トップページ > 作家名一覧 > もから始まる作家名一覧 > 森田誠吾

森田誠吾

森田誠吾さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

森田 誠吾(もりた せいご、本名:堀野 誠吾、1925年10月25日 - 2008年10月16日)は、日本の小説家。
東京出身。東京府立第一商業学校(現東京都立第一商業高等学校)卒業後旧制東京商科大学(一橋大学の前身)中退。久保栄・滝沢修・薄田研二が結成した東京芸術劇場の研究生となり、特に劇作家久保栄に師事する。久保との関係は久保の死(1958年3月15日)まで続く。森田の『曲亭馬琴遺稿』には、久保の戯曲『火山灰地』(1938年)や長編小説『のぼり窯』(1951年)の影響が見受けられる。
東京芸術劇場解体後、実家の広告制作会社精美堂社長を務めていた。
1981年に『曲亭馬琴遺稿』で作家デビュー。直木賞受賞作執筆後も青春時代を描いた作品を発表する。
同社を経営しながら文筆活動を行っていたが、2008年10月16日、肝不全の為に逝去。1925|10|25|2008|10|16 。

受賞歴

森田誠吾関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

関連ニュースが見つかりませんでした。

森田誠吾関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

raisen_bot2_qmaNo.60 次の作家と直木賞を受賞した作品の正しい組み合わせを選びなさい⇒高橋治―秘伝、神吉拓郎―私生活、森田誠吾―魚河岸ものがたり
raisen_bot_qmaNo.515 次の作家と直木賞を受賞した作品の正しい組み合わせを選びなさい⇒森田誠吾―魚河岸ものがたり、胡桃沢耕史―黒パン俘虜記、村松友規―時代屋の女房
kalasuma『魚河岸ものがたり』を再読中。冒頭からぐいぐいと引き込まれる。巻末にある、著者の森田誠吾氏の「あとがきにかえて」も味わい深い。ドラマでは確か小林薫と八千草薫が主人公の健作とその「母」恭子を演じていたような。あらためて築地が失… https://t.co/8OJY9BCx4F
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
森田誠吾さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)