トップページ > 作家名一覧 > ゆから始まる作家名一覧 > 結城昌治

結城昌治

結城昌治さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

結城 昌治(ゆうき しょうじ、1927年2月5日 - 1996年1月24日)は日本の小説家・推理作家。本名、田村幸雄。都筑道夫の命名によるこの筆名は、本来「ゆうき・まさはる」と読ませたが、しょうじと誤読されることが多いため、そのまましょうじとなった。
まだ日本にハードボイルド小説というものが浸透していなかった時期にハードボイルドを書いたことから「ハードボイルド小説の先駆者」といわれる。生島治郎の筆名の名付親でもある。ユーモアミステリも多く、この分野においても天藤真を奮起させるなど、先覚の位置を占める。
妻は光文社の編集者であった松本恭子。
1927年、東京市品川区生まれ。1939年、戸越小学校卒業。旧制中学受験に失敗して1年浪人する。
1940年、高輪商業学校入学。1945年、旧制高等学校受験に失敗。海軍特別幹部練習生を志願。高輪商業学校卒業後、1945年5月16日に武山海兵団入団。しかし身体再検査の結果、1945年5月23日に帰郷を命ぜられる。帰宅の晩に空襲で自宅が焼失したため、敗戦まで栃木県那須に疎開した。
1946年、早稲田専門学校法律科入学。1948年、東京地方検察庁に事務官として就職。1948年、就職後1年足らずで肺結核となり、1949年2月7日、国立東京療養所に入院し、1951年まで療養生活を送る。その間、左右両側に胸郭成形手術を受け、左右6本ずつの肋骨を切除する。俳人・石田波郷と同室であったことから、俳句をはじめることになる『俳句つれづれ草―昭和私史ノート』(朝日文庫)内容紹介。この入院期間中に知りあった福永武彦に薦められて推理小説を読み始めた。
1955年、勤めの傍らアテネフランセに通学。しばしば転職を試みて東和映画宣伝部や音楽著作権協会などを受けるもことごとく失敗。
1959年5月、胃から吐血し、翌月まで虎の門病院に入院。『エラリー・クイーンズ・ミステリ・マガジン』日本版の第1回短篇コンテストに応募した「寒中水泳」が入選し、7月、同誌に掲載される。日本人作家の作品が掲載されたのはこの短編が最初である。12月に処女作品集『ひげのある男たち』を早川書房から上梓。1960年1月、東京地方検察庁を退職して作家専業となり、推理小説を発表する。
1962年に早川書房の日本ミステリ・シリーズで、編集者の小泉太郎(生島治郎)の薦めにより、南ベトナムを舞台にしたスパイ小説『ゴメスの名はゴメス』を書き下し、直木賞候補となる。スパイ小説、一般ミステリの他、『死者におくる花束はない』『暗い落日』などのハードボイルド、『夜の終る時』などの警察小説、『白昼堂々』などのクライム・コメディなどを執筆する。『白昼堂々』では1966年に再度直木賞候補。日本推理作家協会設立当初は常任理事を務めた。
1970年、軍部の裏面を描いた『軍旗はためく下に』で直木賞を受賞、1972年深作欣二により映画化され高い評価を受けた。また時代小説『始末屋卯三郎暗闇草紙』、評伝『志ん生一代』などもある。
俳句も作り句集がある。第一次「くちなし句会」は1978年、金原亭馬生、青木雨彦、高橋呉郎、大泉拓、村上豊、青柳純一、小田島慶和と結成するが、1982年の馬生の死で解散。1983年に第二次「くちなし句会」を青柳純一、小田島慶和、園山俊二、石田種生、加賀美尚、山根一眞、平井宏と結成し、園山が死去する1993年まで活動。

結城昌治新刊

  • 発売日
    2018年9月11日
  • 書名
    通り魔: 昭和ミステリールネサンス (光文社文庫)

受賞歴

結城昌治関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

結城昌治関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

lonllywolf『出来事』結城昌治を読んで見た。最晩年の短篇集。カミソリのような切れ味こそなりを潜めているが、十八番のアイロニーは健在。肩の力の抜けた感がまた味わい深い。表題作の「出来事」が非常に好みだぜ!これ一等^^ラストを飾る「はるかなる終局」のとある遊び心がいいじゃないか!結城作にハズレ無
hit4boy結城昌治『夜の終わる時』本作品はいわゆる暗黒小説です。刑事の生き様を描いた警察小説でもあります。殺人犯が吐露する苦悩の日々。絶望という言葉がふさわしい締めくくりは重苦しい余韻を残します。犯人探しだけに終始しない構成の妙が効いいます。https://t.co/yYW1UVuM03
timebombbabyやっぱり便利♤ボクの"結城昌治読本"♡♡(ヤフオクで出てた古雑誌に載ってる結城短編が単行本未収録であることを確認した)
sandletter1生島治郎『浪漫疾風録』、早川書房時代の著者の7年間の話なんだけど、抜群に面白いなこれ。結城昌治を発掘したのは有名だけど、半村良のSFコンテスト受賞作(「収穫」)を、福島正実より先に応募作として読んでたとは知らなかったよ。
rakugo1bandai#講談新宿亭愛山/某外務大臣の昨年の問題発言「次の質問どうぞ」を使ったマクラは毎回爆笑
marimonia47@mmitsukisan お疲れさまでした。今後ともよろしくお願いいたします。わたし的にはケン・ブルーウンと結城昌治がツボです(^^)福岡に行く機会が多いので、お店にも寄らせていただきたいと思います。
kirishin12「五年先、十年先まで考えて計画したりすると、どうしても張りきりすぎちゃう。とりあえずは一年だけ考える。あと一年だと思えば、その間の人生を目いっぱい生きることができる。一年が過ぎたら、よし、もう一年生きよう、と。」 by 結城昌治
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
結城昌治さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)