トップページ > 作家名一覧 > はから始まる作家名一覧 > 原田康子

原田康子

原田康子さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

原田 康子(はらだ やすこ、1928年1月12日 - 2009年10月20日)は日本の小説家である。本名は佐々木康子(旧姓:原田)。
東京都生まれ、北海道釧路市出身。市立釧路高等女学校(現・北海道釧路江南高等学校)卒業後、釧路新聞に勤務。
1949年に同人雑誌「北海文学」に処女作『冬の雨』を発表し、以後も同誌を中心に短編・長編を発表。1954年「新潮」同人雑誌賞に『サビタの記憶』で応募、最終候補に残って伊藤整らの高い評価を得る。翌年から「北海文学」誌上に長編『挽歌』を連載。1956年に出版されベストセラーとなり、映画化されるなど大きな反響を呼んだ。『挽歌』は翻訳され、海外数ヶ国でも出版されている。また1991年には、『満月』が『満月 MR.MOONLIGHT』のタイトルで映画化されている。
競馬、将棋を趣味とし、それらについてのエッセイ集『はなれ駒あそび駒』もある。1998年の将棋王座戦の観戦記を執筆し、翌年、将棋ペンクラブ大賞(観戦記部門賞)を受賞。
『挽歌』と『蝋涙』(1999年)で2度女流文学賞を、『海霧』(2002年)で第37回吉川英治文学賞を受賞している。2003年、北海道文化賞受賞。
2009年10月20日、肺炎のため札幌市内の病院で逝去。。
人気作家となった後も、北海道在住のまま執筆活動を続けていたことでも知られる。

原田康子新刊

  • 発売日
    2018年8月21日
  • 書名
    短編伝説: 別れる理由 (集英社文庫)

受賞歴

原田康子関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

原田康子関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

aoi_marumistはっきり言います!自慢です!(笑)本日古本屋で購入した一覧。此処まで佐々木丸美さんの作品(左上2冊は原田康子さんの作品ですけれど)を揃えることができるなんて奇跡。講談社文庫以外は全部帯付きですよ?凄すぎません??見つけた時… https://t.co/uy2njosxIm
hi_hi_ok若い頃に読んで大好きだったご本、原田康子さんの「満月」読み返したくて探してるけど、、みつからなーい!といっても読んだのは独身のとき
0923loveyou@11sbckiki やったぜ!しんどちゃんバージョンの原田康子生で聴けるの楽しみだな
Kobeafternoon#読書の日『挽歌』原田康子の小説 横溝正史の金田一シリーズ たくさん読んだよ https://t.co/XpX0zOqoln
from_kan営業中。贈り物研究家@原田康子さん @okurimono88 にお裾分け頂いた味噌と醤油になる前?のペーストが美味しくて、やっぱり手作りしてみたい熱が高まり中。お裾分けもらった各家庭の味噌は舐め比べるとそれぞれ味が異なり、どれも野… https://t.co/MMFbcvtB57
Marika_color原田康子の殺人者は、秋吉久美子主演で土ドラ化されているらしいが、その方が納得できる。安田道代には、健康的すぎてむりめ感が。(笑)
FujikoWatanuki原田康子「挽歌」。面白かった。かなり前のベストセラーだけれど全く古さを感じないのは、主人公の喪失したものや閉塞感が丹念に描写されているので、その心の動きが納得できるからかもしれない。最初なので怜子目線で読んだが、桂木氏、桂木夫人目線で読んでもきっと面白い。#読書
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
原田康子さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)