トップページ > 作家名一覧 > あから始まる作家名一覧 > 有川浩

有川浩

有川浩さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

有川 浩(ありかわ ひろ、1972年6月9日。園田学園女子大学卒。
2003年に『塩の街 wish on my precious』で第10回電撃ゲーム小説大賞を受賞し、翌年に同作にてデビューした。ライトノベルでデビューしながらも、2作目からは一般文芸書籍と同等のハードカバー出版が続いており、文庫で出版されたデビュー作『塩の街』も、後にハードカバーで再出版された。
2006年、4作目である『図書館戦争』シリーズを出版。インタビューでは、自作を大人向けのライトノベルと語っており、一般文芸に活動の範囲を広げた現在でも自らを「ライトノベル作家」と称している。
名前の由来は、「有川」は書店に本が並んだ時に“あ”から始まる名前なら棚の最初のほうにくるから。「浩」は、親が喜ぶと思って本名から一字抜出したとのこと。また、「浩」が「ひろし」と読めるため男性だと勘違いされることも多い。影響を受けた作家に新井素子を挙げている。

有川浩新刊

  • 発売日
    2018年4月10日
  • 書名
    明日の子供たち (幻冬舎文庫)

受賞歴

有川浩関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

有川浩関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

_tataricusどんなに悲しくても人間は悲しさで死なない。寂しさでも死なない。 泣き疲れて死んでしまいたいと思ってもいつか泣きやむしお腹も空くし、トイレにも行きたくなるのだ。失恋なんかじゃ人は死なない。悲しいくらい滑稽に体は生きている。(植物図鑑/有川浩)
usakichime旅猫リポート、有川浩さんの原作なのな!
ukiuki_fujoshi13.小説家有川浩さんはボクが初めてハードカバーで「欲しい」と思って、今でもずっと買ってる人図書館戦争にドハマりして司書の資格までとった14.小説家時雨沢恵一さんはどの作品も好きしかも学園キノは自分のキャラの性格を壊し… https://t.co/eoi81soT0T
miercat_orange旅猫リポート 有川浩 読了改めて、映画化おめでとうございます!初めて読んだ時こんなに泣かされるとは思ってなかったんだよね温かい気持ちになるお話何回も読んでるから結末知ってて最初から泣き続けるっていう…とても悲しいはずなの… https://t.co/3mtaAdhgrp
be_moved_botあたしはあたしの都合で待とう。あたしが待つのはあたしの勝手だ。待ちたいだけ待って、もういいと思ったら待つのをやめたらいい。もしかしたら明日いきなり戻ってくるかもしれないし、突然新しい恋に落ちるかもしれない。明日のことなんか誰にもわからないのだからそれでいい/植物図鑑:有川浩
P_ad_miral高知県って意外に映画とかで取り上げられることはあるんですよねぇ…一番直近で(といっても5年以上前かな)見たのは有川浩さんの『県庁おもてなし課』でしたか…もっともっと使っていかないと…高齢化すごいんだし
_emma_e_u2. 有川浩先生の本すきなの上げてたらキリがないのでしないけど、とりあえず図書館戦争と自衛隊三部作はみんな読もう......?
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
有川浩さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)