トップページ > 作家名一覧 > あから始まる作家名一覧 > 有川浩

有川浩

有川浩さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

有川 浩(ありかわ ひろ、1972年6月9日、関西在住。園田学園女子大学卒。既婚者(作家デビュー前に結婚)。
2019年2月、産経新聞上にてペンネームの表記を有川 ひろ(読みはそのまま)へ改めることを発表。既に一部で「ひろ」に表記が改められている。
2003年に『塩の街 wish on my precious』で第10回電撃ゲーム小説大賞を受賞し、翌年に同作にてデビューした。ライトノベルでデビューしながらも、2作目からは一般文芸書籍と同等のハードカバー出版が続いており、文庫で出版されたデビュー作『塩の街』も、後にハードカバーで再出版された。
2006年、4作目である『図書館戦争』シリーズを出版。インタビューでは、自作を大人向けのライトノベルと語っており、一般文芸に活動の範囲を広げた現在でも自らを「ライトノベル作家」と称している。
名前の由来は、「有川」は書店に本が並んだ時に“あ”から始まる名前なら棚の最初のほうにくるから。「浩」は、親が喜ぶと思って本名から一字抜出したとのこと。また、「浩」が「ひろし」と読めるため男性だと勘違いされることも多い。影響を受けた作家に新井素子を挙げている。

受賞歴

有川浩関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

有川浩関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

hoshimiyan@genoumuu ゲロ甘かどうかはわかりませんが、有川浩の植物図鑑ってもう読みました?そこそこ甘いです
Dokusyo_Rui「選ぶべきものを選ぶときに選び方を躊躇する奴は口先だけだ」(図書館戦争 - 有川浩)
_Love_Miss_Bot_来なくていい、明日なんか。あなたが行ってしまうのなら、世界なんか要らない。それは一体何という思いの丈か。たったひとりが手に入れば世界が滅びてもいいなんて。そんなことを正気で何故言える。/有川浩(塩の街)
maatan_223220有川浩の『塩の街』くらい崩壊した日本が見たい(『塩の街』突然東京湾に巨大な塩の塊が落ちてきて,それを目にした人から順々に身体が塩になっていって最後は必ずしぬという奇病が流行る 東京は人口が減りに減りまくって廃墟と化す 警察も機能してない 食料は配給制)
je_te_veux_先に死なれたら俺がたまらねェんだよ! /有川浩(塩の街)
tear_yu[定期] 図書館戦争・県庁おもてなしか・空飛ぶ広報室・植物図鑑などなど有川浩さん作品が大大大好きです♡
I_Kasahara_bot【定期便】「図書館戦争」「有川浩」「堂上」「郁」など図書館戦争及び有川先生に関することがプロフ欄に書かれていない方へはフォロバをしていません。リプは気まぐれに篤さんの隣から呟きます。誤字・脱字がありましたらご連絡ください。さよならはブロックで。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
有川浩さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)