トップページ > 作家名一覧 > つから始まる作家名一覧 > 津本陽

津本陽

津本陽さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

津本 陽(つもと よう、1929年(昭和4年)3月23日 - 2018年5月26日)は、日本の小説家。本名、寅吉(とらよし)。 
和歌山県和歌山市出身。旧制和歌山中学校を経て、東北大学法学部卒。同人誌『VIKING』で活動し、掲載作「丘の家」が第56回直木賞候補。1978年(昭和53年)、故郷和歌山を舞台にした『深重の海』で第79回直木賞を受賞。膨大な資料をたどり、小説の中で逐次資料の内容の提示と解説をしながら話を展開してゆく形式が多い。文体は情緒性を排した重厚で簡潔な表現が主体。
題材は主に剣豪や戦国大名、幕末英傑を主題にした歴史小説が多い。撃剣興行を描いた『明治撃剣会』を始めとする剣豪小説で人気を得る。剣道三段、抜刀道五段の腕前を持ち、武道への造詣が深く、剣豪だけの持つ高い境地や剣技の精密な描写をすることに長じる。戦国時代の塚原卜伝、柳生新陰流の柳生兵庫助、示現流の創始者東郷重位、江戸時代後期の北辰一刀流の千葉周作らの伝記小説において活写されている。
『明治撃剣会』執筆以後は歴史小説を書き、織田信長を題材とし、『日本経済新聞』朝刊に連載した「下天は夢か」は単行本出版後にベストセラーとなった。戦国大名については他にも豊臣秀吉、徳川家康、武田信玄、上杉謙信、伊達政宗、前田利家等についても執筆している。和歌山県出身であることから、大量の火縄銃を駆使して戦国期に活躍した紀伊の豪族、雑賀一族を描いた小説『雑賀六字の城』『信長の傭兵』を執筆し、ここでは鉄砲の原理や戦法、戦略について詳細な考察をもとに描いている。
剣豪、戦国大名、雑賀一族以外の分野でも、幕末期の勝海舟(『勝海舟 私に帰せず』)、西郷隆盛(『巨眼の男 西郷隆盛』)、坂本龍馬(『龍馬』)、中国の始皇帝(『小説 秦の始皇帝』)、則天武后(『則天武后』)などを描いている。また熱心な浄土真宗門徒であり、『弥陀の橋は 親鸞聖人伝』にて浄土真宗の教理に善く通じた内容で親鸞を描いている。
1997年(平成9年)に紫綬褒章を、2003年(平成15年)に旭日小綬章を受章。
2011年に発足した歴史時代作家クラブの名誉会長兼顧問を務めた。
2018年5月26日、誤嚥性肺炎のため死去。1929|3|23|2018|5|26。

津本陽新刊

  • 発売日
    2018年10月5日
  • 書名
    深淵の色は 佐川幸義伝
  • 発売日
    2018年4月20日
  • 書名
    まぼろしの維新 西郷隆盛、最期の十年 (集英社文庫)
  • 発売日
    2018年4月4日
  • 書名
    鬼の冠 武田惣角伝 (実業之日本社文庫)

受賞歴

津本陽関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2018.5.28 歴史小説の大家、津本陽さん死去…89歳

    歴史小説の大家、津本陽(つもと・よう、本名・寅吉=とらよし)さんが26日午後10時10分、誤えん性肺炎のため、東京都内の病院で死去した。

  • 2014.11.23 伊東さん「峠越え」受賞 第20回中山義秀文学賞

    優れた歴史・時代小説を顕彰する第20回中山義秀文学賞の公開選考会は22日、白河市立図書館で開かれ、受賞作に伊東潤さん(54)の「峠越え」(講談社)が選ばれた。

  • 2013.5.29 本格歴史小説、次代へ

    本格派の登場が待望されてきた歴史小説でこの春、伊東潤さん(52)が吉川英治文学新人賞、澤田瞳子(さわだとうこ)さん(35)が新田次郎文学賞に決まり、相次いで脚光を浴びた。

津本陽関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

tommythesoul西郷どんの命日にやっと読了購入してから数ヵ月大河ドラマでも、これから描かれる維新後津本陽の遺作でもある500ページをこえる作品であるが、おすすめ❗魂を揺さぶられる西郷どんの最期の10年#西郷どん https://t.co/8DSFpzJKrm
kinokuniyasale小説 渋沢栄一(上) (幻冬舎文庫) (津本陽) が、紀伊國屋電子書籍で特価中でさらに24ポイント増えて198円(70%OFF)、25ポイント還元になりました。https://t.co/dLatGq04HA
sweetrabitsun剣豪小説に新境地を開いたと評される津本陽さんの御冥福をお祈りいたします。https://t.co/GiEFYxD5Vwhttps://t.co/ocaJGiAh9U
NOIRestvous司馬ワールドは、途中で作者が長々と語りだすところが、津本陽なんかとは違ってて。「以下、むだばなしをしたい」などという文章が外挿される文芸作品を編集者がよく許したなあ、と思わないでもない。
gamayauber01「野火」に出てきますね。日本の作家歴史家はよくM3を中戦車と書く(例:津本陽)が、あれは主要諸元を較べて日本の中戦車とアメリカの軽戦車が同じだからなんですね。日本人が「打撃力」という軍事思想を欠いていたのはWW1にマジメに参加… https://t.co/U61tLWJTU0
tomaru0614あれ、津本陽って今年死んでたんだ
morikawamasami昨日は歴史時代作家の重鎮津本陽さんをしのぶ会でした。津本さんとは歴史時代作家クラブで数回しかお話したことはないですが、存在感があり話も面白い方でした。会は私には場違いな感じでしたが、津本さんの人柄が分かる良い会でした。皆さんの思い出話と美味しい料理が実に贅沢でした。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
津本陽さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)