トップページ > 作家名一覧 > みから始まる作家名一覧 > 宮脇俊三

宮脇俊三

宮脇俊三さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

宮脇 俊三(みやわき しゅんぞう、1926年12月9日 - 2003年2月26日)は、日本の編集者、紀行作家。元中央公論社常務取締役。鉄道での旅を中心とした作品を数多く発表した。父は陸軍大佐で、後に衆議院議員となった宮脇長吉。娘に作家の宮脇灯子。
編集者として日本出版史に残る企画に数多くたずさわり、名編集者と謳われる。作家北杜夫を世に出したのも功績の一つである。
紀行作家としては、地理や歴史の深い教養に裏打ちされた簡潔かつ格調高く、軽妙なユーモアにあふれた文章を書くことで知られる。また熱心な鉄道ファンでありながら、専門用語などを殊更に羅列したり、評論家ぶったりするなどの、ごく一部の趣味者に見られる嫌味さが作品内にはほとんどなく、飄々とした文体が多くの人々に受け入れられ、鉄道ファンにとどまらない多くの愛読者を惹きつける。このため、典型的な鉄道ファンであるにもかかわらず、「鉄道ファンとは違って…」と鉄道趣味への誤解と相まって評されることも多い。
処女作『時刻表2万キロ』で「鉄道に乗る」ことを趣味とする者の存在を世間に認知させ、第2作の『最長片道切符の旅』では「最長片道切符」を広く知らしめることとなった。これらの作品によって「鉄道紀行」を文学の一ジャンルにまでした、と評されることもあり、「鉄道紀行文学」で宮脇並みのレベルの作品を生んでいる人物は、その没後誰もいないとも言われている。date=2016年10月
晩年に刊行した『鉄道廃線跡を歩く』シリーズ(全10巻、1995年 - 2003年、JTB)では、「廃線跡探訪」という、これまでほとんど注目されていなかった鉄道趣味を記し一般に知らしめた。

受賞歴

宮脇俊三関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

関連ニュースが見つかりませんでした。

宮脇俊三関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

UsneaDiffracta昭和58年の資料では安牛と上幌延には立派な駅舎がある一方、南幌延には待合室が無く、板切れホームの一面一線とされている。待合室の記載もないけど、見落としている可能性もかなりあるので断定はできない宮脇俊三・原田勝正編 (1983)『国鉄全線各駅停車〈1〉北海道690駅』小学館.
CHAMESI71宮脇俊三がタクシー運転士に「何もないところですよ」と言われても行ったところだ
take06161色んな趣味のマニアっていると思うんだけど、なんで鉄道マニアって、人の迷惑顧みない非常識な奴ばかりなんでしょうね
kousei_runner宮脇俊三は自身の鉄道趣味のことを「児戯」って言い切ってるわけでね
nekonoizumi「…全国二十四ヵ所をめぐる昭和の旅を満載した紀行エッセイ。感動的な百閒追悼文「核心」を増補。〈解説〉宮脇俊三 」
BaddieBeagle"感動的な百閒追悼文「核心」を増補。〈解説〉宮脇俊三"
yyIAHl6gLlu3YUR小さい頃から馴染みのある廃線跡です。今は亡き祖母が西沢渓谷が大好きで、よく行きました。途中の広瀬ダムには確かトロッコも保存されていましたね…。宮脇俊三の「鉄道廃線跡を歩く」の何巻目か忘れましたが、載っています。 https://t.co/XBoxIjhg6Y
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
宮脇俊三さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)