トップページ > 作家名一覧 > もから始まる作家名一覧 > 森絵都

森絵都

森絵都さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

森 絵都(もり えと、本名:雅美、1968年〈昭和43年〉4月2日 - )は、東京都出身の女性小説家。
日本児童教育専門学校児童文学科卒業、早稲田大学第二文学部文学言語系専修卒業。児童文学創作の傍らアニメーションのシナリオを手がける。1990年、『リズム』で第31回講談社児童文学新人賞を受賞しデビュー。同作品で翌年、第2回椋鳩十児童文学賞も受賞した。その後も数々の作品で多数の文学賞を受賞している。第46回産経児童出版文化賞を受賞した『カラフル』と、第52回小学館児童出版文化賞を受賞した『DIVE!!』は映画化とアニメ化もされ、話題になった。2006年、『風に舞いあがるビニールシート』で第135回直木賞受賞。

森絵都新刊

  • 発売日
    2019年2月23日
  • 書名
    リズム/ゴールド・フィッシュ (角川文庫)
  • 発売日
    2018年11月25日
  • 書名
    みかづき (集英社文庫)

受賞歴

森絵都関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

森絵都関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

piece_b0tやさしくて愛情深いはずの家族たちは、そろいもそろってろくでもない本性を隠し持っていた。by『カラフル』森絵都
animetan_jp【作品紹介】『カラフル』森絵都さんの同名小説を原作としたアニメ映画ね。一度死んだはずの“僕”が、「抽選にあたりました」と天使に言われ、別人の中学生として生まれ変わるっていうお話。原恵一監督の丁寧な演出が光るヒューマンドラマよ。けして派手な作品じゃないけど、一度は見て欲しい作品ね
onephrase_books「この世があまりにもカラフルだから、ぼくらはみんないつも迷ってる」『カラフル』森絵都
tearoar14.カラフル森絵都の小説及びアニメ映画。描かれる世界はあくまで残酷で無情な現実。でも目を向ける先を少し変えれば見えるものは変わるし、大切なものはすぐそばにあるかもしれない。人は綺麗ではなくままならなさもあるけど、それでもいいん… https://t.co/GpnXPybLrQ
okazakitakuma森絵都『異国のおじさんを伴う』を読む。文章の豊かさに感じ入る。もっとも印象に残ったのは「母の北上」。鮮やかな日常の謎短編になっている。
merizu0120森絵都「気分上々」短編集。チーズと塩と豆と、というアンソロジーで読んだ話が入っていて、書き出しで記憶が甦り、改めて優れた短編だなあと思った。表題作の気分上々はすごく惹き付けられる話で、10代の甘ったるい青春を、親の死や人種差別やイジメという様々な困難を絡めて、極めて現実的に描く。
wlb922『架空の球を追う』森絵都/思わず笑いがこぼれるような、元気の出る十一本のお話が詰まっています。生きていると小さなことから大きなことまで様々な出来事が起きますが、この小説に出てくる人々を見ると、少し前向きに考えられるようになれるかもしれません。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
森絵都さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)