トップページ > 作家名一覧 > くから始まる作家名一覧 > 窪美澄 > 晴天の迷いクジラ

晴天の迷いクジラ(窪美澄)

晴天の迷いクジラ(著者:窪美澄)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:晴天の迷いクジラ
  • 著者:窪 美澄
  • ページ数:295
  • 出版社:新潮社
  • ISBN-10:4103259221
  • ISBN-13:9784103259220

窪美澄新刊

  • 発売日
    2019年12月5日
  • 書名
    妖し (文春文庫)
  • 発売日
    2019年11月20日
  • 書名
    やめるときも、すこやかなるときも (集英社文庫)

晴天の迷いクジラ関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

窪美澄のその他受賞歴(候補含む)

晴天の迷いクジラ関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

raisen_bot_qmaNo.232 次の山田風太郎賞を受賞した小説と、その作者の正しい組み合わせを選びなさい⇒晴天の迷いクジラ―窪美澄 、光圀伝―冲方丁 、ジェノサイド―高野和明
tThg3yehcpnnOHh窪美澄さんの晴天の迷いクジラ読んでて泣き出してしまった。仄暗い感情にとても共感する一冊。何だか死ぬなよって言葉に救われた。
pmandesナイス 【晴天の迷いクジラ (新潮文庫)/窪 美澄】絶望できるほどの希望がない。簡単に代弁しているつもりにならないで欲しかっただけなんだろう。どうにだって生きていけるけど、どうしても生きていたい… → https://t.co/2DAEeme12J #bookmeter
kurunut1020窪美澄の「晴天の迷いクジラ」、あれ電車で読むの本当つらい。マスクの中で下唇噛んでたら血が出てくるくらいには涙堪えた。
on_your_side_だけど、そもそも人間は自分以外の誰かの気持ちなんて、「わかる」ことがあるのか、と車のキーを抜きながら由人は思う。(窪美澄『晴天の迷いクジラ』)
boobookwordsこの世界で生きていくためには求められるようにその特別な何かを自由な形を変えていくことの方が大事なんだ。(『晴天の迷いクジラ』窪美澄p103)
ao75s『晴天の迷いクジラ』窪美澄壊れかけた3人が行き着いたその果ては…弱音を吐かないことが強さではないんだ。自分の弱さを認めることの勇気。弱い自分も迷ってる自分も背中を押してくれるのはまた人だから。この世界で生きて… https://t.co/qxQz2hSK6G
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)