トップページ > 作家名一覧 > とから始まる作家名一覧 > 酉島伝法

酉島伝法

酉島伝法さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

酉島 伝法(とりしま でんぽう、1970年 - )は、日本のSF作家、デザイナー、イラストレーター。大阪府大阪市此花区在住。大阪美術専門学校芸術研究科卒業。本名非公表。ペンネームは此花区にある2つの地名「酉島」と「伝法」をくっつけたもの。
2011年、「皆勤の徒」で第2回創元SF短編賞を受賞。同作は、大森望・日下三蔵編『結晶銀河 年刊日本SF傑作選』に収録。
2012年、受賞後第一作となる「洞の街」が第2回創元SF短編賞アンソロジー『原色の想像力2』に収録。
2013年、創元SF短編賞受賞作「皆勤の徒」を表題とする連作短篇集を刊行、第34回日本SF大賞受賞。

酉島伝法新刊

  • 発売日
    2018年6月19日
  • 書名
    多々良島ふたたび ウルトラ怪獣アンソロジー (ハヤカワ文庫JA)
  • イラストレーター
    開田裕治
  • 発売日
    2018年4月10日
  • 書名
    文学ムック たべるのがおそい vol.5

受賞歴

酉島伝法関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

酉島伝法関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

umu_6_D酉島伝法「皆勤の徒」を読んでいる。なんとかかんとか、表題作は読み切った。グロテスクな造語の連続で変な幻臭がこびりついて取れない。めちゃくちゃ気合い入れないと読めないので、めちゃくちゃ気合い入れて読んでる。
shikisu00001天駆せよ法勝寺、頭に叩き込まれる用語の波が本当に快感そのものでこれぞ読書!!って感じだし、酉島伝法先生の作品を読んだ時と似た感覚を味わえるので本当に好き。SF好きな父にもオススメしてしまったわ……ハマるが良い。これ、皆勤の徒みたいに連作短編にならないものか。もっと読みたい。
e_obayac酉島伝法『皆勤の徒』(創元SF文庫)ネタバレ全開の解説がとてもわかりやすいのでなんでもいいからさいごまで読み通して下さい。わからないところは適当に流してさいごまで行って下さい。表紙見て大丈夫そうなら山尾悠子好きの人にお試しいただきたい
cubingmush一番布教したいのは円城塔なんだけど人を選ぶみたい。初心者向けには『これはペンです』酉島伝法『皆勤の徒』もその感じノンフィクション:S・シン『フェルマーの最終定理』ミステリ:服部まゆみ『この闇と光』新書:今井むつみ『ことば… https://t.co/6pJnfrc8Sp
FUSECIBA.@miya_fox_may さんの「酉島伝法『皆勤の徒』」https://t.co/mPuOF73gr3 をお気に入りにしました。
itaruotton日常的なワードが、独特なSF的世界観と結びついている様は、酉島伝法の「皆勤の徒」を連想させる。例えば、「横浜駅が無限増殖して日本を覆い尽くしている」だとか、「認証装置『Suica』を体内に埋め込んでいない人間は、『自動改札』に強… https://t.co/cNNrbeDPMR
starfish_coral酉島伝法「皆勤の徒」読了読み終わるのに2週間かかったけど、面白かったから無問題。出てくる造語の上代文学感が凄かったので若干の親近感を感じました。やっぱり私はこういう異形の百鬼夜行的なSFが好きなんだなと実感した。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
酉島伝法さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)