トップページ > 作家名一覧 > たから始まる作家名一覧 > 田中小実昌

田中小実昌

田中小実昌さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

田中 小実昌(たなか こみまさ、1925年(大正14年)4月29日 - 2000年(平成12年)2月26日)は、日本の小説家、翻訳家、随筆家。
東京市千駄ヶ谷生まれ。父・田中種助はバプテストの神学校を出た牧師。
実家近くの広島県立呉第一中学(現・呉三津田高校)を受験するが失敗し、旧制西南学院中学に入学。母親の意向で一年後に呉第一中学の編入試験を受け2年から転校した。同校四年修了で旧制福岡高校に入学、在学中、1944年12月、19歳で出征し山口県の連隊に入営。中国の湖北省と湖南省の境で、粤漢線鉄道警備の部隊に編入され、苦しい行軍の中でアメーバ赤痢、マラリア、コレラに罹る。特徴的なツルツル頭はその後遺症ともいわれる。敗戦直前にアメーバ赤痢の疑いで野戦病院に移送となり終戦。1946年に呉市に戻り旧制福岡高校を繰上げ卒業、同年東京大学文学部哲学科に無試験入学するもほとんど出席せず、米軍基地の兵舎のストーブマンなどをしたあと、1952年に除籍となる。
大学在学中からストリップ劇場「東京フォーリーズ」での演出助手(のちに、コメディアンとして出演するようになる)や、バーテンダー、啖呵売、易者などの職を渡り歩き、その経験を元に踊り子や客達との交流を描いたエッセーで注目された。進駐軍用将校クラブでバーテンダーをしていた時、酒瓶がなくなる事件があり、窃盗容疑で起訴された。勝手に酒瓶を開けて飲んではいたが、持ち出してはいないと主張したが、簡易裁判所で罰金刑を受けた。
1950年に進駐軍横田基地で職を得る。1954年より米軍の医学研究所で化学実験の仕事をし、その傍ら、推理小説の翻訳家として、主にハードボイルド作品を多数、翻訳する。レイモンド・チャンドラーの翻訳は、主に清水俊二が手がけていて「定番」となっているが、田中も一部の作品を訳している。米軍を辞職して後は、ほとんど翻訳はしていない。
1952年『新潮』に「上陸」を発表、66年に「どうでもいいこと」を『文學界』に発表しているが、1967年以降、『オール讀物』『小説現代』などに大衆小説を発表し始め本格的に作家活動に入る。1971年、『自動巻時計の一日』で直木賞候補。1979年、『ミミのこと』『浪曲師朝日丸の話』の2作品で直木賞を受賞。ただしこの二作を雑誌に発表したのは1971年で、単行本『香具師の旅』に入ったため候補になったもので、異例である。同年、戦争体験や父の姿に題材を取った短編集『ポロポロ』(表題作は77年発表)で谷崎潤一郎賞も受賞した。
禿げ頭に手編みの半円形の帽子をかぶり、夏には半ズボンにサンダル履きというラフな格好を好み、「コミさん」の愛称で親しまれる。すっとんきょうな表情で、またウィットに富んだユーモアで場を和まし、往年の深夜番組『11PM』をはじめとして、テレビドラマ、映画、CMといった様々な場面で活躍。ピンク映画でカラミを演じた事もある。
赤ちょうちんがぶら下がる酒場を庭とするような庶民派で、新宿ゴールデン街(東京都)の常連としてならした。午前中に原稿を書き、午後は映画会社の試写室で映画をみて、夜は家か飲み屋で飲む、という日常を送っていた。ゴールデン街では、10軒は飲み歩いたという。家ではブドウ酒、外で飲むのは、もっぱらジンのソーダ割り。映画の試写会がない週末には、目的もなくバスに乗っていた。海外に滞在したときも、毎日バスに乗っていた。
2000年2月26日(日本時間2月27日)、滞在先のアメリカ・ロサンゼルスにて肺炎のため客死した。74歳没。
「ボチボチ書いているだけ。いいかげんな男なんです」と、飄々としていながら自虐的ともとれるような独特の醒めた味わいの言葉を残す。作風のほうもそうしたスタンスに準じたものであった。毛糸で編んだ帽子がトレードマークであった。
次女は小説家の田中りえ。野見山暁治は妻の兄(義兄)。筑紫哲也はいとこ甥(母の姉の孫)。

受賞歴

田中小実昌関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

関連ニュースが見つかりませんでした。

田中小実昌関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

jcookjp’90年田中小実昌似のお兄さんのビデオレンタル屋は長く続かなかった。テレビでは大手CDチェーンの経営者がこれからは音楽に詳しい人間はいらないと、端末を持たせればいいと言っていた。あやふやな記憶、心の、脳のひだに引っかかった答えの無いものを再現する機会を永遠に失ったような気がした。
100BANCH【メンター紹介】14/23田中 開The OPEN BOOK 店主祖父はゴールデン街をこよなく愛する、直木賞作家の田中小実昌氏。「飲食からはじまる新しい世界をつくりましょう」詳細|… https://t.co/vtBZiKjC3m
morimari_ch田中小実昌は平常はボケッとしていて、原稿紙に向かうと明確してくるのではないだろうか?テレビに出たのを見るとボケッとして黙っている。傍らに近藤啓太郎がいて「その人駄目なんだよ」と言い、思わず笑った。… https://t.co/c2F5zMHSdo
zgad253pjwd読書記録 45冊目ポロポロ 田中小実昌田中小実昌氏の小説始めて読んだがコレが噂の下痢文学なのかと納得した。他の戦記ものとは違った角度から描かれる物語は斬新さと残酷さを感じた。しかも、涙した。 https://t.co/Y4xSuyGES1
mmitsukisanフランク・グルーバー『フランス鍵の秘密』読了。こういう、軽い感じで読めて、気軽に楽しめる作品はいいですなぁ。多分昔に出ていたら田中小実昌さんとかが訳していて、軽ハードボイルドと呼ばれてそうなイメージが湧いた作品でした。面白かった。
mmiki_q3mysシルクが持ってきた証拠で意外な展開を迎えるそしてその後に真犯人が看破されるのだが、オチの持ってき方が見事だなるほど、だからこの本は……いや、とにかく、これはイチオシの1冊です田中小実昌訳も素晴らしい!
qma_bibun_botエフェ ・毛糸の帽子がトレードマークだった、今は亡き直木賞作家 田中小実昌→たなかこみまさ
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
田中小実昌さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)