トップページ > 作家名一覧 > おから始まる作家名一覧 > 小野不由美

小野不由美

小野不由美さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

小野 不由美(おの ふゆみ、1960年12月24日 - )は、日本の小説家、同人作家。女性。
大分県中津市出身、京都市在住。血液型はO型。夫は推理作家の綾辻行人。代表作はテレビアニメ化された『悪霊シリーズ』、『十二国記シリーズ』、『屍鬼』。
1960年(昭和35年)12月24日、大分県中津市に生まれる。1976年、大分県立中津南高等学校に入学。アニメーション&漫画研究部を設立、初代会長を務めた。
1979年、大谷大学文学部仏教学科に入学する。目標を見失うが、大学時代に書いた小説を読んだ編集から小説を書かないかと誘われる。それまで小説家になろうと積極的に考えたことはなかったという。1988年、『バースデイ・イブは眠れない』で講談社X文庫ティーンズハートからデビューする。1989年、悪霊シリーズ第1作『悪霊がいっぱい!?』を発表。足掛け5年つづく人気シリーズとなり、後にコミック化、テレビアニメ化された。1992年、十二国記シリーズの第1作『月の影 影の海』を発表。著者の代表作となるが2016年現在も未完。
1993年、『東亰異聞』が第5回日本ファンタジーノベル大賞の最終候補作になる。後に新潮社より刊行。1996年、『図南の翼』が「本の雑誌」のベスト10に選出。北上次郎が週刊誌の書評欄で絶賛するなど、少女小説の範疇を越えて注目を集める。1998年、原稿用紙3500枚の大作である『屍鬼』を発表。ベストセラーとなり、世間に広く名が知られるようになる。1999年、『屍鬼』が第12回山本周五郎賞、日本推理作家協会賞の候補作になる。2010年、悪霊シリーズが、メディアファクトリーより『ゴーストハント』として刊行スタートする。全面的に改稿され、題名も変更された。2012年、『十二国記』が、新潮文庫に版元を変えて刊行スタートする。一部テキストにも手が加えられている。2013年6月には、12年ぶりのシリーズ最新作となる短篇集『丕緒の鳥』が出版される。書き下ろしの新作も続刊。講談社版とあわせて約800万部のベストセラーとなる。2013年5月、『残穢』で第26回山本周五郎賞を受賞する。

小野不由美新刊

  • 発売日
    2017年9月5日
  • 書名
    To LOVEる 文庫版 コミック 全10巻完結セット (集英社文庫―コミック版)
  • 発売日
    2017年6月29日
  • 書名
    怪談専門誌 幽 VOL.27 (カドカワムック 700)

受賞歴

小野不由美関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

小野不由美関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

matsuyama7232小野不由美主上のお帰りをずっと待ち続けている訓練された読者です
KOTOBAbot1009ひとりでひとりで、この世界にたったひとりで、助けてくれる人も慰めてくれる人も、誰ひとりとしていなくても。それでも陽子が他者を信じず卑怯にふる舞い、見捨てて逃げ、ましてや他者を害することの理由になどなるはずがないのに。〜月の影影の海(小野不由美)〜
fg3q1g69どっちを選んでいいか分からないときは、 自分がやるべきほうを選んでおくんだ。 そういうときはどっちを選んでも 必ずあとで後悔する。 … やるべきことを選んでおけば、 やるべきことを放棄しなかったぶんだけ、 後悔が軽くてすむ。 by 十二国記『月の影 影の海』、小野不由美
kai_uuu317小野不由美さん森博嗣さん桜庭一樹さん畠中恵さん宮部みゆきさん伊坂幸太郎さん乃南アサさん恩田陸さんetc 大好き#小説 #読書 #友達募集 #フォローしてね
soxanyguhub相手を信じられない時、 得てして人は相手ではなく、 自分への確信を失っているのだ。 by 十二国記、小野不由美
kizerobitkk嫌味を言われたり邪険にされたり、馬鹿にされたぐらいで減るプライドなら、ゴミに出しちゃいなさい。そんなのあっても役に立たないから。(小野不由美)
blotzky_roa小野不由美の『黒祠の島』はゲームの『SIREN2』の元ネタの一つ。『SIREN』は『屍鬼』。あとやってないけど、ひぐらしも『黒祠の島』から影響受けてるみたいなの聞いたぞ。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
小野不由美さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)