トップページ > 作家名一覧 > うから始まる作家名一覧 > 冲方丁 > 天地明察

天地明察(冲方丁)

天地明察(著者:冲方丁)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:天地明察
  • 著者:冲方 丁
  • ページ数:475
  • 出版社:角川書店(角川グループパブリッシング)
  • ISBN-10:404874013X
  • ISBN-13:9784048740135

天地明察関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

冲方丁のその他受賞歴(候補含む)

天地明察関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

furaipoyonというわけで、わいの最近読んだ中での、推し本の一部を書いていくー。まずは小説。「線は、僕を描く」砥上裕將「天地明察」冲方丁「甲賀忍法帖」山田風太郎「アルジャーノンに花束を」ダニエル・キイス
bot96410234「みやこ」と「みそら」を間違える→そら→天→天地明察→冲方丁→生方恵一
fiction_meigen凶作において重税を課し、領民を疲弊させるばかりでなく飢えに陥らせるのは、慎みでも質素倹約でもなく、ただの無為無策である(天地明察/冲方丁)
ym920mimiki冲方丁「天地明察」前に本を読んで感動して、10年以上振りにAmazonプライムで観た
redcomet0401[第7回本屋大賞]『天地明察』冲方丁囲碁棋士で天文に興味を持つ安井算哲が、本因坊道策や関孝和などと関わりながら当時のずれていた暦を直す事業を行う安井算哲は北極星に興味があり、本因坊と対決した上覧碁で最初に天元に打つ奇策を行う冲方丁は元々暦に興味があり、丁も干支の丁巳が由来
moukwaiWikipedia先生の冲方丁ページを読む限り、マルドゥックシリーズと天地明察か。今もシリーズが続いている日本SF大賞受賞作と本屋大賞受賞作。でも代表作にシリーズを上げるのはなんか違和感がある。
sanyo_news「天地明察」(冲方丁著) 岡山県立図書館司書 二熊恒平さん https://t.co/JkK1mlg1xE
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
    現在話題の賞ランキング
    最新小説ニュース
    (外部リンク)
    ブログ(更新履歴等)