トップページ > 公募新人賞一覧 > 群像新人文学賞 > 1979年−第22回 群像新人文学賞

群像新人文学賞

1979年−第22回 群像新人文学賞の情報(受賞作・受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。投稿の傾向分析、購入する書籍の選択等にご利用ください。
作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。ジャンルは参考程度でお考えください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

Wikipediaによる概要

群像新人文学賞(ぐんぞうしんじんぶんがくしょう)は、講談社が刊行する文芸誌『群像』が、1958年に創設した純文学の公募新人文学賞。締め切りは10月31日(当日消印有効)。
純文学系の新人賞には他に、新潮新人賞、文學界新人賞、すばる文学賞、文藝賞、太宰治賞などがある。『群像』主催の賞には他に、群像新人長編小説賞がある。
2014年までは、小説部門と評論部門の2部門に分かれていたが、2015年からは、小説のみが選考対象となり、評論部門は本賞から独立し、群像新人評論賞と名を変えて新たにスタートした。群像新人評論賞についても、本項で記述する。

第22回—1979年

群像新人文学賞

その他の回のデータ(全データ一括表示

群像新人文学賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

群像新人文学賞関連つぶやき

gunzo_henshubu代官山蔦屋書店で、李琴峰さん『独り舞』を、手書きPOP付きで平積みしていただいていました。POPには「レズビアンであること。母語ではない言葉をしゃべること。異邦人であることの孤独と再生。台湾人女性が日本語で書いた小説が群像新人文学… https://t.co/EfSLKWmRwY
manekineko14130/10/31 群像新人文学賞
AoyamaTsubasa@Michika09_ @tomoe_kanzaki @0925302abc 天童ちゃんは純文志向だから、エンタメ路線は諦めて、群像新人文学賞とかすばる文学賞とか狙ったほうがいいんじゃない?
kikuchiko16g6月20日、オール読物新人賞6月30日、川端康成青春文学賞10月31日、群像新人賞とりあえずはこういう感じでいきましょう
aishokyo島尾敏雄による村上春樹「風の歌を聴け」の群像新人文学賞の選評です。https://t.co/j7ethK1kAj https://t.co/KgLjDEKOGu
glassyalice著者の清水良典は旺盛なライターだ。デビューは1986年に『記述の国家 谷崎潤一郎言論』で群像新人文学賞をとった https://t.co/ipMCSx5cX7
akutagawa_syou“大型新人”として登場以来25年、文学的成熟を深めて来た大庭みな子の、あらためてその先駆性を刻印する初期世界。群像新人賞・芥川賞両賞を圧倒的支持で獲得した衝撃作。芥川賞受賞作『三匹の蟹』大庭みな子
同一ジャンルの賞
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)