トップページ > 作家名一覧 > あから始まる作家名一覧 > 阿部牧郎

阿部牧郎

阿部牧郎さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

阿部 牧郎(あべ まきお、1933年9月4日 - )は、日本の小説家。
京都府出身、高校時代を父の出身地である秋田県花輪町(現在の鹿角市)で過ごした。父は東大卒の京都府職員。母の叔父に横山助成がいる。京都大学文学部フランス文学科卒。サラリーマン生活の傍ら作家活動に入り、1968年に『蛸と精鋭』が候補になって以後69~71年にかけて7回(61、62、64、65、67、71回)直木賞候補になる。1987年『それぞれの終楽章』で第98回直木賞受賞。処女作から受賞作までの悪戦苦闘の足跡を綴った自伝的小説に『大阪迷走記』(新潮社)がある。
官能小説家として多くの作品があるが、野球に関する小説も多く、直木賞候補になった『失われた球譜』以後『狼たちの笑う日』や『ドンキホーテ軍団』、『焦土の野球連盟』などフィクション、ノンフィクションの区別なく秀作がある。また、『危機の外相 東郷茂徳』、『英雄の魂 小説石原莞爾』、『豪胆の人 帝国陸軍参謀長・長勇伝』などの評伝小説も多い。読売ジャイアンツの大ファンである。また競馬ファンでもあり、1976年の春の天皇賞が一番印象に残っているとNHK競馬中継でゲストで出演した時に語っていた(1988年春の天皇賞における放送時。解説を担当した武邦彦にもこの件に付いて語っていた)。
音楽に造詣が深く、管弦楽曲、ピアノ曲などのクラシック作品が効果的な情景描写として使われることも多い。また50代になってから正規のレッスンによりオーボエ演奏を習得した。

受賞歴

阿部牧郎関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

阿部牧郎関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

kurotuki_2阿部牧郎- それぞれの終楽章常盤新平- 遠いアメリカ西木正明- 凍れる瞳 https://t.co/zbK1jHG0j1
raisen_bot2_qmaNo.148 次の作家と直木賞を受賞した作品の正しい組み合わせを選びなさい⇒阿部牧郎―それぞれの終楽章、西木正明―凍える瞳、星川清司―小伝抄
WEBKEIBAMAN馬券は理性で買ってはならないと思う。もっと情緒的、感覚的、本能的に勝ち馬を予想すべきである。ー阿部牧郎 #競馬 #名言
subete_yoshiy官能小説 まとめて9冊!! プレミア商品たくさん!! 古書 団鬼六 阿部牧郎 武田繁太郎 丸茂ジュン https://t.co/VsBVhgUQZD #ヤフオク
keiba_meigen馬券は理性で買ってはならないと思う。もっと情緒的、感覚的、本能的に勝ち馬を予想すべきである。ー阿部牧郎 #競馬 #名言
BC38063176内田康夫が8冊。西村京太郎が4冊。大藪春彦が3冊。宮部みゆき、赤川次郎、斎藤栄、阿部牧郎、深谷忠記が一冊ずつ。全てミステリ、サスペンス。でもNHK杯の本が先だからな。
kijiro_bot競馬小説ということなら、新橋遊吉と阿部牧郎がいた。この二人の小説は競馬小説としてたしかに面白かった。私もそれなりに愛読していたことは書いておいたほうがいい。競馬場の片隅にいる人間のドラマが鮮やかに描かれていたので懐かしい匂いを嗅ぐように読みふけったものだ。*k3
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
阿部牧郎さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)