トップページ > 公募新人賞一覧 > 群像新人文学賞 > 1986年−第29回 群像新人文学賞

群像新人文学賞

1986年−第29回 群像新人文学賞の情報(受賞作・受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。投稿の傾向分析、購入する書籍の選択等にご利用ください。
作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。ジャンルは参考程度でお考えください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

Wikipediaによる概要

群像新人文学賞(ぐんぞうしんじんぶんがくしょう)は、講談社が刊行する文芸誌『群像』が、1958年に創設した純文学の公募新人文学賞。締め切りは10月31日(当日消印有効)。
純文学系の新人賞には他に、新潮新人賞、文學界新人賞、すばる文学賞、文藝賞、太宰治賞などがある。『群像』主催の賞には他に、群像新人長編小説賞がある。
2014年までは、小説部門と評論部門の2部門に分かれていたが、2015年からは、小説のみが選考対象となり、評論部門は本賞から独立し、群像新人評論賞と名を変えて新たにスタートした。群像新人評論賞についても、本項で記述する。

第29回—1986年

群像新人文学賞

その他の回のデータ(全データ一括表示

群像新人文学賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

群像新人文学賞関連つぶやき

manekineko14130/10/31 群像新人文学賞
katarikoko「なるほど日常というのは静かな怪物であった。それは、戦わなければならないのだけれどそれに負けても死ぬことはできない、そいういう敵であった」群像新人文学賞受賞作、北条裕子著「美しい顔」に散見する鋭い言葉の一つ。
mona21682人生は本当はシンプルなものでむずかしくしているのはわたしたち自身なのだ村上 龍(1952-)小説家。『限りなく透明に近いブルー』で群像新人文学賞、及び芥川龍之介賞を受賞。
2460Bsそして妻を迎えに行く前に恒例の天牛書店。あまり見る時間が無かった。僕の知らない作家、飯田章『廸子とその夫』購入。著者は1935年生まれ、表題作は74年の群像新人文学賞受賞作。でこの本の刊行が2006年で著者初の単行本なのだ!面白… https://t.co/NPW9eohL6S
taiwan_about【告知】台湾文化センター「夏の台湾文学トーク」第二弾 7/6(金)19時- 「台湾LGBT文学入門」ゲスト:李琴峰(り ことみ)さん 初めて日本語で書いた小説が群像新人文学賞優秀作となった李さんに、台湾のセクシュアル・マイノリティ… https://t.co/021GrmFf6u
orega206110月31日までに四百字詰原稿用紙100枚〜200枚の新作小説を書きあげ、講談社の群像新人文学賞に投稿する。 https://t.co/TdSl4anl8b
okorare新人文学賞発表。選評を読むために買ってたりするんだが、「選考委員激賞」の惹句が大袈裟でない「美しい顔」には選評正直どうでもいい群像 2018年 06 月号 [雑誌] >> https://bo… → https://t.co/Lmg7JOEh0d #bookmeter
同一ジャンルの賞
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)