トップページ > 作家名一覧 > なから始まる作家名一覧 > 中村彰彦

中村彰彦

中村彰彦さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

中村 彰彦(なかむら あきひこ、1949年6月23日 - )は、日本の小説家。本名は加藤 保栄(かとう やすえい)。
栃木県栃木市出身。栃木県立宇都宮高等学校卒業、東北大学文学部国文科在学中に『風船ガムの海』で第34回文學界新人賞佳作入選(加藤保栄名義)。
大学卒業後の1973年から1991年まで文藝春秋に編集者として勤務し、鉄道作家宮脇俊三の紀行のいくつかに同行、歴史検証の才能を見出され、のち作家に転じた。
『週刊文春』『諸君!』『オール讀物』『別冊文藝春秋』の各編集部および文藝出版部次長を歴任。
1987年、『明治新選組』で第10回エンタテインメント小説大賞を受賞。1991年より執筆活動に専念する。1993年、『五左衛門坂の敵討』で第1回中山義秀文学賞を、1994年、『二つの山河』で第111回(1994年上半期)直木賞を、2005年には『落花は枝に還らずとも』で第24回新田次郎文学賞を受賞する。
主に、歴史小説・時代小説を中心に執筆している。会津関係の著作が多く、星亮一とともに会津観光史学の一翼を担っている。日本文藝家協会評議員、憂国忌代表世話人、会津史学会会員、会津親善大使、伊那市ふるさと大使。

中村彰彦新刊

  • 発売日
    2018年4月25日
  • 書名
    誤解だらけの明治維新 (中央公論 Digital Digest)
  • 発売日
    2018年3月20日
  • 書名
    幕末史 かく流れゆく (単行本)

受賞歴

中村彰彦関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

中村彰彦関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

kinokuniyasale幕末入門 (中村彰彦) が、紀伊國屋電子書籍で96ポイント増えて486円、100ポイント還元になりました。https://t.co/NcEkubpqGy
sale_ebook999誤解だらけの明治維新 (中央公論 Digital Digest): 三谷博, 苅部直, 森口千晶, 中林真幸, 岡本隆司, 君塚直隆, 飯田洋介, 池内紀, 北康利, 先崎彰容, 中村彰彦, 森まゆみ, 猪木武徳: ¥300 https://t.co/gaOHZfpLSp
ibahachiro_botおのしらは、反復再三、怯懦千万。堂々たる十二万石中、ひとりの男児もいねえようだな。  (中村彰彦『遊撃隊始末』)
chukoedi電子書籍『誤解だらけの明治維新』本日発売!エッセイ・この志士に学べ 前田正名(池内紀)、西郷隆盛(北康利)、西郷隆盛(先崎彰容)、立見尚文(中村彰彦)、甲賀源吾(森まゆみ)/「藤村『夜明け前』にみる近代人の理性と情念」(猪木武… https://t.co/fPyY6pB0HY
sou_frxmlf電子書籍「誤解だらけの明治維新」本日発売!『中央公論』2018年4月号の特集「誤解だらけの明治維新」を電子書籍化。池内紀、北康利、先崎彰容、中村彰彦、森まゆみの各氏による「この志士に学べ」、猪木武徳氏による「藤村『夜明け前』に… https://t.co/PdTVjwZp4F
banzendou落花は枝に還らずとも会津藩士秋月悌次郎 中村彰彦著 に藤田東湖との交流が書かれている。) ふじたの最期は安政大地震で一旦外に出たが母親が火を気にして戻ったところ鴨居を支えたが力尽き圧死。御用人か 親の証言で記録さ… https://t.co/abGjejg7k3
habaminato森博嗣さんの「読書の価値」という本をKindleで買った。さらに中村彰彦さんという方の「幕末入門」もKindleで購入。先日アマゾンで買った小飼弾さんの「本を遊ぶ」も届いてる。午後はゆっくり読書しようかな。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
中村彰彦さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)