トップページ > 作家名一覧 > あから始まる作家名一覧 > 赤瀬川隼

赤瀬川隼

赤瀬川隼さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

赤瀬川 隼(あかせがわ しゅん、本名:赤瀬川隼彦、1931年11月5日 - 2015年1月26日)は、日本の小説家。三重県生まれ。大分第一高等学校(現大分県立大分上野丘高等学校)卒業。旧制中学の同級生に、磯崎新がいた。
住友銀行、外国語教育機関書店などに勤務した後、1983年に『球は転々宇宙間』で吉川英治文学新人賞を受賞しデビュー。『白球残映』にて第113回直木賞受賞。63歳8ヶ月での受賞は歴代4番目に高齢である。『一塁手の生還』等野球をテーマにした小説が多い。
2015年1月26日、肺炎のため死去。1931|11|5|2015|1|26。
帽子作家の赤瀬川晴子は妹。2014年に死去した芥川賞作家で芸術家の赤瀬川原平(尾辻克彦)は弟。長女は『人麻呂の暗号』の著者である藤村由加の一人。

赤瀬川隼新刊

  • 発売日
    2018年8月9日
  • 書名
    白球残映 (P+D BOOKS)

受賞歴

赤瀬川隼関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2015.2.14 『白球残映』直木賞作家、赤瀬川隼さん…野球に人生重ね合わせた"7番打者"

    昭和57年、近未来野球小説『球は転々宇宙間』でデビューし、吉川英治文学新人賞を受賞する。51歳になっていた。6歳下の弟、赤瀬川原平(尾辻克彦)はその2年前に『父が消えた』で芥川賞を受賞している。

  • 2015.1.27 直木賞作家の赤瀬川隼さんが死去

    野球に題材をとった小説で知られる直木賞作家の赤瀬川隼(あかせがわ・しゅん、本名・赤瀬川隼彦=はやひこ)さんが26日、肺炎のため神奈川県内の病院で亡くなった。83歳だった。葬儀・告別式は近親者で行う。

赤瀬川隼関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

NEGITET赤瀬川隼しんの「捕手はまだか」が出てくるのがすごくいいです。 https://t.co/ARb2DSS4MB
bibun_n_botNo.125 (タイ)小説「父が消えた」で1980年に芥川賞を受賞した作家は尾辻克彦ですがその兄で、小説「白球残映」で1995年に直木賞を受賞した作家は○○○隼?⇒あかせがわ(赤瀬川)
nikoneets今だいたい2018/7/15 8:03:43です。1500円 みんなで一人旅 赤瀬川隼 堀英二 ことのは出版 無事大学 子供 二十六年間 過程 26年 あなた 3人 仕事 卒業 https://t.co/evIovTUuBX https://t.co/g57kHHZOnq
kokugokyokasyo僕はまた母と二人きりになり、また、土蔵の明かり窓の下で過ごす時間が長くなった。新たな大きい「喪失」――死んだはずの一範兄が生きて帰っての死――形見の、つやがなくなって干からびたファースト・ミットは、土蔵の僕の机の上に飾ってある。(一塁手の生還/赤瀬川隼/中三)
BaddieBeagle"野球をモチーフに、野球少年なら誰しもが通過するホロ苦い挫折、郷愁などをさわやかに描いた短篇集(野球描写がない作品を1編収録)。胸に染み入る第113回直木賞受賞作":赤瀬川隼『白球残映』 https://t.co/8o5xEm1LkQ
NonEffect_bot383.(ラ)『白球残映』にて第113回直木賞を受賞した作家【赤瀬川隼】あかせがわしゅん(ア)「花鳥風月」シリーズで知られる小説家【綺崎隼】あやさきしゅんcf.324
Bander_Muar【小説(085/365)】赤瀬川隼…『球は転々宇宙間』1983年のデビュー作で、野球が中央集中ではなくサッカーのように地域化していくという仮定で書かれたものですが、現在のプロ野球はそういう傾向が強まってますね。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
赤瀬川隼さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)