トップページ > 作家名一覧 > みから始まる作家名一覧 > 宮脇俊三

宮脇俊三

宮脇俊三さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

宮脇 俊三(みやわき しゅんぞう、1926年12月9日 - 2003年2月26日)は、日本の編集者、紀行作家。元中央公論社常務取締役。鉄道での旅を中心とした作品を数多く発表した。父は陸軍大佐で、後に衆議院議員となった宮脇長吉。娘に作家の宮脇灯子。
編集者として日本出版史に残る企画に数多くたずさわり、名編集者と謳われる。作家北杜夫を世に出したのも功績の一つである。
紀行作家としては、地理や歴史の深い教養に裏打ちされた簡潔かつ格調高く、軽妙なユーモアにあふれた文章を書くことで知られる。また熱心な鉄道ファンでありながら、専門用語などを自慢気に羅列したり、評論家ぶったりするなどの、ごく一部の趣味者に見られる嫌味さが作品内にはほとんどなく、飄々とした文体が多くの人々に受け入れられ、鉄道ファンにとどまらない多くの愛読者を惹きつける。このため、典型的な鉄道ファンであるにもかかわらず、「普通の鉄道ファンとは違って…」と鉄道趣味への誤解と相まって評されることも多い。
処女作『時刻表2万キロ』で「鉄道に乗る」ことを趣味とする者の存在を世間に認知させ、第2作の『最長片道切符の旅』では「最長片道切符」を広く知らしめることとなった。これらの作品によって「鉄道紀行」を文学の一ジャンルにまでした、と評されることもあり、「鉄道紀行文学」で宮脇並みのレベルの作品を生んでいる人物は、その没後誰もいないとも言われている。date=2016年10月
晩年に刊行した『鉄道廃線跡を歩く』シリーズ(全10巻、1995年 - 2003年、JTB)では、「廃線跡探訪」という、これまでほとんど注目されていなかった鉄道趣味を記し一般に知らしめた。

受賞歴

宮脇俊三関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

関連ニュースが見つかりませんでした。

宮脇俊三関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

takanorituko戦前の青山がどういうところであったかは、宮脇俊三「時刻表昭和史」にあります、上野先生を待ってるハチ公を宮脇先生はご覧になってます。お父さんは代議士で、国会で「黙れ」と後のA級戦犯にどなられてます。でも、青山は今回の「反対派」のいうようなところではありませんでした。
rakuseian宮脇俊三『旅は自由席』、「自作再見『時刻表昭和史』」より。「勤めを辞めて文筆業に転向してから、もう12年になる。著書は27冊になった。最初の本が出たときは嬉しくて抱いて寝たほどだったが、1年2冊のペースで本を書いているうちに…書棚… https://t.co/7g8sY5UEYI
Y_okataka中高生の頃に宮脇俊三を読み、大学生になってある程度のお金を手にしたオタクは安易にタクシーを使うという調査があります[○]
jinbutu短い言葉で説明できないことほど、おもしろい。by 宮脇俊三
deco_j@kaorurmpom 駅名ソムリエ…(ry。宮脇俊三さんの本で「駅名麻雀という奥義」というパワーワードを見た覚えがありますが、ソムリエとは…(絶句)
qubase123難しいことがいくつもあるときは、まず強引でも無理やり一本の柱を立てて、そこから解決・発展させていくほかない。 by 宮脇俊三
rpapa4812鉄道、バスは、宮脇俊三さんの言葉を借りれば「用もないのに乗る」人がたくさんいる、船もいるかも、飛行機はお金持ちのマニアが乗る、しかしわざわざ用もないのにタクシーに乗るマニアはいないよな。マニアが一番金払いが良いのですがね。どの趣味でも。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
宮脇俊三さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)