トップページ > 公募新人賞一覧 > スニーカー大賞

スニーカー大賞

スニーカー大賞の情報(応募要項・歴代受賞作・歴代受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。投稿の傾向分析、購入する書籍の選択等にご利用ください。
作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。ジャンルは参考程度でお考えください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

  • 応募締切:10月1日
  • ジャンル:ライトノベル
  • 枚数:1ページが40字×32行として、80〜120ページ
  • 賞品/賞金:大賞 300万円/優秀賞 50万円/特別賞 20万円
  • 選考委員:安井健太郎/岩井恭平/THORES柴本/竹田青滋
  • 発表:ザ・スニーカーWEBにて順次発表
  • 主催:角川書店
  • ファンタジー、ラヴコメ、ホラー、SF、ミステリ、青春などジャンルは問いません。10代の読者を対象とした、あなたにしか書けないエンタテインメント作品をお待ちしております。5月1日と10月1日の二度の締切それぞれの最終選考から受賞作を決定します。一次選考通過者(希望者)には、編集者の熱い評価表をバック。
  • 公式サイト:http://sneakerbunko.jp/award/index.php
  • スニーカー大賞を検索する  
    ニュース / つぶやき
    Amazon / カーリル(図書館検索) / 読書メーター
    Wikipedia / Google / Twitter

Wikipediaによる概要

スニーカー大賞(スニーカーたいしょう)は、KADOKAWAの社内ブランド・角川書店が主催するライトノベルを対象とした日本の公募新人文学賞である。

第17回2012年

参考情報:結果発表/選評

大賞

  • 該当なし

優秀賞

特別賞

第16回2011年(応募総数:1080)

参考情報:結果発表/選評

大賞

  • 該当なし

ザ・スニーカー賞

優秀賞

第15回2010年(応募総数:806)

大賞

ザ・スニーカー賞

ザ・スニーカー賞

優秀賞

第14回2009年(応募総数:612)

大賞

優秀賞

奨励賞

第13回2008年(応募総数:643)

大賞

  • 該当なし

優秀賞

  • 題名
    ガジェット
  • 応募時題名
    無限舞台のエキストラ -「流転骨牌(メタフエシス)」の傾向と対策--
  • 著者
    九重一木(1)

奨励賞

第12回2007年(応募総数:782)

大賞

  • 該当なし

優秀賞

奨励賞

第11回2006年(応募総数:665)

大賞

  • 該当なし

奨励賞

奨励賞

奨励賞

以前のデータ(全データ一括表示

スニーカー大賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

スニーカー大賞関連つぶやき

dore_px14あれ、氷菓って今で言う角川スニーカー大賞?の受賞作だから、ラノベってくくりに入れてもあながち間違いじゃないのかなって思ってた
jushosakuhttps://t.co/SzT3AfkBq7#jusho #newsJP [楽天 Woman]記念すべき第1巻『涼宮ハルヒの憂鬱』は、第8回スニーカー大賞を受賞。その後も「このライトノベルがすごい!」2005年版の作品部門で1位に輝くなど、ライトノベルファンを中心に人気…
QMA_LN_bot【並べ替え】第6回スニーカー大賞で金賞を受賞した長谷敏司の小説は「戦略拠点○○○○○ 楽園」?→32098
bainiku081今回の変身!チンポッポ!や、殺したいからまた殺したいを読み返してわかったことは、私は、小説書くの、けっこう上手いわ。面白いと思う。スニーカー大賞辺りにチンポ応募してもいいかもしれん。ホラー小説大賞は、だいぶ相性が悪いね。
eternalsistersKADOKAWAの小説新人賞「スニーカー大賞」。以前は大賞の副賞として300万円もらえたんだけど、今は100万円なのね……。
hasegawa206そういや、スニーカー大賞の評価シートまだだったな。前回、百合系2作だったし、その結果次第では百合作品だけスニーカー大賞まわそうかな。※新人賞によっては、百合系書くと評価シートで×××と評価され、それがスニーカー大賞だと×××云々よりも×××である。
8amjp@Mano_Karakuri 十代の頃はスニーカー小説大賞に応募するために頑張って書いてました。その後20年ほど忘れてて、カドカワが小説投稿サイトを立ち上げたことを知って再燃して、紆余曲折ありながらまだ続けてます。やっぱり「カドカワ」のブランドって魅力的なんですよ……
同一ジャンルの賞
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)