トップページ > 作家名一覧 > さから始まる作家名一覧 > 桜庭一樹

桜庭一樹

桜庭一樹さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

桜庭 一樹(さくらば かずき、1971年7月26日 - )は、日本の作家、小説家。女性。島根県生まれ、鳥取県米子市出身。ゲームのノベライズやライトノベル、ジュブナイルなどの作品や、山田桜丸名義でゲームシナリオを数多く手がける。
2008年に『私の男』で直木賞を受賞した。他の作品に『GOSICK -ゴシック-』『砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない』『赤朽葉家の伝説』などがある。
=
鳥取県米子市出身)。
小説を書き始めたのは小学校4、5年生のときで、図書室でよく会う女の子がいて、仲良くなり、その子が小説みたいなものを書いていたので、「自分もやってみようかな」と小説の真似みたいなのをノートに書き出したのが最初である。
中高生時代は授業をさぼったり、塾をさぼったりして本を読んでいた。悩みは勉強ができなかったのと、勉強が嫌いだったことだった。鳥取県立米子東高等学校卒業。大学進学で東京にでる。また、本を読んだりバイトをしたりした。

受賞歴

桜庭一樹関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

桜庭一樹関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

ritonotori2どこまでこの世で、どこからあの世なのか。線を引くことは、わたしたち人間には、むずかしい。/桜庭一樹『私の男』
10fumipon3@matoirohac 小川洋子おすすめするならやっぱ博士の愛した数式から入るのがええのかな。個人的には「薬指の標本」って短編集好きだった。あと「ことり」桜庭一樹のハードカバーなら「赤朽葉家の伝説」(分厚い)、「私の男」、「少女七竃と七人のかわいそうな大人」(お耽美)かな。
mario_game0609少なくとも桜庭一樹さんの『砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない』は最初富士見ミステリー文庫でラノベとして出版されたけど、後に一般文庫として出版されてるような作品もあるからなー・・・ラノベ全てを否定するような教師って頭固いねー(笑)
nitta02@mino__No1 @maiko_ono 青春+恋⇨恋空青春+恋+SF⇨有川浩2作品青春+恋+ミステリ⇨冷たい校舎の時は止まる/辻村深月恋⇨冷静と情熱の間/江國香織,辻仁成愛⇨私の男/桜庭一樹番外 漫画⇨いちご100%意外と青春恋愛ものないわ…またあれば教えるよ
snowbunnko『赤朽葉家の伝説』/桜庭一樹同著者らしくない一冊。どこか鬱々として、呪いか、伝説か、始終何やら奇異な現象に取り憑かれている。全て、当時を見ていない過去の人間の語りというのが特徴的で面白い。そして語られるは、ひたすら閉じ込め… https://t.co/GCqFCSVEAd
wakana622基本的に小説や物語の類いならなんでも読むけど、高校の時の現代文の先生が本を沢山読む人で、結構クセのあるものを進めてくるんだけどキライじゃなかったな。変な話って言うのも失礼だけど、変な話ばっかりだった。赤朽葉家の伝説とか。そっから桜庭一樹の独特な世界にハマったけど病んでるよな。
QMA_Mys_Bot2[パネル]2007年に日本推理作家協会賞を受賞した桜庭一樹の小説は『○○○○の伝説』?[製赤天鉄使族朽聖家葉] → 赤朽葉家 ※(分岐)その登場人物・赤朽葉毛毬が主人公の、2009年に刊行されたスピンオフ作品は○○○○? → 製鉄天使。個人的には分岐しなかったことがないですが(
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
桜庭一樹さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)