トップページ > 作家名一覧 > みから始まる作家名一覧 > 宮内悠介 > 盤上の夜

盤上の夜(宮内悠介)

盤上の夜(著者:宮内悠介)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:盤上の夜 (創元日本SF叢書)
  • 著者:宮内 悠介
  • ページ数:283
  • 出版社:東京創元社
  • ISBN-10:4488018157
  • ISBN-13:9784488018153

盤上の夜関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2019.1.8 【今週はこれを読め! SF編】日本SFの新しいプラットホーム、ここから始まる。

    SF出版では海外SF紹介から出発した東京創元社だが、2007年に日本SFの名作再刊に手を染め、2010年以降は創元SF短編賞(募集は前年から)によって次々と新しい才能を発掘してきた。いまや新鮮な日本SFの最重要供給源である。

  • 2018.3.22 【エンタメ小説月評】老いと死を見つめて

    芥川賞受賞作の若竹千佐子『おらおらでひとりいぐも』(河出書房新社)がベストセラーになっている。著者は60代前半だが、70代の主人公を通して老いや孤独を見つめる作品が共感を呼んでいるのだろう。近年は高齢の著者によるベストセラーも増えている。

  • 2018.3.6 【今週はこれを読め! SF編】盆暗にして繊細、くだらないからこそ輝く、宮内悠介の短篇集

    宮内悠介の短篇集。純文学作品ではすでに『カブールの園』『ディレイ・エフェクト』という二冊の短篇集があるが、SFもしくはミステリの短篇集としてはこれが最初の一冊となる。厳密に言うと、『盤上の夜』『ヨハネスブルグの天使たち』『彼女がエスパーだったころ』『スペース金融道』『月と太陽の盤』は短篇連作を一冊にまとめているので、書誌的には短篇集なのだけど、現在の出版慣習では長篇とほぼ同等の扱いだし、読者もそのように受容している。

宮内悠介のその他受賞歴(候補含む)

盤上の夜関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

tengen999アメブロを投稿しました。『小説 盤上の夜  宮内悠介』#アメブロ #てんつぶ https://t.co/nW6pVrUVki
ryozo18「チェス」は「チェッカー」の間違いでは、というのコメントで指摘されてたな。宮内悠介『人間の王』(『盤上の夜』収録)を読むと楽しいよ渡辺明名人と東大教授で日本の脳研究の第一人者である池谷裕二先生との対談記事が間違いだらけである件… https://t.co/fxArKZ0dHY
dame_chess完全解析されたゲームを扱った小説として宮内悠介の短編集「盤上の夜」収録「人間の王」があります。https://t.co/JfDiu6HYHU
mika_haru_5121宮内悠介氏の盤上の夜面白いからみんな読んで❤
umizno@S_monopaul チェッカーは8x8で2007年に解かれています。これをネタにした話が入っている宮内悠介の『盤上の夜』はおもしろいですよ。 https://t.co/jvkO8MeeZu
Dr_idealism【Webミステリー】第33回日本SF大賞受賞記念インタビュー――宮内悠介『盤上の夜』を語り尽くす!/宮内悠介(第33回日本SF大賞受賞作家)×草場純(ゲーム研究家)×岡和田晃(SF評論家/ゲームライター)これは奥深い対談ですね。 https://t.co/kJmJUZiiIw
umyu_myu積読4.盤上の夜宮内悠介は、スペース金融道が一番好きwそれはともかく、話題になっていた頃にソフトカバーで買ったにも関わらず、これも積んでしまっている。面白そうなのに、何故か手を出していない…。軽いのが読みたい時期だったのかな… https://t.co/p1vsqzAcYg
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)