トップページ > 作家名一覧 > もから始まる作家名一覧 > 森見登美彦 > ペンギン・ハイウェイ

ペンギン・ハイウェイ(森見登美彦)

ペンギン・ハイウェイ(著者:森見登美彦)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:ペンギン・ハイウェイ
  • 著者:森見 登美彦
  • イラストレーター:くまおり 純
  • ページ数:348
  • 出版社:角川書店(角川グループパブリッシング)
  • ISBN-10:4048740636
  • ISBN-13:9784048740630

ペンギン・ハイウェイ関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

森見登美彦のその他受賞歴(候補含む)

ペンギン・ハイウェイ関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

lemonteamoshamo森見登美彦のペンギンハイウェイを急に思い出して切ない
Nightfall578軽くて、尚且つおもしろいものが読みたいと思って、森見登美彦の『ペンギンハイウェイ』を。小学校4年生の男の子が主人公らしい。この人はこういうのも書けるんだな。「一日一日、ぼくは世界について学んで、昨日の自分よりもえらくなる。」とか、かわいい。
boobookwords分かっていることと安心することは全然違うこと。(『ペンギン・ハイウェイ』森見登美彦p261)
rvltnfrmmbdでもスズキ君は間違っているとぼくは思う。なぜならば、自分の満足のためにほかの人にがまんしてもらうには、それなりの理由と手続きが必要だが、スズキ君たちは正当な理由も持たず、またその手続きを踏んでもいないからだ。(森見登美彦/ペンギン・ハイウェイ)
leekun0504ナイス 【ペンギン・ハイウェイ (角川文庫)/森見 登美彦】ペンギンハイウェイの感想。現実と空想が混ざりあった、なんとも不思議な世界。新しいSFの世界を見せられたような気分。やはり、作家たるもの… → https://t.co/LvcPsoPxrV #bookmeter
thesentence_bot他人に負けるのは恥ずかしいことではないが、昨日の自分に負けるのは恥ずかしいことだ。/ペンギン・ハイウェイ(森見登美彦)
kigyo_bot「他人に負けるのは恥ずかしいことではないが、昨日の自分に負けるのは恥ずかしいことだ。一日一日、ぼくは世界について学んで、昨日の自分よりえらくなる」森見登美彦『ペンギン・ハイウェイ』
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)