トップページ > 公募新人賞一覧 > HJ文庫大賞 > 2007年−第1回 HJ文庫大賞

HJ文庫大賞

2007年−第1回 HJ文庫大賞の情報(受賞作・受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。投稿の傾向分析、購入する書籍の選択等にご利用ください。
作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。ジャンルは参考程度でお考えください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

Wikipediaによる概要

HJ文庫大賞(エイチジェイぶんこたいしょう)は、日本の出版社・ホビージャパンが2006年より開催しているライトノベルの公募文学賞である。
2006年9月に同社のライトノベル雑誌『Novel JAPAN』が創刊したことに伴いノベルジャパン大賞の名称で開催されていたが同誌は2007年8月号より『キャラの!』に誌名変更した後、2009年1月に休刊し賞の名称が実情にそぐわなくなったことから、2011年の第6回募集期間の途中より現在の名称に変更された。
受賞は選考委員の合議によって決定される。受賞者には大賞100万円、金賞(第1〜3回は優秀賞)50万円、銀賞(第1〜3回は佳作)10万円・奨励賞及び審査員特別賞5万円が授与され、佳作以上の作品については同社・HJ文庫からの刊行が確約されているが実際には奨励賞・特別賞受賞作品の大半も刊行されている。また、応募資格を新人に限定していないため他社でデビューした作家の受賞事例(第2回佳作)も存在する。
2008年度の第3回より評価シートを導入した。2013年募集締め切りの第8回より、最終選考に残りながら受賞を逃した応募者のうち、参加を希望した5名前後の候補者にそれぞれ担当編集者が付き作品を執筆してもらいHJ文庫のHP内の「読める!HJ文庫」で読者の投票により1位を競う読者グランプリが新設され、1位を獲得した作品を同社・HJ文庫からの刊行されるようになった。

第1回—2007年(応募総数:222)

大賞

優秀賞

佳作

奨励賞

その他の回のデータ(全データ一括表示

HJ文庫大賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

HJ文庫大賞関連つぶやき

bakusyouBot■第6回HJ文庫大賞 結果発表 奨励賞 米倉あきら せんせいは何故女子中学生にちん○んをぶちこみ続けるのか?
ranobenaninani「第12回HJ文庫大賞」たくさんのご応募ありがとうございます! (応募総数発表) /hjbunko/bunkoblog/?p=28875 | HJ文庫blg
HJbunko【第12回HJ文庫大賞】 応募総数発表ブログを公開いたしました! 昨年を上回る555作品のご応募、誠にありがとうございます!! 詳しくはこちらから → https://t.co/vMigcsMgKL https://t.co/YcgrnhB7EQ
QMA_LN_bot【並べ替え】2011年の第5回HJ文庫大賞で「僕はやっぱり気付かない」でで金賞を受賞しデビューしたライトノベル作家は?→望公太 |・x・)<初見殺し。太公望ではない。のぞみこうたらしい。
hamubane2巻も鋭意執筆中!第11回HJ文庫大賞"銀賞"受賞作『カンスト勇者の超魔教導 ~将来有望な魔王と姫を弟子にしてみた~』、引き続きよろしくお願い致します!https://t.co/K6GMT8mjKS https://t.co/4my3PeqGdT
kamioka_torino@nakadashoshi これまでは、電撃、HJ、講談社の大賞に応募しました。今選考中なのは、オーバーラップ文庫大賞とと小学館のガガガ大賞です。
amagase_sui今書いてる作品がHJ文庫大賞に間に合わ無さそうなので、GA文庫大賞後期の投稿に切り替えます……本当はこういうことをすると遅れ癖がつくから嫌なんだけど、今回は色々重なって致し方ない結果に
同一ジャンルの賞
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)