トップページ > 作家名一覧 > くから始まる作家名一覧 > 窪美澄 > 晴天の迷いクジラ

晴天の迷いクジラ(窪美澄)

晴天の迷いクジラ(著者:窪美澄)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:晴天の迷いクジラ
  • 著者:窪 美澄
  • ページ数:295
  • 出版社:新潮社
  • ISBN-10:4103259221
  • ISBN-13:9784103259220

窪美澄新刊

  • 発売日
    2018年10月5日
  • 書名
    アカガミ (河出文庫)

晴天の迷いクジラ関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

窪美澄のその他受賞歴(候補含む)

晴天の迷いクジラ関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

on_your_side_だけど、そもそも人間は自分以外の誰かの気持ちなんて、「わかる」ことがあるのか、と車のキーを抜きながら由人は思う。(窪美澄『晴天の迷いクジラ』)
ankorune窪美澄の「晴天の迷いクジラ」読みました。それぞれ悩みを持った3人がぎこちなく支え合う感じになんだか羨ましくなった。とりあえず死なずに生きてる。それでいいんだって気持ちにさせてもらえました。#読了
novel_story_botだけど僕は死なない。たぶん。【晴天の迷いクジラ/窪美澄】
sun8now【晴天の迷いクジラ】 窪 美澄 デザイン会社に勤める由人は、失恋と激務でうつを発症した。社長の野乃花は、潰れゆく会社とともに人生を終わらせる決意をした。 ⇒ https://t.co/m70zTWKoes
komeko0405窪美澄「晴天の迷いクジラ」読了。野乃花、由人、正子。人生に絶望し死を選ぼうとした時、クジラが湾に迷い込んだ事を知り、共に見にいに行く事に。それぞれの抱える痛みがヒリヒリと伝わってくる。大海原へ戻っていったクジラと同じく、3人は新たな人生を泳いでいけるんだろうか。希望は見えた。
boobookwords「死ぬなよ」って。ただそれだけ言えばよかったんだ。(『晴天の迷いクジラ』窪美澄p282)
kakidasibot築三十年以上は経っている古ぼけたこのアパートを田宮由人が気に入ったのは、二階の部屋のベランダから飛び込めるほどの近さに釣り堀が見えたからだ。「晴天の迷いクジラ」窪美澄
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)