トップページ > 作家名一覧 > おから始まる作家名一覧 > 荻原浩

荻原浩

荻原浩さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

荻原 浩(おぎわら ひろし、1956年6月30日 - )は、日本の小説家・推理作家。埼玉県大宮市(現・さいたま市)出身、成城大学経済学部卒業。
大学在学中は広告研究会に所属。1980年、大学卒業後、広告代理店に入社。1991年、ふたつめの広告代理店を辞めて独立し、フリーのコピーライターとして築地に事務所を構える。39歳のときに小説を書き始める。小説を書き始めた理由について『作家の履歴書』では「広告の文章ってどこまで書いても所詮はひとのもの」であり、「だれにも邪魔されない文章を書いてみたくなった」から、『私がデビューしたころ』では「暇が怖かったから」「毎日の仕事に倦んでいた」からだと答えている。
1997年、初めて書いた長編小説『オロロ畑でつかまえて』で第10回小説すばる新人賞を受賞し小説家デビュー。デビュー作とそれに続く『なかよし小鳩組』はユーモア小説だったが、当初『小説推理』に連載する予定だった第三長編『ハードボイルド・エッグ』で初めてミステリを発表した。
なかなかヒットに恵まれなかったが、若年性アルツハイマーをテーマに2004年に発表された『明日の記憶』が、翌年(2005年)の第2回本屋大賞の第2位にランクインする。そしてその1か月後の同年5月、第18回山本周五郎賞に輝く。同作品は俳優の渡辺謙がロサンゼルスの本屋で知りその内容に深く感動、渡辺自ら原作者の荻原に「映画化させてほしい」と手紙で懇願、監督に堤幸彦を迎え、2006年5月に映画化された。なおこれが渡辺自身にとって初主演作品となる。ちなみに、当初渡辺謙から手紙が来た際には「まさか本人ではないだろう」と思っていたが、これが本人のものだと知り仰天したというエピソードが残っている|date=2016年7月。
作品の傾向としては、『噂』などの初期の推理小説寄りの作品のほか、サラリーマンやその退職者を主人公としたものなど幅広い。

荻原浩新刊

  • 発売日
    2018年8月7日
  • 書名
    「いじめ」をめぐる物語 (朝日文庫)
  • 発売日
    2018年6月15日
  • 書名
    金魚姫 (角川文庫)
  • 発売日
    2018年4月20日
  • 書名
    逢魔が時に会いましょう (集英社文庫)

受賞歴

荻原浩関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

荻原浩関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

kkk12aaak@AMeiMiu 最近読んだ本では、荻原浩さんの砂の王国と薬丸岳さんの少年Aがおすすめです!
midorizosan【砂の王国(上)/荻原 浩】を読んでいる本に追加 → https://t.co/HpC7rTv8D1 #bookmeter
natu725572@xamenmea フゾクジョが這い上がって天下取る小説私も探してます笑一枚目のあらすじは萩原浩「砂の王国(上)」二枚目のあらすじは萩原浩「オロロ畑でつかまえて」三枚目のあらすじは荻原浩「砂の王国(下)」このあたりアレンジしてつくりました。
dsz_010高3の終わらない夏休みを描く青春ミステリとかいうあらすじが好きすぎて読み始めた荻原浩さんのコールドゲーム、大変に良かった…
umeko_yasumi@takitakitakimi 「砂の王国」(荻原浩)。ホームレスになった元サラリーマンが、新興宗教を興す話。コミュ障の天才が、その才能を見出した人とコンビを組み、互いになくてはならない存在になっていく話が好きなので、物凄くツ… https://t.co/cq11GVNHAN
QbY22DsI7qJmpTz「オロロ畑でつかまえて」を読みました作者の荻原浩さんは「ハードボイルド・エッグ」で好きになって最近ハマってる作家さんたっぷりのユーモアとちょっぴりの人情が格別なんだ
boobookwords言えばいいのに。素直にそういえばよかったのに。そうしたらもう少しは、あとほんの少しぐらいは優しくしてやったのに。(『ハードボイルド・エッグ』荻原浩p374)
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
荻原浩さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)