トップページ > 作家名一覧 > あから始まる作家名一覧 > 赤瀬川隼

赤瀬川隼

赤瀬川隼さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

赤瀬川 隼(あかせがわ しゅん、本名:赤瀬川隼彦、1931年11月5日 - 2015年1月26日)は、日本の小説家。三重県生まれ。大分第一高等学校(現大分県立大分上野丘高等学校)卒業。旧制中学の同級生に、磯崎新がいた。
住友銀行、外国語教育機関書店などに勤務した後、1983年に『球は転々宇宙間』で吉川英治文学新人賞を受賞しデビュー。『白球残映』にて第113回直木賞受賞。63歳8ヶ月での受賞は歴代4番目に高齢である。『一塁手の生還』等野球をテーマにした小説が多い。
2015年1月26日、肺炎のため死去。1931|11|5|2015|1|26。
帽子作家の赤瀬川晴子は妹。2014年に死去した芥川賞作家で芸術家の赤瀬川原平(尾辻克彦)は弟。長女は『人麻呂の暗号』の著者である藤村由加の一人。

受賞歴

赤瀬川隼関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2015.2.14 『白球残映』直木賞作家、赤瀬川隼さん…野球に人生重ね合わせた"7番打者"

    昭和57年、近未来野球小説『球は転々宇宙間』でデビューし、吉川英治文学新人賞を受賞する。51歳になっていた。6歳下の弟、赤瀬川原平(尾辻克彦)はその2年前に『父が消えた』で芥川賞を受賞している。

  • 2015.1.27 直木賞作家の赤瀬川隼さんが死去

    野球に題材をとった小説で知られる直木賞作家の赤瀬川隼(あかせがわ・しゅん、本名・赤瀬川隼彦=はやひこ)さんが26日、肺炎のため神奈川県内の病院で亡くなった。83歳だった。葬儀・告別式は近親者で行う。

赤瀬川隼関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

kokugokyokasyo僕はまた母と二人きりになり、また、土蔵の明かり窓の下で過ごす時間が長くなった。新たな大きい「喪失」――死んだはずの一範兄が生きて帰っての死――形見の、つやがなくなって干からびたファースト・ミットは、土蔵の僕の机の上に飾ってある。(一塁手の生還/赤瀬川隼/中三)
bibun_n_botNo.125 (タイ)小説「父が消えた」で1980年に芥川賞を受賞した作家は尾辻克彦ですがその兄で、小説「白球残映」で1995年に直木賞を受賞した作家は○○○隼?⇒あかせがわ(赤瀬川)
naokisho_senpyo[88N] 落選● 赤瀬川隼「捕手はまだか」 - 評・池波正太郎「登場人物が、まったくの創作であることを、はじめに打ちあけていながら、読みはじめると、たちまちにひきつけられたのは、フィクションの人物と人生に〔小説としての真実〕があ… https://t.co/5v0x7iX9BW
1n5j8m2sこれから野球漫画で凄いのを描こうと思っても大谷を越える設定が困難なんで、野球漫画は赤瀬川隼さんのような純文学路線をたどるのではないだろうか #大谷翔平
asano_shotaro神宮もいいけど岩槻川通はいいぞ。赤瀬川隼の描くオープン戦の風景、みたいな牧歌的な世界が広がっていますよ社会人野球:東京スポニチ大会、11日開幕 - 毎日新聞 https://t.co/gy00oBil6t
qma_random_bot【文タ】小説『父が消えた』で1980年に芥川賞を受賞した作家は尾辻克彦ですが、その兄で、小説『白球残映』で1955年に直木賞を受賞した作家は○○○隼?○の苗字をひらがなで → あかせがわ (赤瀬川)
d37ciHZ5scYqd7j赤瀬川隼さん、また読みたくなった
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
赤瀬川隼さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)