トップページ > 作家名一覧 > もから始まる作家名一覧 > 森見登美彦 > 太陽の塔

太陽の塔(森見登美彦)

太陽の塔(著者:森見登美彦)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:太陽の塔
  • 著者:森見 登美彦
  • ページ数:205
  • 出版社:新潮社
  • ISBN-10:410464501X
  • ISBN-13:9784104645015

森見登美彦新刊

  • 発売日
    2020年2月5日
  • 書名
    美女と竹林のアンソロジー (光文社文庫)
  • 発売日
    2019年12月20日
  • 書名
    別冊文藝春秋 電子版29号 (2020年1月号) (文春e-book)
  • 発売日
    2019年11月6日
  • 書名
    ぐるぐる問答 森見登美彦氏対談集 (小学館文庫)

太陽の塔関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

森見登美彦のその他受賞歴(候補含む)

太陽の塔関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

huron_moueewa好きなタイプ:歯並びいい人、気遣いができる人、爽やかな人嫌いなタイプ:歯並び悪い人、太ってる人、自省しない人好きな食べ物:鷄料理、お寿司好きな作家と作品:吉田篤弘【おやすみ、東京】森見登美彦【夜は短し歩けよ乙女】【太陽の塔】【夜行】行きたい場所:京都/東京/尾道
Kuresawa_Mito森見登美彦さんの「太陽の塔」を読み始めたけど、これはハマる予感。年頃男子の崇高な思考回路にニヤニヤが止まりません
tachikomans9好きな本 夏目漱石『私の個人主義』ニーチェ『ツァラトゥストラ』森見登美彦『太陽の塔』阿倍謹也『自分のなかに歴史を読む』吉野源三郎『君たちはどう生きるか』大野晋『日本語の文法を考える』 まだまだ未熟者です故、いろいろと教えて下さい。
wlb922『太陽の塔』森見登美彦/元カノ「水尾さん」の研究と称して大学から逃亡し、水尾さんの尾行とバイトの日々を送る「私」。クリスマスの嵐が吹き荒れる京都を舞台に、汗にまみれた巨大妄想を膨らませた男たちが大暴れ。冴えない暴走男たちに幸あれ。日本ファンタジーノベル大賞受賞作。
6tPHQpJPLCM0INN@mori2onigiri リプ失礼します。森見登美彦さんの太陽の塔、桜庭一樹さんの赤朽葉家の伝説、三浦しをんさんの風が強く吹いている、小川洋子さんの猫を抱いて象と泳ぐなどオススメです。
chinoboshka平成の青春小説って言ったときに、僕のなかでは角田光代『愛がなんだ』津村記久子『君は永遠にそいつらより若い』絲山秋子『逃亡くそたわけ』森見登美彦『太陽の塔』阿部和重『ニッポニアニッポン』柴崎友香『きょうのできごと』このへんは不動。映像化率高いな。
yooiocha@ytkdld 森見登美彦の宵山万華鏡と太陽の塔がおすすめです!どっちも変な話ですがよければ( ◜ω◝ )
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)