トップページ > 公募ではない賞一覧 > 直木三十五賞(直木賞) > 1994年−第111回 直木三十五賞(直木賞)

直木三十五賞(直木賞)

1994年−第111回 直木三十五賞(直木賞)の情報(受賞作・受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。購入する書籍の選択等にご利用ください。
作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

Wikipediaによる概要

直木三十五賞(なおきさんじゅうごしょう)は、無名・新人及び中堅作家による大衆小説作品に与えられる文学賞である。通称は直木賞。
かつては芥川賞と同じく無名・新人作家に対する賞であったが、次第に中堅作家中心に移行、現在ではほぼキャリアは関係なくなっており、長老級の大ベテランが受賞することも多々あるgroup="注釈"|第157回の佐藤正午はデビュー34年目、第97回の白石一郎は32年目、第142回の佐々木譲は30年目、第122回のなかにし礼は(小説に限定しても)29年目、第89回の胡桃沢耕史は28年目、第148回の安部龍太郎は25年目の受賞である。。

第111回—1994年

受賞

受賞

候補

候補

候補

その他の回のデータ(全データ一括表示

直木賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

直木三十五賞(直木賞)関連つぶやき

qmabungaku【文字パネル】向田邦子の直木賞受賞作『花の名前』『かわうそ』『犬小屋』が収められた短編集の題名は『思い出○○○○』?□□□□┃ラッリクブ┃┃トドンプイ┃→トランプ
RUQS_WS_bot「第一回直木賞/を受賞したのは……」 https://t.co/inxeV1RzQ9
Pondumemo≪291≫第56回直木賞を『蒼ざめた馬を見よ』で受賞している、『大河の一滴』や『青春の門』などの代表作で知られる作家は誰でしょう?
dai_ishikawa⇒いわゆる自己啓発の類に該当するビジネス本が多く紹介されていますが、私は、係る書籍を読んで、為になったと思えたことが一度もなく、ときに、宗教的だとすら思うことがあります。又、同じく紹介されている直木賞作品も同様であります。 既述していますが、私は二度、→
shou_maehuri第5回直木賞を受賞/ → 「いない」
CockLockannkw4人の芥川賞・直木賞作家を唸らせる若林正恭の筆力ダ・ヴィンチニュース-2017/08/18https://t.co/iHshu6lnYg
bunkei_gro_botNo.235(文順)直木賞 壇一雄(『長恨歌』1950)、野坂昭如(『火垂るの墓』 1967)、藤本義一(『鬼の詩』1974)、青島幸男(『サイオウが丙午』1981)、林真理子(『最終便に間に合えば』1985)、景山民夫(『遠い海から来たCOO』1988)
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)