トップページ > 作家名一覧 > まから始まる作家名一覧 > 万城目学

万城目学

万城目学さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

万城目 学(まきめ まなぶ、本名同じ、1976年2月27日 - )は、日本の小説家。
大阪府出身、東京都在住。京都大学法学部卒。『鴨川ホルモー』『プリンセス・トヨトミ』などの、実在の事物や日常の中に奇想天外な非日常性を持ち込むファンタジー小説で知られ、作風は「万城目ワールド」と呼ばれる。
清風南海高等学校卒業後、1浪ののち京都大学法学部に入学。お笑い芸人のロザン・宇治原史規は大学の同級生に当たり、万城目は一方的に宇治原のことを知っていた。また面識は無いものの法学部の1学年上に作家の平野啓一郎がいた。
卒業後は化学繊維会社へ就職、静岡の工場に配属され経理マンをしながら小説を書いていたが、26歳の時東京本社への転勤を言い渡され、残業続きで書く時間がなくなることを危惧し、辞令が出る前に退社し東京へ移る。このころの出来事を後の『バベル九朔』に活かす。2年で芽が出なければ社会復帰を決め投稿生活を送るも成果が出ず、資格の学校に通い再就職の準備をし始めた矢先、第4回ボイルドエッグズ新人賞を受賞し2006年『鴨川ホルモー』でデビュー。同書は『本の雑誌』で2006年エンターテインメント1位になり、2007年の本屋大賞にもノミネートされた。続く第2作『鹿男あをによし』は第137回直木三十五賞候補となる。2009年、『プリンセス・トヨトミ』で第141回直木賞候補。2009年度咲くやこの花賞受賞。2010年、『かのこちゃんとマドレーヌ夫人』で第143回直木賞候補。2013年、『とっぴんぱらりの風太郎』で第150回直木賞候補。2014年、『悟浄出立』で第5回山田風太郎賞候補、第152回直木賞候補。2016年、『バベル九朔』で第7回山田風太郎賞候補。2018年、『パーマネント神喜劇』で第31回山本周五郎賞候補。
フジテレビ系列の『世にも奇妙な物語』のファンで2010年の「20周年スペシャル・秋 〜人気作家競演編〜」では原作を書き下ろし、自身もエキストラ出演をした。一番好きな話は1991年に放映した「大蒜」(主演:榊原郁恵 演出:星護)とインタビューで語っている。|date=2016年11月1日 (火) 16:19 (UTC)

受賞歴

万城目学関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

万城目学関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

awuawilav¥2,156 シアーカシュクールトップスhttps://t.co/mlpad2ZAOd 中泉ヒーロー 士林 ヤン?ベンチャオ 綾瀬はるか 万城目学 高田亮 金原泰成 手塚みち 河野秋武 フォローミー 東洋大学 ストラ… https://t.co/Yx2uawNwKK
junk_kichijoji万城目学先生がご来店!!☺️サイン本を作ってくださいました!!!特に4月末に発売になった「パーマネント新喜劇」は休業期間中に発売だったため、まだお持ちでない方も多いのでは。こちらは代引き配送はお受けできませんので、ご了承下… https://t.co/BawNeokfJW
fukumasagamiナイス 【プリンセス・トヨトミ (文春文庫)/万城目 学】万城目さんやっぱりいい!!最後までワクワクさせられて、読了\(^-^)/大阪って本当にそうなのかもって思ってしまう。奥さん方もいい味出し… → https://t.co/nYuxbg0s8D #bookmeter
SlowdownNarita私の分岐点は万城目学さん「お金も地位も何もなかった頃の感覚を保ち続けて生きていたい」 https://t.co/LZwsCcnnho
itugo31@wakana__mori 万城目学の『かのこちゃんとマドレーヌ夫人』と『とっぴんぱらりの風太郎』
mogura【かのこちゃんとマドレーヌ夫人 (角川文庫)/万城目 学】パーマネント神喜劇を読んでかのこちゃんを思い出したので、改めてかのこちゃんに会いに。マドレーヌ夫人の献身さを思い出し、かのこちゃんの出… → https://t.co/4fQzMh1cxj #bookmeter
Sonet_fukuonsei1615年の6月4日(慶長20年5月7日)大坂夏の陣大坂城天守閣が炎上、戦いに敗れた豊臣宗家は滅亡し徳川家を頂点とした長期安定的な政権が本格化することに--『プリンセス トヨトミ』原作・万城目学、奇想天外なストーリーをやた… https://t.co/Y5mw4I3X2m
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)