トップページ > 作家名一覧 > やから始まる作家名一覧 > 山本文緒

山本文緒

山本文緒さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

山本 文緒(やまもと ふみお、1962年11月13日。
大学時代は落語研究会に所属していた。その後の1992年、『パイナップルの彼方』を皮切りに一般の小説へと方向性をシフトした。1999年、『恋愛中毒』で第20回吉川英治文学新人賞受賞。2001年には『プラナリア』で第124回直木賞を受賞。2002年に再婚。2003年、40歳の時にうつ病を発症し、治療のため執筆活動を中断していたが、約6年の闘病後、エッセイ『再婚生活』で復帰。

受賞歴

山本文緒関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

山本文緒関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

tr39120540696山本文緒の「恋愛中毒」読んだ。小さな会社で事務員をしている、地味でもうとっくに女を捨てたような独身のおばさん。実は若かりし頃、数々の狂気に満ちた恋愛体験をしていたことが明らかになる… https://t.co/v2GcIq9Ibx
ohakyo_@WingGiraffe 山本文緒、中高生の頃ハマってた…読もうかな依存しても許してくれて依存してくれてめんどくさすぎない他人欲しい…
WingGiraffeTLみてると山本文緒の紙婚式の一節をたまに思い出す『夫は既に私の一部である。他人でないので会っても淋しさは紛れない。淋しさを紛らわしてくれるのは「他人」であることを私は知った』
genkismile_bot俺は飽きることを恐れない。興味と飽きはセットになっている。興味を持ち続けるから罪悪感に縛られるんだ。同じ悩みにそろそろ飽きろ。「なぎさ」山本文緒
namaketar0u@ms_ishino 最近読んで印象に残っているのは山本文緒先生の「自転しながら公転する」で、茨城県牛久市が舞台になっています。まだ新しいし店頭に積んであると思うので、ぜひ作品群に加えてください。
AkzcRz5QYq7zLZj山本文緒のブラック・ティーおんなじ人のパイナップルの彼方
kumateki『自転しながら公転する』山本文緒/新潮社/480P/2020年9月25日発行出版社紹介文抜粋結婚、仕事、親の介護――全部やらなきゃダメですか?恋愛、家族の世話、そのうえ仕事もがんばるなんて、そんなこと無理! ぐるぐる思い… https://t.co/ybl386cJwW
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
山本文緒さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)