トップページ > 作家名一覧 > やから始まる作家名一覧 > 山本文緒

山本文緒

山本文緒さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

山本 文緒(やまもと ふみお、1962年11月13日。
大学時代は落語研究会に所属していた。その後の1992年、『パイナップルの彼方』を皮切りに一般の小説へと方向性をシフトした。1999年、『恋愛中毒』で第20回吉川英治文学新人賞受賞。2001年には『プラナリア』で第124回直木賞を受賞。2002年に再婚。2003年、40歳の時にうつ病を発症し、治療のため執筆活動を中断していたが、約6年の闘病後、エッセイ『再婚生活』で復帰。

受賞歴

山本文緒関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

山本文緒関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

maburina【プラナリア/山本 文緒】久しぶりに再読。無職をテーマにした短編集。表題作の「プラナリア」と次の「ネイキッド」は閉塞感が強く息苦しくなる。ラストの「あいあるあした」が救いのある話でよかった。 → https://t.co/6fHeF7gZqN #bookmeter
kenken4817山本文緒 著【アカペラ】読了殺伐とした家族なんだけど、なんだか温かい感じのする家族。大人なのにズルくて、子供なのに生意気で、でもどっかで頼り合い慰め合う。暖かくて切ない、そんな物語。#本#読書 https://t.co/0O1LvcyKbh
angelusace山本文緒さん、角田光代さん、沼田まほかるさんなどなどです。 #Peing #質問箱 https://t.co/BNp4gK3H2p
sunoodaisukeモチベーションUPの言葉「人は何事かを成すために生きてるんじゃない。何も成さなくてもいいのだ。自分の一生なんて好きに使えばいいのだ。」・・・山本文緒(作家)
Makkkisan山本文緒さんのお話結構好きなんですがちょっと重いなと思う時もあって、でも本人が自分でエグいなんて書いてらっしゃるとは思わなかった。笑
2012akiiiton本棚の整理しながら奥にしまってあった山本文緒さんの小説パラ読みしてたら入り込んでしまった。やっぱり1番好きな作家さんだけあるな〜読んでなくても好きだ
feathersalemoなんか山本文緒の眠れるラプンツェル思い出した
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
山本文緒さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)