トップページ > 作家名一覧 > みから始まる作家名一覧 > 宮内悠介

宮内悠介

宮内悠介さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

宮内 悠介|みやうち ゆうすけ|1979年1月18日 - は、日本の小説家・SF作家。日本SF作家クラブ会員。日本推理作家協会会員。
東京都生まれ。父は作家の宮内勝典。4歳から11歳まで1992年までニューヨークに在住。早稲田大学高等学院、早稲田大学第一文学部英文科卒業。在学中はワセダミステリクラブに所属。卒業後はインド、アフガニスタンを放浪。麻雀プロの試験に補欠合格するもプログラマになる。
その一方、ワセダミステリクラブOBで構成する創作同人誌「清龍」に参加、創作活動をつづける。
2010年、囲碁を題材とした短編「盤上の夜」にて、第1回創元SF短編賞で選考委員特別賞(山田正紀賞)を受賞。各種盤上ゲームを題材とした短編を連作として書きつぎ、2012年に連作短編集『盤上の夜』として刊行し単行本デビュー。
SFと純文学をジャンル横断的に活動する作家として評価されており、史上初めて芥川賞、直木賞、三島賞、山本賞全ての候補作に挙がった。
麻雀好きで、麻雀最強戦2020に参戦し、その予選となる「麻雀最強戦2020 著名人超頭脳決戦」で優勝しファイナルへと進出した。

受賞歴

宮内悠介関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

宮内悠介関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

saurohro@kasai_sinya スポーツではない競技SFといえば宮内悠介の「盤上の夜」(囲碁をはじめとした様々なボードゲームSF連作短編集)と、番外短編の「星間野球」(おそらく唯一無二の野球盤SF)がおすすめです。
tanpen_arasujiスモーク・オン・ザ・ウォーター/宮内悠介都内各地で失踪者が続出した。終末期の脳腫瘍で寝たきりだった在宅介護中の父もその1人だ。 原因が隕石に乗って飛来した気体型ナノマシン知性体群にあると突き止めた主人公は煙のように揺らめく彼らの言語を解析し、共生のための対話を試みる。
52decibelそりゃ宮内悠介先生ナルト叙事詩を拾ってないんだから簡単に手に入るところにはないですよねー!
akirahiromivas1読書。辻村深月『傲慢と善良』前半の婚活の話は何というかそうかあという感じ、後半は再生?の物語で別の話と思えるほどあさのあつこ『花下に舞う』弥勒シリーズ十弾、母上瑞穂様のエピソード宮内悠介『遠い他国でひょんと死ぬるや』物語はどこに向かうのかと思いながら読み進める、面白い。
yondeitahito『遠い他国でひょんと死ぬるや』(宮内悠介、祥伝社文庫)読みました。「忘れないこと。あるいは記憶にとどめること。それが、今回の本当のテーマだ」(p.17)https://t.co/eNDCradjLy
cobol_amaki『SFG』最新号の表紙に名倉編さんのお名前が!!宮沢伊織さん宮内悠介さんとともにインタビュー記事が載っているのですね。そういえば8月のSF大会で中国のSF誌『世界科幻动态』関係者のお話をうかがったのですが、『SFG』紹介記事を… https://t.co/ZRBqRCm8CI
yatsuhamibook本日は、やつはみ喫茶読書会七十二冊目宮内悠介『偶然の聖地』講談社でした。4名の方にご参加いただきました。たいへん盛り上がった会になりました。やはりひとりで読んでいる時とは違う楽しさがありますね〜。 https://t.co/d0EhTD0t18
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
宮内悠介さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)