トップページ > 公募ではない賞一覧 > 直木三十五賞(直木賞) > 1985年−第93回 直木三十五賞(直木賞)

直木三十五賞(直木賞)

1985年−第93回 直木三十五賞(直木賞)の情報(受賞作・受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。購入する書籍の選択等にご利用ください。
作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

Wikipediaによる概要

直木三十五賞(なおきさんじゅうごしょう)は、無名・新人及び中堅作家による大衆小説作品に与えられる文学賞である。通称は直木賞。
かつては芥川賞と同じく無名・新人作家に対する賞であったが、次第に中堅作家中心に移行、現在ではほぼキャリアは関係なくなっており、長老級の大ベテランが受賞することも多々あるgroup="注釈"|第157回の佐藤正午はデビュー34年目、第97回の白石一郎は32年目、第142回の佐々木譲は30年目、第122回のなかにし礼は(小説に限定しても)29年目、第89回の胡桃沢耕史は28年目、第148回の安部龍太郎は25年目の受賞である。。

第93回—1985年

受賞

候補

候補

候補

候補

候補

候補

その他の回のデータ(全データ一括表示

直木賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2018.6.18 芥川賞・直木賞候補に松尾スズキさん、湊かなえさんら

    第159回芥川賞、直木賞(日本文学振興会主催)の候補作が18日付で発表された。芥川賞には俳優や劇作家として活躍する松尾スズキさんの「もう『はい』としか言えない」など5作品が、直木賞にはベストセラー作家、湊かなえさんの「未来」など6作品がそれぞれノミネートされた。

  • 2018.6.9 三浦しをんインタビュー 3年ぶりの新作小説は、これまでのどの作品とも異なる読み心地の傑作!

    少女たちの他愛ない手紙のやりとりから始まり、読者を思ってもみない場所へと誘い、強い衝撃と深い感動を与える、三浦しをんさんの最新作『ののはな通信』。「書簡形式」「明暗の共存」など、三浦さんにとって初となる試みも多い本作は、連載開始時から6年の歳月を経て、ついに刊行された。この物語が生まれた背景とそこに込めた思いをじっくりと訊いた。

  • 2018.5.28 歴史小説の大家、津本陽さん死去…89歳

    歴史小説の大家、津本陽(つもと・よう、本名・寅吉=とらよし)さんが26日午後10時10分、誤えん性肺炎のため、東京都内の病院で死去した。

直木三十五賞(直木賞)関連つぶやき

gifuNAGARAriver「長良川」は直木賞を受賞しているゾ 作家は自分で調べるといいゾ
naoki_syou貧しく不幸に生まれ、ただ一筋に男に尽くすしかない可愛い女を浮き彫る作品。直木賞受賞作『罪な女』藤原審爾
qmabungaku【連想】第94回直木賞を受賞/「ルンルン」を流行語に/『葡萄が目にしみる』/『不機嫌な果実』A.よしもとばななB.山田詠美C.江國香織D.林真理子→D(はやし まりこ)
htGsKGM149hKr5Z芥川賞・直木賞の候補に松尾スズキさん、湊かなえさんらΣhttps://t.co/KgCGo8rKvr https://t.co/S7yE6tWJoB
lucamyg6これたぶん、しっかりした頭脳と言語駆使能力で書いたら、それこそ辻村深月もまっつぁおな直木賞もんよォ(爆)その意味で自分右手手相の木星丘スターの六花紋は合ってる?(笑)本当はもっと執筆に真正面から取り組む時間とその才能が欲しい。描きたいテーマなどはもうしっかり頭に入ってるんですが!
SaxLovemelody湊かなえは読んでも話の運び方がほとんど似てるから直木賞候補でも読む気になれない
1i6L1IptyazZZrm芥川賞・直木賞の候補に松尾スズキさん、湊かなえさんらπhttps://t.co/Gz7lgYGJln https://t.co/m8vvrPujGX
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)