トップページ > 作家名一覧 > もから始まる作家名一覧 > 森見登美彦 > 太陽の塔

太陽の塔(森見登美彦)

太陽の塔(著者:森見登美彦)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:太陽の塔
  • 著者:森見 登美彦
  • ページ数:205
  • 出版社:新潮社
  • ISBN-10:410464501X
  • ISBN-13:9784104645015

森見登美彦新刊

  • 発売日
    2019年1月22日
  • 書名
    森見登美彦リクエスト! 美女と竹林のアンソロジー
  • 発売日
    2018年11月16日
  • 書名
    熱帯
  • 発売日
    2018年8月26日
  • 書名
    有頂天家族

太陽の塔関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

森見登美彦のその他受賞歴(候補含む)

太陽の塔関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

wlb922『太陽の塔』森見登美彦/元カノ「水尾さん」の研究と称して大学から逃亡し、水尾さんの尾行とバイトの日々を送る「私」。クリスマスの嵐が吹き荒れる京都を舞台に、汗にまみれた巨大妄想を膨らませた男たちが大暴れ。冴えない暴走男たちに幸あれ。日本ファンタジーノベル大賞受賞作。
KKKDG25#名刺代わりの小説10選『卍』谷崎潤一郎『トカトントン』太宰治『海と毒薬』遠藤周作『箱男』安部公房『芋虫』江戸川乱歩『殺人鬼』綾辻行人『信長 あるいは戴冠せるアンドロギュヌス』宇月原晴明『太陽の塔』森見登美彦『… https://t.co/EMA1iIGNti
yunmaigi.下宿の部屋にいても足先から凍ってゆくように感じられる冬の深夜、そんな不思議な音を鳴らして、ラーメンの屋台が来る。森見登美彦/太陽の塔#持ってる本の138ページ目の5行目を読む読了電車の中で多々にやにやしたので、家で読むべき。
rvltnfrmmbd私は招き猫に問いかけた。恋したごときで何を威張るか。恋する者はそんなに偉いか。(森見登美彦/太陽の塔)
tachikomans9好きな本 夏目漱石『私の個人主義』ニーチェ『ツァラトゥストラ』森見登美彦『太陽の塔』阿倍謹也『自分のなかに歴史を読む』吉野源三郎『君たちはどう生きるか』大野晋『日本語の文法を考える』 まだまだ未熟者です故、いろいろと教えて下さい。
amagi88kanntai森見登美彦『太陽の塔』を読んで自分をもっと追い込むゾ
tyobiya森見登美彦「太陽の塔」読了。「夜は短し歩けよ乙女」の作者の処女作だけあって、その原点となるような一冊。冴えないが憎めない主人公と愉快な友人たち、そして不思議な魅力のあるヒロインたちが、独特の世界観で闊歩して読者を愉快にさせてくれる。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)