トップページ > 作家名一覧 > なから始まる作家名一覧 > 永井路子

永井路子

永井路子さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

永井 路子(ながい みちこ、1925年3月31日 - )は、日本の歴史小説家。本名は、黒板擴子 (くろいた ひろこ)読売人物データベース
Infobox 作家
| name = 永井 路子
| image =
| caption =
| birth_name =
| birth_date = 1925年3月31日
| clan =
| birth_place = 東京市本郷区
| death_date =
| death_place =
| resting_place =
| occupation = 小説家
| language = 日本語
| nationality =
| education =
| alma_mater = 東京女子大学国語専攻部
| period =
| genre = 歴史小説、評論
| subject =
| movement =
| notable_works = 『炎環』(1964年)
『北条政子』(1969年)
『雲と風と』(1988年)
| awards = 直木三十五賞(1964年)
女流文学賞(1982年)
菊池寛賞(1984年)
吉川英治文学賞(1988年)
毎日芸術賞(2008年)
| debut_works =
| spouse =
| partner =
| children =
| relations =
| influences =
| influenced =
thumb|right|200px|古河文学館の別館として利用されている永井路子旧宅
(茨城県古河市)
東京市本郷区に生まれる。実父は来島清徳、実母は声楽家の永井智子。実父は生後数年で死去しているhttp://www.yurindo.co.jp/static/yurin/back/378_3.html
母が一人娘だったため、母の実家を継ぐ目的でhttp://www.yurindo.co.jp/static/yurin/back/378_3.html、血縁的には大叔父に当たる永井八郎治の長女として入籍。3歳で茨城県古河町(現古河市)に転居して読売人物データベース、当地で育つ。茨城県立古河高等女学校(現茨城県立古河第二高等学校)卒業。1944年、東京女子大学国語専攻部を卒業読売人物データベース。戦後は東京大学で経済史を学んだ。
1949年、黒板伸夫と結婚し、東京・中野に転居読売人物データベース。同1949年小学館入社読売人物データベース、『女学生の友』や『マドモアゼル』等の編集に従事。編集に関わりながら、歴史小説を書く読売人物データベース。1958年、筆名・永井路子を使いはじめる読売人物データベース
編集者としても有能であり、「白いトックリのセーターに黒のタイト姿で、夜遅くまで仕事をする彼女は若い男性社員の憧れの的であった」と大村彦次郎は述べている。担当した作家には松本清張らがいる。『近代説話』の同人となり、歴史に対する独特の視点で同誌に発表した作品は有名であった。近代説話の発起人だった司馬遼太郎は、この雑誌をやめたいと漏らしていたが、永井が直木賞を取るまでは雑誌発刊を続けようと考えたほどである。
1961年、『マドモアゼル』の副編集長で退社して文筆に専念読売人物データベース。1962年、鎌倉市に転居読売人物データベース。1964年、『炎環』(光風社、1964年10月)で直木賞を受賞する。1984年には、中世を題材にした作品で歴史小説に新風をもたらしたとして、菊池寛賞を受賞。
戦前から戦後の移り変わりを体験し、歪められた歴史を多くの資料と説得力のある文章で覆し、評価を得る。これまで考えられてきた歴史人物像、歴史事件等を見直し、男性の影に隠れ見落とされがちな女性にも焦点を当てた作品が多い。また、執筆の際、みずから歴史人物の系図を作成し、本に掲載しているものもある。評論では砕けた文章を用い、親しみやすいものにしている。
1995年、戦後50年を期して、歴史小説の断筆を宣言読売人物データベース。1998年、寄贈した蔵書を中核資料とした「古河文学館」開館読売人物データベース。2000年、東京・品川に転居読売人物データベース。2003年、古河文学館にて「永井路子展」開催、あわせて永井路子旧宅を修復、一般公開開始読売人物データベース
夫は、歴史学者の黒板勝美の甥で、同じく歴史学者の黒板伸夫。
作品は、NHK大河ドラマの『草燃える』『毛利元就』に原作として使用された。

受賞歴

永井路子関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2010.12.22 作家の読書道 第110回:蜂谷涼さん

    小説の執筆はもちろん、地元の北海道は小樽を中心にテレビやラジオでも活躍中の蜂谷涼さん。08年に『てけれっつのぱ』が舞台化され文化庁芸術祭賞演劇部門の大賞を受賞するなど、その作品にも注目が集まる気鋭の読書道は、お父さんの意外な教育方針のお話から始まります。

永井路子関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

hit4boy永井路子『炎環』鎌倉武士の栄枯盛衰を描いた連作短編集。阿野禅師、梶原景時、北条政子と保子、北条時政と北条四郎がそれぞれ主役で、頼朝の時代を別角度から見ていきます。各短編が合わせ鏡になっており、読了すると構成の巧さがわかります。【直… https://t.co/lL7cos9xMb
hama19561986年に出版された「新・歴史をさわがせた女たち」 著者の永井路子氏は、元正天皇を美貌の女帝として紹介し 「その美しさは、ダイアナ妃以上では?」と書いている 。さすがに美智子妃(当時) と比較してない(大爆笑)
gosu_zaku_bot『望しは何ぞ』(著・永井路子)は、能信の人生を描いた小説ですが、私も登場します。ですが、登場はわずかです。
yurin_shinsho【有隣新書10】永井路子著『相模のもののふたち』源頼朝旗揚げの主役となったのは、東国とりわけ相模の武士団であった。埋もれた館址や緑陰の古社寺に取材して、激動の中世を生きた彼らの人間像を描き出す。本体1200円+税 全国の書店にて取扱い。
HachiojiB奈良後朝桓武天皇~平安初期王朝嵯峨天皇までのお話し藤原不比等から4代目の冬嗣が主人公久々の永井路子本奈良~平安王朝の宮廷政治の権力闘争は生々しくほんとに面白い。今から1200年前とはいえ今に繋がる事が多い。古代を読むと… https://t.co/zZpcSTnwK4
yIkoJP7pUAlx6s9永井路子さんの近況が知りたい
choumei_bot【関連作品紹介】永井路子『わたしの古典 永井路子の方丈記 徒然草』では、現代語で私の『方丈記』と兼好法師の『徒然草』が楽しめるぞ。初心者には読みやすいと思います。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
永井路子さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)