トップページ > 作家名一覧 > なから始まる作家名一覧 > 中村彰彦

中村彰彦

中村彰彦さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

中村 彰彦(なかむら あきひこ、1949年6月23日 - )は、日本の小説家。本名は加藤 保栄(かとう やすえい)。
栃木県栃木市出身。栃木県立宇都宮高等学校卒業、東北大学文学部国文科在学中に『風船ガムの海』で第34回文學界新人賞佳作入選(加藤保栄名義)。
大学卒業後の1973年から1991年まで文藝春秋に編集者として勤務し、鉄道作家宮脇俊三の紀行のいくつかに同行、歴史検証の才能を見出され、のち作家に転じた。
『週刊文春』『諸君!』『オール讀物』『別冊文藝春秋』の各編集部および文藝出版部次長を歴任。
1987年、『明治新選組』で第10回エンタテインメント小説大賞を受賞。1991年より執筆活動に専念する。1993年、『五左衛門坂の敵討』で第1回中山義秀文学賞を、1994年、『二つの山河』で第111回(1994年上半期)直木賞を、2005年には『落花は枝に還らずとも』で第24回新田次郎文学賞を受賞する。
主に、歴史小説・時代小説を中心に執筆している。会津関係の著作が多く、星亮一とともに会津観光史学の一翼を担っている。日本文藝家協会評議員、憂国忌代表世話人、会津史学会会員、会津親善大使、伊那市ふるさと大使。

受賞歴

中村彰彦関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

中村彰彦関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

ibahachiro_bot「近藤さんも縄目の恥辱を受けたあげくに斬首されちまったし、かつておれとは悪所通いの仲間だった伊庭八郎も、もう虫の息だ。明日はいっちょう、生き残ったおのしとおれが、最後のいくさとはどういうものかを官賊どもに見せつけてやろうじゃねえか」---土方が人見へ  (中村彰彦『遊撃隊始末』)
a_ranking_news(3/17 0時) Amazon 歴史・時代小説 売れ筋ランキング8位 中村 彰彦『二つの山河 (文春文庫)』https://t.co/iyxFVkdvQR
ItemBot〔5位:本〕二つの山河 (文春文庫)#中村彰彦¥504https://t.co/z0lvrE2LVt
Baburudesuga今日の #文学周遊 は「二つの山河」(中村彰彦)奇しくも今日の #ブラタモリ #鳴門 でもドイツ人俘虜との交流の歴史が紹介されました#日経夕刊
masattaka会津藩の戊辰戦争後の松江豊寿の後世。中村彰彦「二つの山河」 徳島・鳴門市:日本経済新聞https://t.co/6L4GLKDYmT
hit4boy中村彰彦『保科正之―徳川将軍家を支えた会津藩主』 武断政治から文治政治への転換を期において、保科正之の政策が如何に重要だったのかが良くわかります。私生活の暗い陰を払拭するように政務にうち込み民衆の信を得て一時代を築いたまさに名君です。https://t.co/bFquzu4QFF
nikkeiphoto【文学周遊】第1次世界大戦期に徳島県鳴門市にあったドイツ人捕虜収容所の様子を描いた中村彰彦の小説「二つの山河」。陸軍上層部の意向に反して人道的な対応を貫いた会津人・松江豊寿所長がいた板東を歩いた。リンク先に写真特集=小園雅之撮影… https://t.co/nBzHPqxcml
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
中村彰彦さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)