トップページ > 公募ではない賞一覧 > 直木三十五賞(直木賞) > 2010年−第143回 直木三十五賞(直木賞)

直木三十五賞(直木賞)

2010年−第143回 直木三十五賞(直木賞)の情報(受賞作・受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。購入する書籍の選択等にご利用ください。
作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

Wikipediaによる概要

直木三十五賞(なおきさんじゅうごしょう)は、無名・新人及び中堅作家による大衆小説作品に与えられる文学賞である。通称は直木賞。
かつては芥川賞と同じく無名・新人作家に対する賞であったが、次第に中堅作家中心に移行、現在ではほぼキャリアは関係なくなっており、長老級の大ベテランが受賞することも多々あるgroup="注釈"|第157回の佐藤正午はデビュー34年目、第97回の白石一郎は32年目、第142回の佐々木譲は30年目、第122回のなかにし礼は(小説に限定しても)29年目、第89回の胡桃沢耕史は28年目、第148回の安部龍太郎は25年目の受賞である。。

第143回—2010年

受賞

候補

候補

候補

その他の回のデータ(全データ一括表示

直木賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2019.6.10 作家の田辺聖子さん死去、91歳=小説、エッセーなど多彩な作品

    人間関係の機微を描いた小説やエッセーを発表してきた作家で文化勲章受章者の田辺聖子(たなべ・せいこ)さんが6日午後1時28分、胆管炎のため神戸市内の病院で死去した。91歳だった。大阪市出身。葬儀は近親者で済ませた。喪主は弟聰(あきら)氏。後日、東京と大阪でお別れの会を開く予定。

  • 2019.5.15 直木賞作家、阿部牧郎さん死去 推理小説に官能小説も

    推理小説や歴史小説をはじめ、娯楽性あふれる幅広いジャンルの作品を残した直木賞作家、阿部牧郎(あべ・まきお)さんが11日、急性肺炎のため死去した。85歳。京都市出身。葬儀・告別式は近親者で行った。後日、お別れの会を開く予定。喪主は妻、映子(えいこ)さん。

  • 2019.4.4 渡辺淳一文学賞に松井今朝子さん

    第4回渡辺淳一文学賞(集英社など主催)は、松井今朝子さんの「芙蓉(ふよう)の干城(たて)」(集英社)に決まった。賞金200万円。贈賞式は5月17日、東京都内のホテルで。

直木三十五賞(直木賞)関連つぶやき

naoki_syou少年漁師・万次郎の数奇な運命を描いて直木賞を受賞した作品。直木賞受賞作『ジョン萬次郎漂流記』井伏鱒二
shincholive_bot『ビタミンF』(重松清)このビタミンは心に効きます。疲れた時にどうぞ――。「家族小説」の最高峰。直木賞受賞作! https://t.co/5nU7aVLCfu #ebook #電子書籍
qmabungaku【連想】『山中放浪』/『比島従軍』/『天皇の帽子』で直木賞/文化庁の初代長官A.横光利一B.今日出海C.折口信夫D.丹波文雄→B.今日出海
quizamature_botQ27,麻雀に関する著書を書く際には阿佐田哲也を名乗った、1978年に「離婚」で直木賞を受賞した小説家は?A,色川武大(いろかわたけひろ)
teranoQMAbot【芸キュ】高橋克彦の直木賞受賞作「緋い記憶」が原作の2011年公開の映画 オボエテイル
raisen_bot2_qmaNo.164 次の作家と直木賞を受賞した作品の正しい組み合わせを選びなさい⇒高橋治―秘伝、難波利三―てんのじ村、胡桃沢耕史―黒パン俘虜記
fuwaponn朝日新聞社さん主宰の 作家LIVE 今村翔吾先生 「なぜ、今、時代小説なのか」に行って来ました
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)