トップページ > 公募ではない賞一覧 > 山田風太郎賞 > 2010年−第1回 山田風太郎賞

山田風太郎賞

2010年−第1回 山田風太郎賞の情報(受賞作・受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。購入する書籍の選択等にご利用ください。
作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

Wikipediaによる概要

山田風太郎賞(やまだふうたろうしょう)は、KADOKAWA(社内ブランド・角川書店)と角川文化振興財団が主催する日本の文学賞。山田風太郎の独創的な作品群と作家的姿勢への敬意を礎に有望な作家の作品を発掘顕彰するため、2010年に創設された。毎年9月1日から翌年8月31日までに刊行された日本の小説作品を対象とする。受賞者には正賞として記念品、副賞として100万円が授与される。

第1回—2010年

受賞

候補

候補

候補

その他の回のデータ(全データ一括表示

山田風太郎賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2020.7.25 作家の読書道 第219回:今村翔吾さん

    2017年に『火喰鳥 羽州ぼろ鳶組』を刊行してデビュー、翌年『童神』(刊行時に『童の神』と改題)が角川春樹小説賞を受賞し、それが山田風太郎賞や直木賞の候補になり、そして2020年は『八本目の槍』で吉川英治文学新人賞を受賞と、快進撃を続ける今村翔吾さん。新たな時代小説の書き手として注目される今村さんは、いつ時代小説に魅せられ、何を読んできたのか? 軽快な語り口調でたっぷり語ってくださいました。

  • 2020.3.13 第11回〈小説 野性時代 新人賞〉 選考結果のお知らせ

    3月13日(金)午後4時より、第11回〈小説 野性時代 新人賞〉の選考会が行われました。応募総数440作品の中から最終選考に残った4作品のうち、選考委員の厳正なる審査により、蝉谷魚ト(せみたに・とと)さんの『化け者心中』が大賞に決まりました。蝉谷さん、おめでとうございます!

  • 2019.10.24 1年で最も面白かった小説を決める「山田風太郎賞」を犯罪巨編『欺す衆生』が受賞!

    1年間で最も「面白い」と評価されたエンタテインメント小説を決める文学賞「山田風太郎賞」の選考会が、2019年10月18日(金)に開催された。月村了衛の長編小説『欺す衆生』が受賞作に決定し、「おめでとうございます! 本当に傑作だから読まれてほしい」「めちゃくちゃ面白い作品だから嬉しい」と話題を呼んでいる。

山田風太郎賞関連つぶやき

mybkpblsheventhttps://t.co/bCunrWc0gB『罪の声』は、塩田武士のサスペンス小説。2016年発表。講談社刊。グリコ・森永事件をモチーフとしている。2016年度週刊文春ミステリーベスト10国内部門第1位、第7回山田風太郎賞受賞。
yurubngkbot山田風太郎賞KADOKAWA(社内ブランド・角川書店)と角川文化振興財団が主催する日本の文学賞。山田風太郎の独創的な作品群と作家的姿勢への敬意を礎に有望な作家の作品を発掘顕彰するため、2010年に創設された。2010年(H22)~現在
duetrefluss69山田風太郎賞を受賞した作家さんの対談もめちゃ面白い。会話に加わりたいくらい。マイベストアンケートでも、自分と同じ気持ちの方がいると(ほぼ全員…)ニヤニヤしながら頷く。前後しながら舐めるように読むのは久しぶりで、本当に至福の時間。河出書房さんありがとう。まだ感想は続く。
ochagashidouzo菊地先生的には山田風太郎賞にノミネートとかの方が嬉しいんじゃないかと思うんだけど、まあ、めでたい
standard_ikeda『大衆文学』ではなくて完全に『エンターテイメント作品』だな。(純文学より大衆文学で育ったので芥川賞より、吉川英治新人賞や山田風太郎賞などに興味がある)
nani_nani61【映画『罪の声』は、2016年「週刊文春」ミステリーベスト10で第1位を獲得し、第7回山田風太郎賞を受賞するなど高い評価を得た塩田武士さんの小説『罪の声』が原作で、小栗旬さんと星野源さん映画初共演で待望の映画化】緊張から解放さ… https://t.co/3zplufEaCx
imaginewtokzkノミネート10作品、発表されましたねぇ。私はあと4冊は読まなくちゃ。それにしても、直木賞(芥川賞も)候補作も、もっと注目されていいと思うなあ。受賞作だけじゃなく。それを言ったら、山本周五郎賞とか山田風太郎賞とか、他にもすごい… https://t.co/CMJrXM6WsU
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)