トップページ > 作家名一覧 > もから始まる作家名一覧 > 森見登美彦 > ペンギン・ハイウェイ

ペンギン・ハイウェイ(森見登美彦)

ペンギン・ハイウェイ(著者:森見登美彦)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:ペンギン・ハイウェイ
  • 著者:森見 登美彦
  • イラストレーター:くまおり 純
  • ページ数:348
  • 出版社:角川書店(角川グループパブリッシング)
  • ISBN-10:4048740636
  • ISBN-13:9784048740630

森見登美彦新刊

  • 発売日
    2018年6月15日
  • 書名
    ペンギン・ハイウェイ (角川つばさ文庫)
  • イラストレーター
    ぶーた

ペンギン・ハイウェイ関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

森見登美彦のその他受賞歴(候補含む)

ペンギン・ハイウェイ関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

terada_ikemen映画「ペンギン・ハイウェイ」を観てきました。なかなかに観てて気持ちのいい作品でした。せっかくだし、小説を読んでみたいと思ったので買いました。カバーが2つも付いていたので得した気分です
misokusoumee森見登美彦「ペンギン・ハイウェイ」町中に突然ペンギンの群れが出現。かしこいアオヤマ君(小4)が研究(原因調査)に乗り出した。おっぱいが大きい歯科助手のお姉さん素敵すぎる。 https://t.co/WTptaQDqZb
rvltnfrmmbdそのとき、ぼくは、自分がどんなにか母の夕食が好きであるかということを発見した。お姉さんはどれだけ苦しいだろうかと考えた。そういうときにお姉さんが青白い顔をして、あんなふうに元気がないのも無理はないと思った。(森見登美彦/ペンギン・ハイウェイ)
HibikiKANASHII『ペンギン・ハイウェイ』、お姉さんの部屋の本棚に森見登美彦『美女と竹林』(2008年)があるには笑いますが、他にもフレッド・ウェイツキン『ボビー・フィッシャーを探して』(2014)や渡井美代子『はじめてのチェス』(2003年)など… https://t.co/W6e8QjCsYf
crick114映画化にあたり読んでみた。主人公のアオヤマくんは大人びた言葉遣いをする小学四年生。いろいろな「研究」...『ペンギン・ハイウェイ (角川文庫)』森見 登美彦 ☆4 https://t.co/RfGQKLO0fa #booklog
DMFGGSFあ、ペンギンハイウェイって森見登美彦なの
cafe_acr12424ペンギンハイウェイ気になってたんだけど原作が有頂天家族の森見登美彦さんだと知って俄然興味が湧いた!!
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)