トップページ > 作家名一覧 > くから始まる作家名一覧 > 窪美澄 > 晴天の迷いクジラ

晴天の迷いクジラ(窪美澄)

晴天の迷いクジラ(著者:窪美澄)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:晴天の迷いクジラ
  • 著者:窪 美澄
  • ページ数:295
  • 出版社:新潮社
  • ISBN-10:4103259221
  • ISBN-13:9784103259220

窪美澄新刊

  • 発売日
    2019年3月29日
  • 書名
    トリニティ
  • 発売日
    2018年12月22日
  • 書名
    ここから先はどうするの: 禁断のエロス (新潮文庫)

晴天の迷いクジラ関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

窪美澄のその他受賞歴(候補含む)

晴天の迷いクジラ関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

harunalrb晴天の迷いクジラ/窪美澄 読了。生きるのをやめようとしていた由人、野乃花、正子は、死ぬ前にと、湾に迷い込んだクジラを見に行く。読んでて苦しかったけど、最終章では大きな絶望の中に微かな希望の光が見え、読んでよかったと思える。死ぬな。生きるんだ。そう、自分の胸に強く刻む。
LAVO_xxx初めて読んだ窪美澄さんの本は「晴天の迷いクジラ」どうしてあんなに生々しい表現ができるんだろう。モスバーガーで人目気にせず泣いたな。トークショーでの窪さんの知的溢れる言葉の数々にシビれました⚡️更にDragQueenを知ってると… https://t.co/QmMjln2pyq
daifuku_pokkaiよく有りそうな話しなのに、引き込まれ 不安なまま先に進む。進む先に何があるのか? 彼女らが思い描いていたものは呆気なくへし折られる。死へあこがれるも、文章からは暗いものが感じられず 夢中になって読んでしまった。親離れ…大人になる為… https://t.co/vT7tSwItPV
ao75s晴天の迷いクジラ/窪美澄#読了生きることに絶望した3人が湾に迷い込んだクジラを見に行く途中に出会い。偏った愛情と歪んだ家族愛で育った息苦しい世界で救ってくれたのは同じ苦しみ持つ人でありクジラであり。生きることは苦しいけど吐き… https://t.co/52ObxgzCLI
novel_story_botだけど僕は死なない。たぶん。【晴天の迷いクジラ/窪美澄】
raisen_bot_qmaNo.232 次の山田風太郎賞を受賞した小説と、その作者の正しい組み合わせを選びなさい⇒晴天の迷いクジラ―窪美澄 、光圀伝―冲方丁 、ジェノサイド―高野和明
cima_pun_pun窪美澄「晴天の迷いクジラ」生きていることが辛くなり、死を考えている3人の物語。読み始めたとき、なかなかヘビーな物語で、これを読んだらメンタルやられると思いました。けれども、涙ぐみながら一気に読みました。大丈夫。明日か… https://t.co/w4vZFBJhxO
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)