると、家康は天満山東南の藤吉川の台地に床几を置き、甲冑をつけ首実験をおこなった。大垣城と関ヶ原への繋ぎの拠点に配置されていた東軍将兵が、大勝を知って続々と駆けつけてくる。」#MeToo… https://t.co/4PEwV2XAJJ
shinzan_shinzan津本陽「独眼竜正宗」読了 奥羽のゴタゴタとかは、あんまりスッキリと整理されていたり重みづけがたくみだったりはしない感じで全般にちょっと雑然とした印象 ぐだぐだも見込み違いも多々あったりしながら、なんとか生き切った英傑というような魅力みはあった
daifuku2008名をこそ惜しめ(津本陽)硫黄島 魂の記録ー将軍の苦悩ー12月、トーチカ陣地が完成。海軍はミキサーも砕石機もあったが、陸軍はすべて人力。敵機は陣地破壊用のものに加え、小枝に触れても爆発し細かい鉄片を四方に飛散させる爆弾、ドラム缶に重油をつめた大型焼夷弾を投下。
hontaka1229「宇喜多秀家 備前物語」(津本陽著)読了。小説としては、あまり面白くなかった。宇喜多秀家といえば岡山城を作った人なので、その興味から読みました。 https://t.co/pAh2sbHO1q
rairen_bot1:大わらんじの男 2:乱世、夢幻の如し 3:夢のまた夢 4:下天は夢か A:津本陽
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
津本陽さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)