トップページ > 作家名一覧 > ふから始まる作家名一覧 > 古川薫

古川薫

古川薫さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

古川 薫(ふるかわ かおる、1925年6月5日 - 2018年5月5日)は、日本の小説家。妻は歌人の森重香代子。
山口県下関市生まれ。軍国少年として育ち、航空機のエンジニアになるため宇部工業学校(現山口県立宇部工業高等学校)機械科を卒業。航空機会社に勤務した。1945年に召集され、沖縄戦に向かう予定だったが、その前に敗戦を迎えた。
1952年に山口大学教育学部を卒業。教員を経て山口新聞(みなと山口合同新聞社)に入社。編集局長を経て、1965年から作家活動を始め、同年「走狗」で直木賞候補、1973年「女体蔵志」で同候補、続けて1974年「塞翁の虹」、1977年『十三人の修羅』、1978年「野山獄相聞抄」、1980年「きらめき侍」、同年「刀痕記」、1981年『暗殺の森』、1988年『正午位置』、1989年『幻のザビーネ』と、候補になること10回(最多記録)、1990年藤原義江の伝記小説『漂泊者のアリア』で第104回直木賞を受賞。受賞年齢65歳は最高齢で佐藤得二の記録を破り、25年越しでの受賞であった。ただしその後、2010年に星川清司が実際よりも5歳若く年齢を公表していたことが明らかとなり、最年長受賞者の名は譲ることになった。1991年には山口県芸術文化振興奨励特別賞を受賞した。
2010年より下関市立近代先人顕彰館 田中絹代ぶんか館の名誉館長に就任。「名誉館長のつぶや記」は2010年の開館当時から2018年3月20日まで更新された。
基本的な主題は長州藩・山口県とその出身・関連人物で、幕末期の長州藩とその出身・関連人物を取り挙げた歴史小説・随筆などが作品の大多数を占める。また山口県出身の人物を扱うことが主で、郷土作家でもある。
2018年5月5日、血管肉腫のため死去した。92歳没。

古川薫新刊

  • 発売日
    2018年8月3日
  • 書名
    君死に給ふことなかれ 神風特攻龍虎隊 (幻冬舎文庫)
  • 発売日
    2018年8月3日
  • 書名
    君死に給ふことなかれ 神風特攻龍虎隊 (幻冬舎文庫)

受賞歴

古川薫関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2018.5.5 直木賞作家の古川薫さん死去 「漂泊者のアリア」

    長州藩を舞台にした歴史小説を多く手掛けた直木賞作家の古川薫(ふるかわ・かおる)さんが5日、頭部血管肉腫で死去した。92歳だった。通夜は6日午後6時、葬儀は7日午前11時から山口県下関市楠乃2の551の115の下関典礼会館で。喪主は長男貴温(きみはる)さん。

  • 2015.11.11 【追悼】佐木隆三さん 文学として深めた犯罪小説 作家・古川薫

    関門海峡を見下ろす福岡県北九州市門司区の風師山(かざしやま)中腹にある佐木隆三の書斎には、しばしば足をはこんで酒を振る舞われた。

  • 2015.11.1 直木賞作家 佐木隆三さん死去

    実際に起きた連続殺人事件をもとにした小説「復讐するは我にあり」で直木賞を受賞し、刑事裁判を取材したノンフィクション作品でも知られる作家の佐木隆三さんが、先月31日、入院先の北九州市内の病院で亡くなりました。78歳でした。

古川薫関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

HalxFS幕末Rockの高杉晋作は、史実高杉のアウトラインは逃してないから、高杉初心者(?)の方にもオススメできると思うんですよ(無茶が過ぎる) 幕末Rockから入って、司馬遼太郎や古川薫に行くルートも有りと言えば有りだと思います。
raisen_bot2_qmaNo.62 次の作家と直木賞を受賞した作品の正しい組み合わせを選びなさい⇒芦原すなお―青春デンデケデケデケ、古川薫―漂泊者のアリア、ねじめ正一―高円寺純情商店街
kurotuki_geino藤原義江藤原 義江 古川薫 「漂泊者のアリア」 「我等のテナー」の愛称 男性テノール歌手https://t.co/HPdL6rZJx5
ystkttrabu古川薫著『失楽園の武者』は大内家の忠臣・冷泉隆豊視点で語られるお屋形様の後半生を描いた小説です。お屋形様はこの本を読んでから正室の貞子様に「そなたは予の妻なんだからな!」とおっしゃっておりました。もう、そんなに好きならなぜ離縁などしたのですか。男女の関係とは、難しいものですね。
lancer7793『長州歴史散歩/古川薫(¥300)』をラクマでチェック! https://t.co/V7RoaPwi8I #本 #文学/小説 #ラクマ #フリマアプリ
kaomankai44昭和46年出版の古い本だが「幕末長州の舞台裏~椋梨(むくなし)藤太~」古川薫著を読んだ。実に面白い。長州藩は明治維新の立役者として歴史教科書に載っているが、藩内部の激しい葛藤、派閥闘争史がわかりやすく描かれる。毛利公は無能な藩主として描かれるが、混乱の原因とも思える。
TCs7Qb3kFIefTk9@MrCB_Harukaze 友達が晋作坊ちゃんが大好きで長州に行ったとき、古川薫先生に会いに行ったら、快く歓待してくれて一緒に飲んだそうです。私は一時期坂本龍馬に転んでいたので宮地佐一郎先生に電話したら会ってくださり、増補の史料… https://t.co/i8NKT9l8XN
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
古川薫さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)