トップページ > 作家名一覧 > みから始まる作家名一覧 > 宮内悠介

宮内悠介

宮内悠介さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

宮内 悠介(みやうち ゆうすけ、1979年1月18日 - )は、日本の小説家・SF作家。日本SF作家クラブ会員。日本推理作家協会会員。
東京都生まれ。1992年までニューヨークに在住。早稲田大学高等学院、早稲田大学第一文学部英文科卒業。在学中はワセダミステリクラブに所属。卒業後はインド、アフガニスタンを放浪。麻雀プロの試験に補欠合格するもプログラマになる。
その一方、ワセダミステリクラブOBで構成する創作同人誌「清龍」に参加、創作活動をつづける。
2010年、囲碁を題材とした短編「盤上の夜」にて、第1回創元SF短編賞で選考委員特別賞(山田正紀賞)を受賞。各種盤上ゲームを題材とした短編を連作として書きつぎ、2012年に連作短編集『盤上の夜』として刊行し単行本デビュー。
SFと純文学をジャンル横断的に活動する作家として評価されており、史上初めて芥川賞、直木賞、三島賞、山本賞全ての候補作に挙がった。

宮内悠介新刊

  • 発売日
    2018年7月28日
  • 書名
    アメリカ最後の実験 (新潮文庫)
  • 発売日
    2018年4月13日
  • 書名
    彼女がエスパーだったころ (講談社文庫)

受賞歴

宮内悠介関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

宮内悠介関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

knktmk914宮内悠介 著 河出書房新社『スペース金融道』読了
hikarudanka「エクソダス症候群」宮内悠介読了。SF要素よりも精神疾患の歴史と病院運営に対する描写に惹かれた。狂気と正常は、どこで区別されるのか。
Mikanixonable超動く家にて 宮内悠介短編集 (創元日本SF叢書) 東京創元社 https://t.co/HSQg8PtrAy @amazonJPからこのまえ書店で発見した変な題名の本
sho3dai_gct【読了】『盤上の夜 (創元SF文庫)』宮内 悠介 https://t.co/IWhwwEFul4 #booklog
sukerut宮内悠介で『超動く家にて』読了。買ってからずいぶんかかってしまった。いくつかは法月綸太郎『ノックス・マシン』と同じタイミングで読みたかったSFミステリ短編も。バラエティに飛んでいる一方で、一人の著者が書いたことが感じられるという問題意識もある。「アニマとエーファ」がその辺鍵かも。
sonenkofu『超動く家にて』宮内悠介著を読む。https://t.co/xEWLi9CtBb
idumi1230宮内悠介さんの「アメリカ最後の実験」は読み終わりました。焦点が合わせづらいですが、静かで、さらっとした感じ。次はピーター・トライアスの「メカ・サムライ・エンパイア」をKindleで読みます。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
宮内悠介さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)