トップページ > 公募新人賞一覧 > HJ文庫大賞

HJ文庫大賞

HJ文庫大賞の情報(応募要項・歴代受賞作・歴代受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。投稿の傾向分析、購入する書籍の選択等にご利用ください。
作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。ジャンルは参考程度でお考えください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

  • 応募締切:10月31日
  • ジャンル:ライトノベル
  • 枚数:40文字×32行の書式で80枚〜110枚
  • 賞品/賞金:大賞 100万円/金賞 50万円/銀賞 10万円
  • 発表:2月中旬サイト上
  • 主催:ホビージャパン
  • 中高生からの架空小説ファンをメインターゲットとするエンターテインメント(娯楽)作品、キャラクター作品を募集いたします。学園ラブコメ、ファンタジー、ホラー、ギャグなどジャンルは問いません!希望される方には、作品の評価をまとめた書面を審査後に郵送いたします。
  • 公式サイト:http://hobbyjapan.co.jp/hjbunko/prize.php
  • HJ文庫大賞を検索する  
    ニュース / つぶやき
    Amazon / カーリル(図書館検索) / 読書メーター
    Wikipedia / Google / Twitter

Wikipediaによる概要

HJ文庫大賞(エイチジェイぶんこたいしょう)は、日本の出版社・ホビージャパンが2006年より開催しているライトノベルの公募文学賞である。
2006年9月に同社のライトノベル雑誌『Novel JAPAN』が創刊したことに伴いノベルジャパン大賞の名称で開催されていたが同誌は2007年8月号より『キャラの!』に誌名変更した後、2009年1月に休刊し賞の名称が実情にそぐわなくなったことから、2011年の第6回募集期間の途中より現在の名称に変更された。
受賞は選考委員の合議によって決定される。受賞者には大賞100万円、金賞(第1〜3回は優秀賞)50万円、銀賞(第1〜3回は佳作)10万円・奨励賞及び審査員特別賞5万円が授与され、佳作以上の作品については同社・HJ文庫からの刊行が確約されているが実際には奨励賞・特別賞受賞作品の大半も刊行されている。また、応募資格を新人に限定していないため他社でデビューした作家の受賞事例(第2回佳作)も存在する。
2008年度の第3回より評価シートを導入した。2013年募集締め切りの第8回より、最終選考に残りながら受賞を逃した応募者のうち、参加を希望した5名前後の候補者にそれぞれ担当編集者が付き作品を執筆してもらいHJ文庫のHP内の「読める!HJ文庫」で読者の投票により1位を競う読者グランプリが新設され、1位を獲得した作品を同社・HJ文庫からの刊行されるようになった。

第6回2012年(応募総数:499)

大賞

奨励賞

第5回2011年(応募総数:437)

大賞

銀賞

銀賞

第4回2010年(応募総数:361)

大賞

金賞

銀賞

銀賞

奨励賞

奨励賞

第3回2009年(応募総数:335)

優秀賞

佳作

奨励賞

奨励賞

奨励賞

以前のデータ(全データ一括表示

HJ文庫大賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

HJ文庫大賞関連つぶやき

bro_qma_guromon[アニゲ(8%)]2011年の第5回HJ文庫に大賞にて「僕はやっぱり気付かない」で金賞を受賞してデビューを果たしたライトノベル作家は?→望公太
QMA_LN_bot【並べ替え】2011年の第5回HJ文庫大賞で「僕はやっぱり気付かない」でで金賞を受賞しデビューしたライトノベル作家は?→望公太 |・x・)<初見殺し。太公望ではない。のぞみこうたらしい。
bakusyouBot■第6回HJ文庫大賞 結果発表 奨励賞 米倉あきら せんせいは何故女子中学生にちん○んをぶちこみ続けるのか?
amagase_sui今書いてる新人賞用の小説……投稿先を講談社のラノベチャレンジカップにするか、HJ文庫大賞にするか悩み中……どっちも締め切り10月なんだけど……
nekojishikonekoはむばね先生のツイートで気づいたのですが、ファンタジア大賞のキャッチコピー部門の候補に掲載されていましたwいやはやHJ文庫様で受賞前に応募したので完全に忘れてましたそして、東京レイヴンズのキャッチコピーには雨宮和希先生の名前が… https://t.co/9Y99dI6It3
mayamayamaayaHJ文庫の小説大賞未発表のオリジナル作品に限るって書いてあんのにウェブ掲載の有り無し訊いてるのちょっと面白い
pario5281HJ文庫大賞……だと……?
同一ジャンルの賞
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)