トップページ > 作家名一覧 > あから始まる作家名一覧 > 綾辻行人

綾辻行人

綾辻行人さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

綾辻 行人(あやつじ ゆきと、1960年12月23日 - )は、日本の小説家・推理作家。本名は内田 直行(うちだ なおゆき)。京都府京都市出身。妻は同じく小説家の小野不由美。新本格ミステリー作家として知られ、主な代表作に「館シリーズ」、『Another』がある。
本格ミステリ作家クラブ執行会議。日本推理作家協会会員。元本格ミステリ作家クラブ事務局長。
小学校6年生の夏休みに初期習作の『少年探偵団』のような短編推理小説を10篇書く。
1979年 京都府立桂高等学校を卒業後、京都大学教育学部に入学。京大推理小説研究会に所属した。研究会の同期には後に結婚する小野不由美がおり、作家となる我孫子武丸や法月綸太郎も所属していた。
大学4年生の冬に江戸川乱歩賞に、後の『十角館の殺人』の原型の作品で応募し、第1次選考に残る。
1982年 同大学大学院教育学研究科に進学、逸脱行動論を専攻する。
1986年 小野不由美と結婚する。
1987年 在学中に『十角館の殺人』で作家デビューする。講談社ノベルス編集部が「新本格ミステリー」と名付ける。
1989年 同大学院博士後期課程を修了する。1992年3月大学院を卒業して専業作家となる。
1992年『時計館の殺人』で日本推理作家協会賞長編部門を受賞する。
代表作である「館シリーズ」の累計発行部数は2012年2月時点で409万部を超える。

受賞歴

綾辻行人関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2018.11.29 ホラー小説大賞2作品、次回から刷新

    日本ホラー小説大賞は、次回から横溝正史ミステリ大賞と統合され、「横溝正史ミステリ&ホラー大賞」へとリニューアルする。多彩な作品を生みだし、ホラーというジャンルを切りひらいてきたこの賞を締めくくる第25回は、初めて2作が大賞となった。古代エジプトの呪いにまつわる福士俊哉さん(58)の『黒いピラミッド』(KADOKAWA)と、読者賞とのダブル受賞となった秋竹サラダさん(26)の学園ホラー『祭火小夜の後悔』(同)。2作の刊行を機に、年齢も作風も対照的な2人の著者に話を聞いた。

  • 2018.11.14 【今週はこれを読め! エンタメ編】太宰治が現代日本にやってきた!〜佐藤友哉『転生! 太宰治』

    最近は、彼らの著作以上に、文豪という存在そのものに注目が集まる世の中であるようだ。書店に行くと、文豪の人気ランキングや作家同士の友情や彼らが書いた恋文についてなどの本(美麗イラスト付きのものも多い)が売り場の一角を占めていることも。

  • 2018.10.31 日本ミステリー文学大賞に綾辻行人さん

    日本のミステリー文学の発展に寄与した作家や評論家に贈られる第22回日本ミステリー文学大賞(光文文化財団主催)に作家の綾辻行人(ゆきと)さん(57)が選ばれ、31日に発表された。

綾辻行人関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

jouro0316@hira66434538 綾辻行人の霧越邸殺人事件がドンピシャですね
Gqvi4b5ciYaeb89ずっと異能石貯めてたから、step1引いてみたら綾辻行人が来た!最近他のゲームでも10連でSSR運がなくなってきてたから嬉しい
kinokonkuri #日本怪奇幻想読者クラブ #本ホラーというか,謎解きもできるホラーミステリ小説「Another(アナザー)」。綾辻行人のイメージがミステリだったので読んだ当時は意外でした。球体関節人形とか雰囲気が出ていて引き込まれる。ホラー好き… https://t.co/aM4otRpLcn
bluefountain001綾辻行人著『暗黒館の殺人 下』 これを読むとエネルギーが吸い取られる。メイントリックは使い古されたものでカラクリがすぐに読めるだけに、やはり物語の雰囲気を味わうという読み方になるが、その雰囲気になかなかのめりこめないから。霧越邸のような美しさは微塵もなく、暗黒館のようにどこか歪。
sawanokurakunarAnother(綾辻行人)読了しました!
piko15213510本当に綾辻行人先生がお好きなんですね〜もみさんw私もAnotherともう1冊読んだだけだからもっと色々読みたい。
orange_rikka@yumenonaka_tg 今ちょうど綾辻行人VS京極夏彦読んでるところだから、めっちゃ欲しい…
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)