トップページ > 作家名一覧 > さから始まる作家名一覧 > 桜庭一樹 > 私の男

私の男(桜庭一樹)

私の男(著者:桜庭一樹)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:私の男
  • 著者:桜庭 一樹
  • ページ数:381
  • 出版社:文藝春秋
  • ISBN-10:4163264302
  • ISBN-13:9784163264301

私の男関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

桜庭一樹のその他受賞歴(候補含む)

私の男関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

_tataricus娘は、父の穢れた神だ......。(私の男/桜庭一樹)
describegravity記憶の奥底に沈んでいる、かつて見慣れた夜の海のような、底のない、ものすごい暗さだった。さっきの待ち合わせ場所に、革靴を濡らしながらゆっくりと近づいてきた私の男のことを、また、考えた。『私の男』桜庭一樹
bot_9836「その、光ってるのが、わたし。わたしという女そのもの。血の、人形よ。ねぇ、おとうさん、忘れないでね」「なにをだよ?」花の声はかすかになった。もごもごと、つぶやく。俺の裸の胸に、言葉といっしょに花の湿った吐息がかかった。「愛しあっていたこと」私の男/桜庭一樹
Nakospring_trpg桜庭一樹の「私の男」を読み始めたんですが、なんというか、コピペした笑顔を顔面に貼り付けて「ウワァ」と言いながら口からブラックコーヒーを垂れ流したい感覚です。ウワァ。
kotoba_11身内しか愛せない人間は、結局、自分しか愛せないのと同じだ。@私の男/桜庭一樹
osskkhmtys#読了『私の男』桜庭一樹主人公と男の奇妙な関係が好きでした。二人がしたことは恐ろしいし、間違ってもいるけど、それを補ってあまりある幸福も同時に存在していたのではないかと思います。物語の構造が面白くて、絶対にもう一度読み返したくなる作品です。
mamalaider桜庭一樹も再履修したいなぁ……(『私の男』あたりで読まなくなっちゃった
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)