トップページ > 作家名一覧 > くから始まる作家名一覧 > 窪美澄

窪美澄

窪美澄さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

窪 美澄(くぼ みすみ、1965年 - )は、日本の小説家。
東京都稲城市生まれ。カリタス女子中学校、カリタス女子高等学校卒業。実家は代々酒屋だったが。妊娠、出産、子育て、女性の体と健康を中心にすえ、占星術、漢方などをテーマに、書籍、雑誌、webの世界で活動。
2009年「ミクマリ」で第8回R-18文学賞大賞を受賞し小説家デビュー。2011年、受賞作を収録した『ふがいない僕は空を見た』(新潮社)で第24回山本周五郎賞受賞、第8回本屋大賞第2位。同作はタナダユキ監督により映画化され、第37回トロント国際映画祭に出品された。2012年、『晴天の迷いクジラ』で第3回山田風太郎賞受賞。2018年、『じっと手を見る』で第159回直木賞候補。2019年、『トリニティ』で第161回直木賞候補、第36回織田作之助賞受賞。

受賞歴

窪美澄関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

窪美澄関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

chakkyjp窪美澄さんのトリニティ、今は西きょうこさんの初恋の世界を読んでるけど、生きるということについて考えさせられる(特に女性)悼む人を読んだ時も、少しでも人に残せる自分がいるかどうかが問題なのかと思ったけど、偉人でもないし、そういう問題でもない気もする...
MpsPtbua #名刺代わりの小説10選 2021.01The MANZAI / あさのあつこ劇場 / 又吉直樹ふがいない僕は空を見た / 窪美澄告白 / 湊かなえ何者 / 朝井リョウアヒルと鴨のコインロッカー / 伊坂幸太郎斜陽… https://t.co/KBzyO4sZ72
book_beans2011年本屋大賞は、『謎解きはディナーのあとで』 著/東川篤哉(小学館)だったね。執事:櫻井翔君、お嬢様:北川景子でドラマ化されたよね。2位は『ふがいない僕は空を見た』 著/窪美澄(新潮社)で、3位は『ペンギン・ハイウェイ』 著/森見登美彦(角川書店) だったよ。
kuzupichan19@XnW5g8Em2x4dwaG 西加奈子いいよね!窪美澄のふがいない僕は空を見た もおすすめだ。もう内容覚えてないけど笑
booktitle_bot『ふがいない僕は空を見た』窪美澄
consome0606重力ピエロ/伊坂幸太郎少女七竈と可愛そうな七人の大人/桜庭一樹ことり/小川洋子まほろ駅前狂騒曲/三浦しをん蜜蜂と遠雷/恩田陸スロウハイツの神様/辻村深月羊と鋼の森/宮下奈都永い言い訳/西川美和ふがいない僕は空を見た… https://t.co/6OofELc6vL
boobookwords本当に伝えたいことはいつだってほんの少しで、しかも大声でなくても、言葉でなくても伝わるのだ。(『ふがいない僕は空を見た』窪美澄p200)
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
窪美澄さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)