トップページ > 公募ではない賞一覧 > 直木三十五賞(直木賞) > 1981年−第84回 直木三十五賞(直木賞)

直木三十五賞(直木賞)

1981年−第84回 直木三十五賞(直木賞)の情報(受賞作・受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。購入する書籍の選択等にご利用ください。
作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

Wikipediaによる概要

直木三十五賞(なおきさんじゅうごしょう)は、無名・新人及び中堅作家による大衆小説作品に与えられる文学賞である。通称は直木賞。
かつては芥川賞と同じく無名・新人作家に対する賞であったが、次第に中堅作家中心に移行、現在ではほぼキャリアは関係なくなっており、長老級の大ベテランが受賞することも多々あるgroup="注釈"|第157回の佐藤正午はデビュー34年目、第97回の白石一郎は32年目、第142回の佐々木譲は30年目、第122回のなかにし礼は(小説に限定しても)29年目、第89回の胡桃沢耕史は28年目、第148回の安部龍太郎は25年目の受賞である。。

第84回—1981年

受賞

候補

候補

候補

候補

候補

候補

その他の回のデータ(全データ一括表示

直木賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

直木三十五賞(直木賞)関連つぶやき

shou_maehuri第33回直木賞を受賞/ → 「いない」
naoki_syou大阪の街中へわての花のれんを幾つも幾つも仕掛けたいのや――細腕一本でみごとな寄席を作りあげた浪花女のど根性の生涯を描く。直木賞受賞作『花のれん』山崎豊子
ebbjwmdb直木賞や芥川賞とかを若い人がとってるけど、若い人しか知らないことを書けば賞がとれること自体、オカシイよ
bunkei_gro_botNo.273(文線)女流直木賞と受賞作 藤堂志津子-熟れていく夏、林真理子-最終便に間に合えば、杉本章子-東京新大橋雨中図、山口洋子-演歌の虫、皆川博子-恋紅
kElUn0GqzCCcI3Mスポーツ選手がオリンピックの金メダルを、作家が芥川賞や直木賞を目標にして頑張る。これらも「認められたい」という気持ちの表れです。 / なぜ日本人は承認欲求という“病”にかかりやすいのか。『承認欲求の呪縛』著者インタビュー (Bus… https://t.co/JyCujRhDpF
alex15204空飛ぶタイヤその事故は事件だった!直木賞候補の話題作トレーラーの走行中に外れたタイヤは凶器と化し、通りがかりの母子を襲った。原因は「整備不良」なのか、それとも……。圧倒的エンターテインメント巨編!
quiz_eden[371]吉原の花魁であった、伊藤きんという女性が築地に開いた料亭で、現在では芥川賞と直木賞の選考が行われることで有名な、築地にある料亭は?新喜楽
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)