トップページ > 作家名一覧 > さから始まる作家名一覧 > 桜庭一樹

桜庭一樹

桜庭一樹さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

桜庭 一樹|さくらば かずき|1971年7月26日 - は、日本の作家、小説家。島根県生まれ、鳥取県米子市出身。ゲームのノベライズやライトノベル、ジュブナイルなどの作品や、山田桜丸名義でゲームシナリオを数多く手がける。
2008年に『私の男』で直木賞を受賞した。他の作品に『GOSICK -ゴシック-』『砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない』『赤朽葉家の伝説』などがある。
=
鳥取県米子市出身)。
小説を書き始めたのは小学校4、5年生のときで、図書室でよく会う女の子がいて、仲良くなり、その子が小説みたいなものを書いていたので、「自分もやってみようかな」と小説の真似みたいなのをノートに書き出したのが最初である。
中高生時代は授業をさぼったり、塾をさぼったりして本を読んでいた。悩みは勉強ができなかったのと、勉強が嫌いだったことだった。鳥取県立米子東高等学校卒業。大学進学で東京にでる。また、本を読んだりバイトをしたりした。

受賞歴

桜庭一樹関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

桜庭一樹関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

_tataricus娘は、父の穢れた神だ......。(私の男/桜庭一樹)
Wj0r6d@iyu_cr 読んだことなければ桜庭一樹先生の作品を是非!!
olive_of_rilke桜庭一樹は本当にすごいので小説も読んだ方がいいですよ
0111uni同じ著者で「つめたい夜に/江國香織」「花伽藍/中山可穂」は短編集なので柔らかい文体でスキマ時間に読むならこちらもするする読めると思います。桜庭一樹は1番有名なのは「私の男」か「砂糖菓子の弾丸は〜」ですが、文章の装飾がきれいで詩的なのは「赤×ピンク」かな〜という感じです。
TONITA108#名刺代わりの小説10選『銃』中村文則『遮光』中村文則『地下室の手記』ドストエフスキー『人間失格』太宰治『ハーモニー』伊藤計劃『マルドゥック・スクランブル』冲方丁『私の男』桜庭一樹『金閣寺』三島由紀夫『新世界より』貴志祐介『消滅世界』村田沙耶香
mfmfbooks[砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない/桜庭一樹] 自称人魚と自衛官志望の少女なぎさの物語。最初の一頁目から衝撃の展開が待ち受けている。自分1人では生きていけない少女たちの闘い。「好きって絶望だよね。」この台詞は名言だと思った。
booktitle_bot『砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない』桜庭一樹
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
桜庭一樹さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)