トップページ > 作家名一覧 > さから始まる作家名一覧 > 桜庭一樹

桜庭一樹

桜庭一樹さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

桜庭 一樹(さくらば かずき、1971年7月26日 - )は、日本の作家、小説家。女性。島根県生まれ、鳥取県米子市出身。ゲームのノベライズやライトノベル、ジュブナイルなどの作品や、山田桜丸名義でゲームシナリオを数多く手がける。
2008年に『私の男』で直木賞を受賞した。他の作品に『GOSICK -ゴシック-』『砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない』『赤朽葉家の伝説』などがある。
=
鳥取県米子市出身)。
小説を書き始めたのは小学校4、5年生のときで、図書室でよく会う女の子がいて、仲良くなり、その子が小説みたいなものを書いていたので、「自分もやってみようかな」と小説の真似みたいなのをノートに書き出したのが最初である。
中高生時代は授業をさぼったり、塾をさぼったりして本を読んでいた。悩みは勉強ができなかったのと、勉強が嫌いだったことだった。鳥取県立米子東高等学校卒業。大学進学で東京にでる。また、本を読んだりバイトをしたりした。

桜庭一樹新刊

  • 発売日
    2019年5月21日
  • 書名
    恋の絵本 (1) すきなひと
  • イラストレーター
    嶽 まいこ
  • 発売日
    2019年2月8日
  • 書名
    傷痕 (文春文庫)
  • 発売日
    2019年2月8日
  • 書名
    傷痕 (文春文庫)

受賞歴

桜庭一樹関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

桜庭一樹関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

bot_9836「その、光ってるのが、わたし。わたしという女そのもの。血の、人形よ。ねぇ、おとうさん、忘れないでね」「なにをだよ?」花の声はかすかになった。もごもごと、つぶやく。俺の裸の胸に、言葉といっしょに花の湿った吐息がかかった。「愛しあっていたこと」私の男/桜庭一樹
RunRunRunba_amてかアレね、男手一つで女の子育てるよっていうの結構あるけどやっぱ桜庭一樹の私の男は色んな意味で最強だったよな
phrase_fav「じゃ、毎日、いったいなにをしているんですか」「……毎日、後悔」(私の男/桜庭一樹)
imp_word抵抗して逃げるのではなくて、花名島の気が済んで、自然に手を止める時を待っているのだ。暴力にいつか終わりがあることを藻屑は知っている。そして終わらなければ死ぬだけだと達観――いや、あきらめているんだ。【砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない】桜庭一樹
tmhtmchrSMシリーズ 森博嗣スカイクロラ 森博嗣十二国記シリーズ 小野不由美スロウハイツの神様 辻村深月葉書でドナルドエヴァンズに 平出隆燃えるスカートの少女 エイミー・ベンダー新世界より 貴志祐介阪急電車 有川浩望楼館追… https://t.co/XCX5b8jzpa
_tataricus娘は、父の穢れた神だ......。(私の男/桜庭一樹)
ironokikuchi女性向けの本で手に取り難かったけど、藤原薫の『おまえが世界をこわしたいなら』は圧巻だった。少女漫画で衝撃を受けたのは後にも先にもそれだけだったなぁ。桜庭一樹さんって言うこれまた女性作家だって後から知るんだけど、『少女には向かない職業』も忘れられない作品だったなぁ。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
桜庭一樹さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)