トップページ > 作家名一覧 > おから始まる作家名一覧 > 荻原浩

荻原浩

荻原浩さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

荻原 浩(おぎわら ひろし、1956年6月30日 - )は、日本の小説家・推理作家。埼玉県大宮市(現・さいたま市)出身、成城大学経済学部卒業。
大学在学中は広告研究会に所属。1980年、大学卒業後、広告代理店に入社。1991年、ふたつめの広告代理店を辞めて独立し、フリーのコピーライターとして築地に事務所を構える。39歳のときに小説を書き始める。小説を書き始めた理由について『作家の履歴書』では「広告の文章ってどこまで書いても所詮はひとのもの」であり、「だれにも邪魔されない文章を書いてみたくなった」から、『私がデビューしたころ』では「暇が怖かったから」「毎日の仕事に倦んでいた」からだと答えている。
1997年、初めて書いた長編小説『オロロ畑でつかまえて』で第10回小説すばる新人賞を受賞し小説家デビュー。デビュー作とそれに続く『なかよし小鳩組』はユーモア小説だったが、当初『小説推理』に連載する予定だった第三長編『ハードボイルド・エッグ』で初めてミステリを発表した。
なかなかヒットに恵まれなかったが、若年性アルツハイマーをテーマに2004年に発表された『明日の記憶』が、翌年(2005年)の第2回本屋大賞の第2位にランクインする。そしてその1か月後の同年5月、第18回山本周五郎賞に輝く。同作品は俳優の渡辺謙がロサンゼルスの本屋で知りその内容に深く感動、渡辺自ら原作者の荻原に「映画化させてほしい」と手紙で懇願、監督に堤幸彦を迎え、2006年5月に映画化された。なおこれが渡辺自身にとって初主演作品となる。ちなみに、当初渡辺謙から手紙が来た際には「まさか本人ではないだろう」と思っていたが、これが本人のものだと知り仰天したというエピソードが残っている|date=2016年7月。
作品の傾向としては、『噂』などの初期の推理小説寄りの作品のほか、サラリーマンやその退職者を主人公としたものなど幅広い。

荻原浩新刊

  • 発売日
    2018年4月20日
  • 書名
    逢魔が時に会いましょう (集英社文庫)
  • 発売日
    2018年3月9日
  • 書名
    極小農園日記
  • 発売日
    2018年1月17日
  • 書名
    海馬の尻尾

受賞歴

荻原浩関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

荻原浩関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

naokisho_senpyo[144N] 落選● 荻原浩『砂の王国』 - 評・桐野夏生「この作品にはなぜか既視感が付き纏う。先行作品のあるなしではなく、新興宗教成功譚の枠から外れていないせいであろうか。」 https://t.co/A4BrqeJgZ9
25en25#読了『千年樹』荻原浩千年そこに存在するクスノキは、さまざまな人間を見てきた。時を越えて、そこで途絶えた命は同じ匂いがする魂に呼び寄せられ巡り会う。いつの時代も、悩み苦しむ人間たち。繰り返される人間の所業に、大樹は何を… https://t.co/0LVJ0SxMjn
gemi3020【極小農園日記/荻原 浩】萩原…荻原さん選りすぐり?かき集め?の初エッセイ集。やっぱりエッセイって人となりがよく分かる。「明日の記憶」や「砂の王国」みたいにシリアスな作品と結びつかない所が良い。… → https://t.co/qfqBAVTWry #bookmeter
AwardAuthor「まずお歳を聞かせて下さい」「ここはどこですか」「次の三つの言葉を覚えて下さい。いいですか、あさがお、飛行機、いぬ」「今日は何曜日ですか」最初は物忘れ程度に思っていたが、若年性アルツハイマーの初期症状と告げられた。身につまされる傑作長編小説。本屋大賞2位受賞作『明日の記憶』荻原浩
birdgraphics本日のおすすめは荻原浩さんの『逢魔が時に会いましょう』。日本各地のあやしいもの大捜索。布目准教授と助手の真矢が、座敷わらし、河童、天狗を探す珍道中。笑いと涙のなかに郷愁を誘うもののけ物語。装丁は鈴木久美さん!装画は木内達朗さんで… https://t.co/JeKM755Zfo
danatuusin逢魔が時に会いましょう/荻原浩読んでいて思わず笑っちゃうユーモア短編小説。ゆったりほっこりとした気分になれて、寝る前本に最適です。https://t.co/sgOFr6VuLj
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
荻原浩さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)