トップページ > 作家名一覧 > おから始まる作家名一覧 > 荻原浩

荻原浩

荻原浩さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

荻原 浩(おぎわら ひろし、1956年6月30日 - )は、日本の小説家・推理作家。埼玉県大宮市(現・さいたま市)出身、成城大学経済学部卒業。
大学在学中は広告研究会に所属。1980年、大学卒業後、広告代理店に入社。1991年、ふたつめの広告代理店を辞めて独立し、フリーのコピーライターとして築地に事務所を構える。39歳のときに小説を書き始める。小説を書き始めた理由について『作家の履歴書』では「広告の文章ってどこまで書いても所詮はひとのもの」であり、「だれにも邪魔されない文章を書いてみたくなった」から、『私がデビューしたころ』では「暇が怖かったから」「毎日の仕事に倦んでいた」からだと答えている。
1997年、初めて書いた長編小説『オロロ畑でつかまえて』で第10回小説すばる新人賞を受賞し小説家デビュー。デビュー作とそれに続く『なかよし小鳩組』はユーモア小説だったが、当初『小説推理』に連載する予定だった第三長編『ハードボイルド・エッグ』で初めてミステリを発表した。
なかなかヒットに恵まれなかったが、若年性アルツハイマーをテーマに2004年に発表された『明日の記憶』が、翌年(2005年)の第2回本屋大賞の第2位にランクインする。そしてその1か月後の同年5月、第18回山本周五郎賞に輝く。同作品は俳優の渡辺謙がロサンゼルスの本屋で知りその内容に深く感動、渡辺自ら原作者の荻原に「映画化させてほしい」と手紙で懇願、監督に堤幸彦を迎え、2006年5月に映画化された。
「器用貧乏なのかもしれない」と自己分析することもある。

荻原浩新刊

  • 発売日
    2019年11月18日
  • 書名
    ストロベリーライフ (毎日文庫) (毎日文庫 お 1-1)

受賞歴

荻原浩関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

荻原浩関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

hit4boy荻原浩『 神様からひと言』リストラ一歩手前の部署で鬱屈した日々を過ごす主人公。理不尽さに読み手のこちらまで凹んでしまいますが、この手の作品のお約束通りの展開が待っています。結末の驚きは少なく、予定調和だからこそ心地良いのだと思います。https://t.co/oIp5Tq126C
boobookwords数字なんか信じる前に自分を信じろ。陽のあたる場所は自分で探すんだ。猫だってそうしてる。(『サニーサイドエッグ』荻原浩p364)
mVnFFD1nPCd9F4k「明日の記憶 」荻原 浩主人公は若年性アルツハイマーと診断される。この病は当人が自覚しながら進行していく。物忘れから始まり、大切な人を忘れ、忘れている事にすら気付けなくなる。最終的には自分自身を失う。自分または大切な… https://t.co/C1ys22YYrJ
966kuroro966【押入れのちよ (新潮文庫)/荻原 浩】〝短編工場〟つながり。荻原浩さんの短編集。どの作品もホラー&ミステリーテイスト。ちょっと前向きになれるのが〝コール〟。〝押入れの千代〟は、長編で読みたいが… → https://t.co/GuMFTeBXHV #bookmeter
Hudsone888【本当に面白い小説を探す企画】小説「噂」(荻原浩)がすげー面白いっていう「噂」を流します笑詳しくは本編を読んで!!https://t.co/bVyObjxY8m
honzuki_jpいちご栽培を生業としている実家の父が倒れた。それで、亮介は手伝うつもりでいちご栽培を引き継ぐ。次々起こる問題を克服しながら、最後はハッピーRンド。 『ストロベリーライフ/荻原浩/毎日新聞出版』 https://t.co/lWuXuaTmYH #本が好き
kazu7honyomi文庫で読んで良かったのは著者あとがきが読めたこと。これは必読。少しでもこの作品が気になった方は下巻の417頁へ。本文未読でも全く問題無。また荻原浩の本書の選評が秀逸すぎるので引用「見てきたようなホラを吹くのが小説家だとしたらこの作… https://t.co/NR5o19bPsA
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
荻原浩さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)