トップページ > 作家名一覧 > あから始まる作家名一覧 > 綾辻行人

綾辻行人

綾辻行人さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

綾辻 行人|あやつじ ゆきと|1960年12月23日 - は、日本の小説家・推理作家。教育学修士(京都大学)。京都府京都市出身。妻は同じく小説家の小野不由美。「新本格ミステリー」ムーブメントの中心的存在。代表作に「館シリーズ」、『Another』がある。
本格ミステリ作家クラブ執行会議。日本推理作家協会会員。元本格ミステリ作家クラブ事務局長。
小学校6年生の夏休みに初期習作の『少年探偵団』のような短編推理小説を10篇書いた。
1979年に京都府立桂高等学校を卒業後、京都大学教育学部に入学。京大推理小説研究会に所属した。研究会の同期には後に結婚する小野不由美がおり、作家となる我孫子武丸や法月綸太郎も所属していた。大学4年生の冬に江戸川乱歩賞に、後の『十角館の殺人』の原型の作品で応募し、第1次選考に残る。
1982年、同大学大学院教育学研究科に進学、逸脱行動論を専攻する。1986年に小野不由美と結婚。翌年、在学中に『十角館の殺人』で作家デビューする。講談社ノベルス編集部が「新本格ミステリー」と名付ける。大学院の修士課程を2年間で修了し、その後3年にわたって休学し、博士論文を書かずに単位取得退学している。1992年3月、専業作家となる。同年『時計館の殺人』で日本推理作家協会賞長編部門を受賞。
代表作である「館シリーズ」の累計発行部数は2012年2月時点で409万部を超える。

受賞歴

綾辻行人関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2018.11.29 ホラー小説大賞2作品、次回から刷新

    日本ホラー小説大賞は、次回から横溝正史ミステリ大賞と統合され、「横溝正史ミステリ&ホラー大賞」へとリニューアルする。多彩な作品を生みだし、ホラーというジャンルを切りひらいてきたこの賞を締めくくる第25回は、初めて2作が大賞となった。古代エジプトの呪いにまつわる福士俊哉さん(58)の『黒いピラミッド』(KADOKAWA)と、読者賞とのダブル受賞となった秋竹サラダさん(26)の学園ホラー『祭火小夜の後悔』(同)。2作の刊行を機に、年齢も作風も対照的な2人の著者に話を聞いた。

  • 2018.11.14 【今週はこれを読め! エンタメ編】太宰治が現代日本にやってきた!〜佐藤友哉『転生! 太宰治』

    最近は、彼らの著作以上に、文豪という存在そのものに注目が集まる世の中であるようだ。書店に行くと、文豪の人気ランキングや作家同士の友情や彼らが書いた恋文についてなどの本(美麗イラスト付きのものも多い)が売り場の一角を占めていることも。

  • 2018.10.31 日本ミステリー文学大賞に綾辻行人さん

    日本のミステリー文学の発展に寄与した作家や評論家に贈られる第22回日本ミステリー文学大賞(光文文化財団主催)に作家の綾辻行人(ゆきと)さん(57)が選ばれ、31日に発表された。

綾辻行人関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

tanteisanbot「文豪ストレイドッグス」という漫画の宣伝で、綾辻行人と京極夏彦がキャラクター化している。両先生のファンは、ぜひ、キャラクター化された先生のイラスト見てみるのもいいかもな。なかなか良いキャラになっているよ
gamekana本日終了【Kindle】50%還元 講談社 4/14「虚構推理、不機嫌な婚活、新世界より、S&Mシリーズ、空の境界、ルパンの娘、西尾維新、京極夏彦、綾辻行人、ハゲタカシリーズ」 https://t.co/hQVrr8OOkf https://t.co/ab8rrgyPXG
ange080903@nynaruco_1007 綾辻行人とかどうですか?ミステリーなんですけどクローズドサークル系を多く書いてて面白いですよ
sasa88134282でも、今はひたすら綾辻行人の館シリーズ読んでる。毎回ドンドコ殺人が起こるので、胎教にはあんまりよくない気がする
mercator_kotoko江南駅がコナン駅になるらしいですが、綾辻行人氏著の『十角館の殺人』の主人公、江南(かわみなみ)君がサークルで、コナン・ドイルからとって、ドイルと呼ばれていることも踏まえると、色々な意味で推しが喜びそう。
nico63733746綾辻行人の殺人鬼本当に怖いしグロいけどあれは綾辻行人の最高傑作だと思う #Peing #質問箱 https://t.co/olh19zYsAT
bpcuj4kzTipuqqK綾辻行人さんの『十角館の殺人』が本当に面白くて、これがページを捲る手が止まらないってことなんだと思った。一気に読み終えてしまった。もう二度と初読の衝撃を味わえないのが残念でたまらない。まだ興奮が冷めないのでもう一度読もうと思う。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
    現在話題の賞ランキング
    最新小説ニュース
    (外部リンク)
    ブログ(更新履歴等)