トップページ > 作家名一覧 > げから始まる作家名一覧 > 源氏鶏太

源氏鶏太

源氏鶏太さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

源氏 鶏太(げんじ けいた、1912年(明治45年)4月19日 - 1985年(昭和60年)9月12日 )は、日本の小説家。富山市出身。旧制富山商業学校(現・富山県立富山商業高等学校)卒。本名、田中富雄。ペンネームの由来は「平家より源氏が好きなこと」と「『鶏』という字が好きで、『鶏太』とすると、昔の武士の名前のようになる」という理由。長男の田中継根はロシア文学研究者で東北大学名誉教授。
父は富山の置き薬売りで、家庭は豊かではなかった。7人兄弟の末っ子だったが、兄・姉たちとは年がはなれており、源氏が物心つく頃には兄・姉たちは家を出ていたため、母と2人で暮らす。富山商業学校時代は、中山輝に師事して詩を書いていた。詩誌『新詩脈』の同人には、友人で詩人の川口清がいた。
1930年、大阪の住友合資会社(1937年に住友本社に改組)に入社し、経理課長代理まで昇進した。戦後の財閥解体時は、GHQからの指示で、住友本社の清算事務を担当した。その後は、泉不動産(現・住友不動産)で総務部次長を務め、サラリーマン時代はずっと経理畑を歩んだ。そのため、後に作家専業になった際に「数字に強い」と、日本文芸家協会の経理担当を長らく務めることになった。なお、住友の大先輩に重役の川田順がおり、「副業で小説を書いていることで、社内で文句を言われたら、自分のところにきてくれればいいよ」と励まされたという。
先に大阪に住んでいた、やはり文学青年だった長兄の影響で、就職後に小説を書くようになる。
戦前は「副収入」も兼ねて様々な雑誌の懸賞小説に応募した。その頃は、投稿のたびにペンネームを変えていたが、「源氏鶏太」も1度使用している。1934年、「村の代表選手」が『報知新聞』のユーモア小説を受賞し、初めて活字になる。また、『婦人公論』が「女性に限る」として詩を募集した時は、偽った女性名のペンネームで応募し、入選したこともある。
1944年6月に海軍に召集され、舞鶴防衛隊に配置される。のち、無線教育を受け、1945年6月には特設駆潜艇第七富久川丸に電探兵として乗り込み、終戦を迎えた。
戦後は、会社の給料のみで暮らしていけなくなったため、さらに本腰を入れて小説を書く。ペンネームも「源氏鶏太」に固定して、1947年に短編「たばこ娘」を『オール讀物』に発表した。これは、たばこにマニアックにこだわる男を描いた作品だった。1948年には『大阪新聞』に初の長編『女炎なすべし』を連載、同年に最初の単行本として刊行される。
また、大阪文壇に大きな力を持っていた藤沢桓夫に対抗して作られた、作家集団「在阪作家倶楽部」に参加し、長谷川幸延、宇井無愁、茂木草介、京都伸夫らを知る。
1948年、宇野千代が社長だったスタイル社が創刊した『スタイル読物版』に、初の「サラリーマン小説」である『浮気の旅』を発表する。この作品は好評で、日本文芸家協会編の『現代小説選集』にも収録された。以後、それまで日本文壇でほとんど書かれたことがなかった「サラリーマンの人生の悲喜劇を描いた小説」である、サラリーマン小説を書き続けるようになる。1948年12月、住友の子会社「泉不動産」の総務部次長として東京に赴任。
1950年には、サラリーマン小説「随行さん」「目録さん」「木石にあらず」で、上半期・下半期の直木賞候補になる。そして、1951年「英語屋さん」他で第25回直木賞を受賞する。同作は、通訳専門の嘱託社員として採用された、通称「英語屋さん」と他の社員たちとの交流を描いた短編小説で、実際に住友社内にモデルとなる人物がいた。以降も、ユーモアあふれるサラリーマン物の小説を多数発表し、「サラリーマン小説の第一人者」と呼ばれた。
1956年、作家に専念するため、勤続25年目で会社を退職した。1958年より直木賞選考委員を務めた。
初期・中期の作品は、大半が映画化またはドラマ化されており、映画化作品は80作を超えている。特に、GHQにより戦前よりの会社の重役陣が退社させされ、本来重役になるべきではない人物たちがサラリーマン重役になったという連作短編集『三等重役』は、「三等重役」という言葉自体を流行させるほどの反響を呼んだ。河村黎吉が社長役、森繁久彌が人事課長役で1952年に東宝により映画化もされ、ヒット作となった。この映画は、河村が死去したために森繁が社長役となって「社長シリーズ」としてシリーズ化され、東宝のドル箱映画となった。源氏は1961年に、東宝の監査役に就任している。また、1955年に発表された『七人の孫』も、森繁主演でテレビドラマ化され、人気を博した。

