トップページ > 作家名一覧 > さから始まる作家名一覧 > 桜庭一樹 > 私の男

私の男(桜庭一樹)

私の男(著者:桜庭一樹)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:私の男
  • 著者:桜庭 一樹
  • ページ数:381
  • 出版社:文藝春秋
  • ISBN-10:4163264302
  • ISBN-13:9784163264301

桜庭一樹新刊

  • 発売日
    2020年2月5日
  • 書名
    博奕のアンソロジー (光文社文庫)
  • 発売日
    2020年1月17日
  • 書名
    ファミリーポートレイト (集英社文庫)

私の男関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

桜庭一樹のその他受賞歴(候補含む)

私の男関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

_tataricus娘は、父の穢れた神だ......。(私の男/桜庭一樹)
phrase_fav「じゃ、毎日、いったいなにをしているんですか」「……毎日、後悔」(私の男/桜庭一樹)
kimoti_P桜庭一樹さんの『砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない』読了しました。後年の名作『私の男』を読んだ時に「ぼくが書きたいお話これでは?」って思ったけど、この作品読んだ時の感想も「ぼくが書きたいお話これでは?」だった。登場人物全てが不細… https://t.co/T43e4Cjnyk
dokusyo_kこれは昨日の #読了 本桜庭一樹さんの本は確か「私の男」が一番最初の読了本です https://t.co/kTd89mYrOh
aSv88McBYzOYTFC@xchiyuxyun 桜庭一樹「私の男」はおすすめです。直木賞を受賞した後映画化もされています。
bot_9836「その、光ってるのが、わたし。わたしという女そのもの。血の、人形よ。ねぇ、おとうさん、忘れないでね」「なにをだよ?」花の声はかすかになった。もごもごと、つぶやく。俺の裸の胸に、言葉といっしょに花の湿った吐息がかかった。「愛しあっていたこと」私の男/桜庭一樹
shiori_ara_suji#美しい小説の1行目私の男は、ぬすんだ傘をゆっくりと広げながら、こちらに歩いてきた。桜庭一樹『私の男』より#小説好きと繋がりたい#読書好きな人と繋がりたい
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)