トップページ > 作家名一覧 > くから始まる作家名一覧 > 窪美澄

窪美澄

窪美澄さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

窪 美澄(くぼ みすみ、1965年 - )は、日本の女性小説家。
東京都稲城市生まれ。カリタス女子高等学校卒業。短大中退後、広告制作会社勤務を経て、出産後フリーランスの編集ライターとして働く。妊娠、出産、子育て、女性の体と健康を中心にすえ、占星術、漢方などをテーマに、書籍、雑誌、webの世界で活動。
2009年「ミクマリ」で第8回R-18文学賞大賞を受賞し小説家デビュー。2011年、受賞作を収録した『ふがいない僕は空を見た』(新潮社)で第24回山本周五郎賞受賞、第8回本屋大賞第2位。同作はタナダユキ監督により映画化され、第37回トロント国際映画祭に出品された。2012年、『晴天の迷いクジラ』で第3回山田風太郎賞受賞。

窪美澄新刊

  • 発売日
    2017年5月25日
  • 書名
    水やりはいつも深夜だけど (角川文庫)

受賞歴

窪美澄関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

窪美澄関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

book_beans2011年本屋大賞は、『謎解きはディナーのあとで』 著/東川篤哉(小学館)だったね。執事:櫻井翔君、お嬢様:北川景子でドラマ化されたよね。2位は『ふがいない僕は空を見た』 著/窪美澄(新潮社)で、3位は『ペンギン・ハイウェイ』 著/森見登美彦(角川書店) だったよ。
nanakamado_i窪美澄さんの「晴天の迷いクジラ」を小学6年生の時に読んだ時はあんまり感想とかでなかったけど、今読み返した時に正子の気持ちがずんって心に刺さってきて辛くなりながら読んでた。窪美澄さんの本は女の人の心の描写が凄い上手くって好き。
boobookwordsこの世界で生きていくためには求められるようにその特別な何かを自由な形を変えていくことの方が大事なんだ。(『晴天の迷いクジラ』窪美澄p103)
piyopiyo7178窪美澄の中でこれが最高傑作かも https://t.co/Y95MxQEc1N
on_your_side_だけど、そもそも人間は自分以外の誰かの気持ちなんて、「わかる」ことがあるのか、と車のキーを抜きながら由人は思う。(窪美澄『晴天の迷いクジラ』)
AwardAuthorこれって性欲?でも、それだけじゃないはず。高校一年、斉藤卓巳。団地で暮らす同級生、助産院をいとなむお母さん…16歳のやりきれない思いは周りの人たちに波紋を広げていく。嫉妬、感傷、愛着、衝動をまばゆくさらけだすデビュー作。本屋大賞2位受賞作『ふがいない僕は空を見た』窪美澄
51_books窪美澄『ふがいない僕は空を見た』新潮社ふがいないときは俯くもの、しかし“僕”は空を見ます。 情けなくて、悔しくて、叫び出したいそんなどうしようもない感情は、どろどろに汚れてるのにどこか美しい。清々しささえ感じる1冊でした。… https://t.co/JYFvV41Osk
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
窪美澄さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)