中野実などのユーモア小説の流れを汲んで、軽妙な筆致で恋愛を描き、1961年に『婦人公論』に連載された「御身」は、金で買われることから始まった男女関係が恋愛に結実するまでを描いて、当時の独身男女の「恋愛至上主義」に鋭い批判を突きつけた。
晩年は、従来のユーモア物に物足りなさを感じてブラック・ユーモアを志向し、会社内に恨みをもったサラリーマン幽霊が現れる小説など「怪談系の小説」を多く発表した。
戦争中に海軍に所属していたことから、池島信平と十返肇が創設した「文人海軍の会」の会員だった(他の会員は阿川弘之、豊田穣など)。

源氏鶏太新刊

  • 発売日
    2017年11月9日
  • 書名
    家庭の事情 (ちくま文庫)
  • 発売日
    2017年10月7日
  • 書名
    〆切本2

受賞歴

源氏鶏太関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2012.7.5 高志の国文学館 あすオープン

    県ゆかりの作家や文学作品を紹介する「高志(こし)の国文学館」が6日、富山市舟橋南町にオープンする。アニメなどを使って文学を親しみやすく、ビジュアルに見せる工夫が凝らされた館内が4日、報道陣に公開された。

  • 2012.5.29 【書評ウォッチ】会社員を仕事と家庭の両面から 新しい視点で現代的文学論

    「会社員小説」というジャンル、文学の中にあったっけ? いくらでもありそうだが、はっきり聞いたことはあまりない。日本人の多くが、間違いなく会社員なのに……。そういう疑問に答える文学論『会社員とは何者か?』(伊井直行著、講談社)を、日経と東京新聞がとりあげた。

  • 2012.4.19 源氏鶏太生誕100年文学展

    サラリーマンの悲哀や奮闘ぶりを描き「サラリーマン小説」というジャンルを確立した富山市出身の直木賞作家、源氏鶏太の足跡をたどる文学展が開かれています。

源氏鶏太関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

bikasebu(スロ)戦後に前社長が公職追放されたために社長に就任した、能力の乏しい人物を描いた源氏鶏太の小説で流行語にもなったのは? A三等重役
driftwednesday娯楽小説における同時代性の壁は越え難いもので、例えば源氏鶏太のような大作家すら破れている。一方で池波・司馬のような娯楽時代小説は、端から異界の中に汎時代的なテーマを組み込む事で、没後数十年経っても読者が付く幸運に恵まれたのだと思… https://t.co/yWTuB8kfEf
wqv5mbs9映像化された作品は80本以上? かつてのサラリーマン小説の旗手、源氏鶏太とは https://t.co/8KHfyW8FFV
wqv5mbs8映像化された作品は80本以上? かつてのサラリーマン小説の旗手、源氏鶏太とは https://t.co/1nFq0S0aPo
lifehack11映像化された作品は80本以上? かつてのサラリーマン小説の旗手、源氏鶏太とは | https://t.co/rSKWVLKPqy
pnkcsmsおや?お知らせが届いたようです… 映像化された作品は80本以上? かつてのサラリーマン小説の旗手、源氏鶏太とは https://t.co/SGMzZsUkED
naokisho_senpyo[44N] 落選● 星新一ショートショート - 評・源氏鶏太「実に面白い。しかし、文学的な面白さとは思われなかった。」 https://t.co/A4BrqeJgZ9
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
源氏鶏太さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)