トップページ > 作家名一覧 > まから始まる作家名一覧 > 松崎有理

松崎有理

松崎有理さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

松崎 有理|まつざき ゆうり|1972年 - は日本の小説家である。東京都在住。
茨城県生まれ。 大学卒業後は医学系研究所勤務を経て、ソフトウェア製作会社でテクニカルライティングとデザインを担当。
2008年、第20回日本ファンタジーノベル大賞で処女作「イデアル」が最終候補となる(松崎祐名義)。2010年、初の短篇「あがり」にて、第1回創元SF短編賞を受賞。受賞後、筆名を「松崎有理」に変更。母校をモデルとした大学が舞台の連作短編を書き継ぎ、2011年初の著書『あがり』として刊行(創元日本SF叢書の初回配本)。同書収録の「代書屋ミクラの幸運」をスピンオフして連作化した『代書屋ミクラ』を刊行。

受賞歴

松崎有理関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

松崎有理関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

sontyahan彼女は同じ微笑をたたえたままでこたえる。「水ようかんです」うちのめされた。夕食の汁物に水ようかんを出してくるひとがこの世に存在するなんて。超現実な食事、超現実な彼女だ。(『超現実な彼女』松崎有理)
fukumasagamiナイス 【あがり (創元日本SF叢書)/松崎 有理】理系女子が書いた理数系小説を超文系の私が読む。少し不思議なSFミステリーの連作短編集。北の街の古い総合大学で繰り広げられる様々な研究。培養用硝… → https://t.co/GcsdLQ1aCK #bookmeter
na_tsu_mura松崎有理『あがり』読了。理系の研究や論文についてがベースにあるお話たちで面白かった。それぞれのお話で、それぞれ新たな研究(仮説の証明や論文化)が行われているのがすごいなと…https://t.co/PeKsCCUkax
sakomakoharu(承前)スヴェトラーナ・アレクシエーヴィッチ、小梅けいと「戦争は女の顔をしていない」松崎有理「イヴの末裔たちの明日」マーガレット・アトウッド「獄中シェイクスピア劇団」いつものことながら、小説の割合が少なすぎる。でもどれもじっくり楽しみ満足度の高い少数精鋭ではあった。
automata99【特別読み切り】松崎有理「六十五歳デス」 - Webミステリーズ! https://t.co/4f63HceNIl 主人公が超かっこいいし、タイトルなるほどだし、すごく好きです。
betweendice夜来風音「大江戸しんぐらりてい」(『月猫通り』2168・69合併号、新月お茶の会:電子書籍):荒削りの改変江戸伝奇SF柴田勝家「クランツマンの秘仏」(『S-Fマガジン』2020-10):異端の東洋美術学者の評伝松崎有理「六… https://t.co/rSbkF7xzgQ
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
松崎有理さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)