トップページ > 作家名一覧 > さから始まる作家名一覧 > 桜庭一樹

桜庭一樹

桜庭一樹さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

桜庭 一樹|さくらば かずき|1971年7月26日 - は、日本の作家、小説家。島根県生まれ、鳥取県米子市出身。ゲームのノベライズやライトノベル、ジュブナイルなどの作品や、山田桜丸名義でゲームシナリオを数多く手がける。
2008年に『私の男』で直木賞を受賞した。他の作品に『GOSICK -ゴシック-』『砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない』『赤朽葉家の伝説』などがある。
=
鳥取県米子市出身)。
小説を書き始めたのは小学校4、5年生のときで、図書室でよく会う女の子がいて、仲良くなり、その子が小説みたいなものを書いていたので、「自分もやってみようかな」と小説の真似みたいなのをノートに書き出したのが最初である。
中高生時代は授業をさぼったり、塾をさぼったりして本を読んでいた。悩みは勉強ができなかったのと、勉強が嫌いだったことだった。鳥取県立米子東高等学校卒業。大学進学で東京にでる。また、本を読んだりバイトをしたりした。

受賞歴

桜庭一樹関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

桜庭一樹関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

_tataricus娘は、父の穢れた神だ......。(私の男/桜庭一樹)
kim_promare@okomebitsu どっち!?どっち!?作者は「桜庭一樹」でお父さんの名前は「淳吾」…でも書き出しが最高に美しいですよ、 「私の男は、ぬすんだ傘をゆっくり広げながら、こちらに歩いてきた。」とかって…書き出しで…なに…??美しいな…
bot_e_d【赤朽葉家の伝説】著/桜庭一樹日本推理作家協会賞を受賞した作品。主にライトノベル方面で活躍していた桜庭氏が一般文壇において高い評価を得るきっかけになった作品だね。<あらすじ>千里眼の祖母、漫画家の母、そして何者でもない私。戦後史を背景に鳥取の旧家に生きる三代の女たちを描く。
cottage1819c_04@urumiru_rh 桜庭一樹を知らないからって、教養がないとは言えないんじゃないかな?
s1_5l桜庭一樹の本買ったので読むね
phrase_fav家を出て歩き出したときにすれ違ったあれ、あの濃いピンク色をした霧が、友彦が生活や未来や友達や恋と引き替えに手に入れた神だったのかもしれなかった。(砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない/桜庭一樹)
ko10ba東京の花火大会って、年に一回じゃないのね。あっちこっちで、なんどもなんどもするんだって。なんだか、なんでも取り返しがつくみたい『私の男』桜庭一樹
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
    現在話題の賞ランキング
    桜庭一樹さんと同じ賞の受賞作家
    最新小説ニュース
    (外部リンク)
    ブログ(更新履歴等)