トップページ > 作家名一覧 > あから始まる作家名一覧 > 有川浩

有川浩

有川浩さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

有川 浩(ありかわ ひろ)1972年6月9日、関西在住。園田学園女子大学卒。既婚者(作家デビュー前に結婚)。
2019年2月、産経新聞上にてペンネームの表記を有川 ひろ(読みはそのまま)へ改めることを発表。既に一部で「ひろ」に表記が改められている。
2003年に『塩の街 wish on my precious』で第10回電撃ゲーム小説大賞を受賞し、翌年に同作にてデビューした。ライトノベルでデビューしながらも、2作目からは一般文芸書籍と同等のハードカバー出版が続いており、文庫で出版されたデビュー作『塩の街』も、後にハードカバーで再出版された。
2006年、4作目である『図書館戦争』シリーズを出版。インタビューでは、自作を大人向けのライトノベルと語っており、一般文芸に活動の範囲を広げた現在でも自らを「ライトノベル作家」と称している。
名前の由来は、「有川」は書店に本が並んだ時に“あ”から始まる名前なら棚の最初のほうにくるから。「浩」は、親が喜ぶと思って本名から一字抜出したとのこと。また、「浩」が「ひろし」と読めるため男性だと勘違いされることも多い。影響を受けた作家に新井素子を挙げている。

受賞歴

有川浩関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

有川浩関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

w5_yt@D5jbZ キケン読んでください私は有川浩作品のなかでトップ3入るくらい好きです(はい)
Realblack212『読書』有川浩著【塩の街】塩が世界を埋め尽くす塩害の時代。塩は着々と街を飲み込み社会を崩壊させようとしていた。その崩壊寸前の東京で暮らす男と少女秋庭と真奈世界の片隅で生きる2人の前には様々な人が現れ消えていく。だが―『空の中』『海の底』と並ぶ3部作の第1作にして有川浩のデビュー作
OniP0707有川浩のキケンはまじいい本。俺は中学生のとき読んだけど、大学生の今だからこそもう一回読み直したい作品。
1_7wolf有川浩の植物図鑑、昔中学の図書室に置いてあってさ何の気なしに借りて読んだんだけど面白くてさ昨日本屋さんいったら売り場縮小されてく文庫本の棚のなかで見つけてさ別に読んだ事あるけどなんか嬉しくて買って読んでるんだ別になんのオチもないんだけど、それだけ。
mayuki_cocoonぱっち、関西の賑やかなエンタメ男子集団だから万城目学さんの「鴨川ホルモー」とか有川浩さんの「キケン」がめちゃくちゃ似合うと思うんですよね。小説って権利的にどうなのか分からないんですが……ホルモーは京都の大学生のなんとも説明しようのないエンタメだし、キケンは工学部男子なので
Honnomori_bot誰かを片側から思う時間は苦しくて楽しい。(中略)その人の仕草、言葉、表情――すべての端々に一喜一憂して、一喜一憂することが苦しくて楽しい。いつか想いが叶うといいなんて夢をあてどなく見ながら。塩の街/有川浩
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
有川浩さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)