トップページ > 作家名一覧 > はから始まる作家名一覧 > 原田康子

原田康子

原田康子さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

原田 康子(はらだ やすこ、1928年1月12日 - 2009年10月20日)は日本の小説家である。本名は佐々木康子(旧姓:原田)。
東京都生まれ、北海道釧路市出身。市立釧路高等女学校(現・北海道釧路江南高等学校)卒業後、釧路新聞に勤務。
1949年に同人雑誌「北海文学」に処女作『冬の雨』を発表し、以後も同誌を中心に短編・長編を発表。1954年「新潮」同人雑誌賞に『サビタの記憶』で応募、最終候補に残って伊藤整らの高い評価を得る。翌年から「北海文学」誌上に長編『挽歌』を連載。1956年に出版されベストセラーとなり、映画化されるなど大きな反響を呼んだ。『挽歌』は翻訳され、海外数ヶ国でも出版されている。また1991年には、『満月』が『満月 MR.MOONLIGHT』のタイトルで映画化されている。
競馬、将棋を趣味とし、それらについてのエッセイ集『はなれ駒あそび駒』もある。1998年の将棋王座戦の観戦記を執筆し、翌年、将棋ペンクラブ大賞(観戦記部門賞)を受賞。
『挽歌』と『蝋涙』(1999年)で2度女流文学賞を、『海霧』(2002年)で第37回吉川英治文学賞を受賞している。2003年、北海道文化賞受賞。
2009年10月20日、肺炎のため札幌市内の病院で逝去。。
人気作家となった後も、北海道在住のまま執筆活動を続けていたことでも知られる。

受賞歴

原田康子関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

原田康子関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

kariyahikaru本日のヴェーラの二本「白い惡魔」と「挽歌」は、原田康子先生の原作なんだけど、どちらにも共通している独特な時間の流れは、文体に由来するものなのかね?本日これからは、挽歌(16㎜上映) 18:30白い惡魔(DVD上映) 20:35宜しくお願い致します。
F430xx森本先生が原作のあとがきにインスピレーション受けた作品として、原田康子さんの満月を推してて当然買って読み始めたわけだが。。うんうん、なるほどな。。うん。。。そうか。。ってなってる
primrosehill121釧路は行ったことないけど、釧路を舞台にした小説を昔読んだなあ……と、何だっけ何だっけと考えて、原田康子の「挽歌」だと思い出し、胸のつかえが取れた。笑確かまだ10代の頃読んで、釧路湿原に何かしらロマンを感じてしまったのは覚えてる。。
tsundokulib釧路はコーチャンフォーが原田康子の文庫本講談社にかけあって店舗限定重版してたりするし、文化の蓄積度は正直帯広だとまだ勝負にならないくらい釧路の勝ちだったりするんだけど、北洋漁業衰退とイワシ資源激減で底抜けしていった30年はすごくきついと思う
shimizu43104/3(火)~5/6(日) 京都文博「近代文学と映画2−女流作家篇」林芙美子/泣蟲小僧 稲妻 浮雲由起しげ子/女中ッ子原田康子/挽歌壺井栄/二十四の瞳樋口一葉/たけくらべ にごりえ 樋口一葉幸田文/流れる おとうと有… https://t.co/blTHUeR8Qc
ishiharakodokuこの本面白そう。原田康子が結構好きなんだけど・・。https://t.co/WgZqZdzBhR
apt_remark【釧路市中央図書館】釧路文学館開設記念展示「原田康子『海霧』の世界」 *2018年2月3日(土)~5月20日(日)9:30~19:30。会場:中央図書館6F。https://t.co/8tFRSPw8sD
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
原田康子さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)