トップページ > 公募新人賞一覧 > 群像新人文学賞 > 1979年−第22回 群像新人文学賞

群像新人文学賞

1979年−第22回 群像新人文学賞の情報(受賞作・受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。投稿の傾向分析、購入する書籍の選択等にご利用ください。
作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。ジャンルは参考程度でお考えください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

Wikipediaによる概要

群像新人文学賞(ぐんぞうしんじんぶんがくしょう)は、講談社が刊行する文芸誌『群像』が、1958年に創設した純文学の公募新人文学賞。締め切りは10月31日(当日消印有効)。
純文学系の新人賞には他に、新潮新人賞、文學界新人賞、すばる文学賞、文藝賞、太宰治賞などがある。『群像』主催の賞には他に、群像新人長編小説賞がある。
2014年までは、小説部門と評論部門の2部門に分かれていたが、2015年からは、小説のみが選考対象となり、評論部門は本賞から独立し、群像新人評論賞と名を変えて新たにスタートした。群像新人評論賞についても、本項で記述する。

第22回—1979年

群像新人文学賞

その他の回のデータ(全データ一括表示

群像新人文学賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

群像新人文学賞関連つぶやき

z0EojRuWz2GGOvT次(来年締切りの文學界新人賞、群像新人文学賞)の構想を練る。今、頭にあるのは、恒星の物語(ややシュール)、大学時代のリアリズム(微かな違和感)、異国(砂漠)での乾いた生活(オキーフ、ランボーのような)。もう少しネタを考えるか。
hirataiラジバンでも話題に出てたけど、斉藤紳士さんが斉藤紳士名義で群像新人文学賞の最終選考まで残ってて、びっくり。エンタ芸人から小説家になる例、知らない。
akutagawa_syou“大型新人”として登場以来25年、文学的成熟を深めて来た大庭みな子の、あらためてその先駆性を刻印する初期世界。群像新人賞・芥川賞両賞を圧倒的支持で獲得した衝撃作。芥川賞受賞作『三匹の蟹』大庭みな子
miumisuzu「WB(早稲田文学)」33号で、佐藤究が短編小説「ペンキ塗りたて……」を寄稿。クセある先輩と組まされるバイト小説。作者はもともと佐藤憲胤名義で2004年に「サージウスの死神」で群像新人小説賞受賞。冒頭にレディオヘッドの「OKコンピューター」と、DTP作業が出てきたので覚えている。
kamui_pon@kazztsr 作風的には群像新人文学賞かなぁw
AwardAuthor“大型新人”として登場以来25年、文学的成熟を深めて来た大庭みな子の、あらためてその先駆性を刻印する初期世界。群像新人賞・芥川賞両賞を圧倒的支持で獲得した衝撃作。芥川賞受賞作『三匹の蟹』大庭みな子
fairy_novelあるじ、公募なら講談社さんの群像新人文学賞(https://t.co/PTUCKtJrEv)はいかがです? 村上龍さんなどが受賞しましたね。同人雑誌発表作、他の新人賞への応募作品、卒業論文、ネット上で発表した作品等は対象外なのでご注意を!
同一ジャンルの賞
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)