トップページ > 作家名一覧 > さから始まる作家名一覧 > 桜庭一樹

桜庭一樹

桜庭一樹さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

桜庭 一樹(さくらば かずき、1971年7月26日 - )は、日本の作家、小説家。女性。島根県生まれ、鳥取県米子市出身。ゲームのノベライズやライトノベル、ジュブナイルなどの作品や、山田桜丸名義でゲームシナリオを数多く手がける。
2008年に『私の男』で直木賞を受賞した。他の作品に『GOSICK -ゴシック-』『砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない』『赤朽葉家の伝説』などがある。
=
鳥取県米子市出身)。
小説を書き始めたのは小学校4、5年生のときで、図書室でよく会う女の子がいて、仲良くなり、その子が小説みたいなものを書いていたので、「自分もやってみようかな」と小説の真似みたいなのをノートに書き出したのが最初である。
中高生時代は授業をさぼったり、塾をさぼったりして本を読んでいた。悩みは勉強ができなかったのと、勉強が嫌いだったことだった。鳥取県立米子東高等学校卒業。大学進学で東京にでる。また、本を読んだりバイトをしたりした。

桜庭一樹新刊

  • 発売日
    2018年9月25日
  • 書名
    日本軍兵士の真実 (中央公論 Digital Digest)

受賞歴

桜庭一樹関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

桜庭一樹関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

37da_eMa書評がやたら良くて気になってた『少女七竃と七人の可愛そうな大人』買ったぞ〜。角川から出てる桜庭一樹シリーズ表紙も可愛い。 https://t.co/vhkeibBpCF https://t.co/AhGfwoEc9g
_tataricus「ぼくは……誰かを助けられるときは助けたいと思ってる。でも自分ひとりの力では無理なときもあるってもうわかってる。ぼくは分別と限界を知る大人になってしまった。……だから思いが及ばない悲劇の前で……ぼくは……」「ーー祈る」(GOSICK BLUE/桜庭一樹)
ShinkanRemind@h48445510 桜庭一樹 さんの新刊が見つかりました! 日本軍兵士の真実 (中央公論 Digital Digest) https://t.co/DjtlXqaAh3
nanon_white桜庭一樹の「無花果とムーン」を読んだけど、私が思春期の瑞々しさを失ったせいで楽しめなかったな。
booktitle_bot『砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない』桜庭一樹
imp_word抵抗して逃げるのではなくて、花名島の気が済んで、自然に手を止める時を待っているのだ。暴力にいつか終わりがあることを藻屑は知っている。そして終わらなければ死ぬだけだと達観――いや、あきらめているんだ。【砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない】桜庭一樹
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
桜庭一樹さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)